カテゴリー「You Tube」の225件の記事

2021年9月13日 (月)

【おもしろ映像】ターミネーターT-600の真実

 サイバーダインシステムズ・モデル101シリーズ600は世界初の量産型人形ターミネーター。

 T-600はT-800のひとつ前のモデルであり、皮膚がゴム製のため、アンドロイドあることがすぐにばれてしまいます。そのため骨格のままのアンドロイド兵士として使われることが多いモデルです。

 T-600が肩を揺らしながら歩いている姿はとても気味が悪く、こんなのが本当にいたら、ひとたまりもないという感じです。

 でも、本当はこんな風に歩いていたのだそうです。このT-600はCGではなくパペットを使った特撮です。

 最後の方に首を絞められながらT-600 に連行される男が出てきますが、T-600を動かしているのは・・・

TERMINATOR SALVATION Behind-the-Scenes: T-600 Puppet Test

 ところで2019年に「ターミネーター:ニュー・フェイト」が公開されています。これは「ターミネーター2」の続編という位置付けです。ディズニーが20世紀フォックス(現:20世紀スタジオ)を買収したため「ターミネーター」はディズニー配給作品となりました。

ターミネーター:ニュー・フェイト [AmazonDVDコレクション]

【おもしろ映像】

【おもしろ映像】四足走行ロボットのチーター(ワイルドキャット)

【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ

【おもしろ映像】ちびっ子ダース・ベイダー フォースを使う

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年9月 5日 (日)

【おもしろ映像】カモの逆襲

野鳥観察していてこんなことになったら恐いな(^^|)

最後にカモの隊長?がHasta la vista, baby!とスペイン語をいってます。これターミネータの名文句です。映画の中での飜訳はそのシチュエーションから「地獄で会おうぜ」みたいな感じですが、本当は「さようなら」という意味です。スペイン語のさようならにはadiosがありますが、adiosは「あばよっ!」みたいな感じですが、Hasta la vista は「またなっ!」に近いさようならです。

Funny Commercial - Ducks Revenge

人気ブログランキングへ

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2021年8月23日 (月)

【おもしろ映像】倒れるぞ~米国の発電所の爆破

 ビルの爆破は爆弾を仕掛ける場所、爆発する順番などが計算つくされています。この映像は米国フロリダ州フォートローダーデールのポート・エバーグレイズ発電所を爆破したときの映像です。建物の倒壊が周囲に影響するのは当然のことですが、4本の煙突が緻密な計算に基づいて倒れていく様子は圧巻です。

FPL Power Station Demolition Port Everglades 07-16-2013

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月21日 (土)

【おもしろ映像】ニャンじゃという表情でテルミンを演奏する猫

 この針金を触るとニャンで音が鳴るんだろうと考えながら、手を出したり、頭を出したり。

 近づいた途端に音が出るのですから猫さんも最初は「ニャンだ!」とびっくりしたことでしょうが、近づくと音が出るということを学習すると遊び始めるのだろうと思います。

Very Cute Cat Plays the Theremin

 テルミンは1920年にロシアのレフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した電子楽器です。テルミンは本体に触れなくても手を動かすだけで音を変化させることができます。テルミンは周波数が固定と可変の2つの高周波発信器を内蔵しています。アンテナに手を近づけたり遠ざけたりすると静電容量が変化し、可変の発信器の周波数が変化します。固定の発信器の周波数との差分だけうなりが生じ、これがテルミンの出す音源になります。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月14日 (土)

【おもしろ映像】ジェダイの犬

 うちの犬はジェダイと題した映像です。ライトサーベルを持った犬が電子銃の攻撃をかわします。

Photo_20210813121701

 このような特殊効果の映像は現在は簡単に作れそうですが、この映像は2007年に作成されたものです。2007年というとiPhoneが発売された年です。なかなかの出来ばえと思います。この手のYouTube映像としては先駆的なものだったかもしれません。

My Dog is a Jedi - Clip Scene

 ジェダイの犬で検索してみたらワンちゃんのスター・ウォーズのコスプレの服がたくさん見つかりました。

 

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月 5日 (木)

【おもしろ映像】獲物を捕る練習?をするフクロウの子

 可愛らしいフクロウの子。映像のタイトルは見えないエサを捕るかわいいフクロウとなっています。

Owl

 獲物を取る練習でもしているのでしょうか。

 確かに前方の床に飛びついた後に、クチバシでつついて何かを食べようとする仕草をします。

 レーザー光や影を追いかけさせているというコメントもついていますが、映像では確認できません。

 このフクロウの子には何が見えているのでしょうか。

Cute Owl Hunts Invisible Prey

[ファンシー] フクロウ 置物

横幅:16cm 奥行:9cm 高さ:約16cm 重さ:約490g レジン製 外箱サイズ20.5cm×15.5cm×18.5cm

人気ブログランキングへ

 

| | | トラックバック (0)

2021年8月 1日 (日)

【おもしろ映像】歌う建造物

 たくさんのチューブを複雑に組み合わせて作った建造物ですが、ただのオブジェクトではありません。

何が起こるかというと・・・風が吹くと不思議な音を出します。

背景に見える丘は「ペンドルの魔女」で有名なペンドル・ヒルです。嘆きの声にも聞こえてしまいますね。

The Singing, Ringing Tree

このような建造物があったらとても楽しいと思いますが、家の近くにあったらたまらないかもしれません(笑)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年7月21日 (水)

【おもしろ映像】カラー電球の不思議なマジック

 これ電球というよりもスイッチに仕掛けがあるマジックなのですが、どんな仕組みになっているのでしょう。

 途中まではまぁそんな感じのマジックだよねという流れなのですが最後はびっくり。

 足でスイッチ切り替えているとかでしょうか。

Light Bulb

人気blogランキングへ

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2021年7月14日 (水)

【おもしろ映像】ドラえもん「未来のルームランナー」実現か

 この映像は歩く方向に自在に動く床「Cyberspce Interface」です。らゆる方向に進むことができるウォーキングマシンのようなものです。ウォーキング・シュミレータといっても良いでしょう。

Cyberspace Interface

 この映像だけ見ると「ふ~ん」という感じかもしれませんが、下記のようなシステムと組み合わせるとすごいことになりそうです。Google MapのGoogle Streetと組み合わせても面白いです。斜面や段差の再現はできないでしょうが、行ったことのない町の中を歩いたりすることはできそうです。

Icube - Fly through of Portugal Town

 ドラえもんの道具に「未来のルームランナー」があります(ドラえもん 18 てんとう虫コミックス)。このルームランナーの上で足踏すると進んだぶんだけ景色が変わって見えます。のび太くんはこの道具で東京から九州まで歩くことを決意しますが、1年以上かかるとわかり、諦めてしまいます。そして進む速度をあげて、夜まで歩き続けて九州にたどりつきました。

 「未来のルームランナー」はその場で足踏みするだけで床は動きませんから「Cyberspce Interface」の方が斬新ですね。

ドラえもん (18) (てんとう虫コミックス)

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年7月12日 (月)

ローリング・ストーンズ記念日(1962年7月12日)

 1962年7月12日、イギリスのロック・バンドのローリング・ストーンズがロンドンのマーキージャズクラブでデビューしました。

 ローリング・ストーンズは1962年4月に結成され、 7月のデビューのメンバーは、ボーカルのミック・ジャガー、ギタリストのブライアン・ジョーンズとキース・リチャード、ピアニストのイアン・スチュワート、ベイシストのディック・テイラー、ドラマーのミック・エイヴォリーだったようです。ドラマーはトニー・チャップマンという説もあるのですが、キース・リチャードが2010年にミック・エイヴォリー(元キンクス)だったと語っています。

ストーンズのファンサイトの「 It’s Only Rock and Roll によると、1962年のストーンズが演奏したのは次の曲だったとのことです。

  1. Kansas City
  2. Baby What’s Wrong
  3. Confessin’ the Blues
  4. Bright Lights, Big City
  5. Dust My Broom
  6. Down the Road Apiece
  7. I’m a Love You
  8. Bad Boy
  9. I Ain’t Got You
  10. Hush-Hush
  11. Ride ‘Em on Down
  12. Back in the U.S.A.
  13. Kind of Lonesome
  14. Blues Before Sunrise
  15. Big Boss Man
  16. Don’t Stay Out All Night
  17. Tell Me You Love Me
  18. Happy Home

最初の頃はチャック・ベリーのカバー曲なども演奏していました。

The Rolling Stones Johnny B Goode 1962

 次の写真はローリング・ストーンズ1965年の3回目の北米ツアーの広告です。

ローリング・ストーンズ1965年北米ツアーの広告
ローリング・ストーンズ1965年北米ツアーの広告

 下記のアルバムは1981年の北米ツァーを収めたスティル・ライフというアルバムです。ステージ録音とライブではここまで盛り上がり方が違うのかということを実感できます。

  1. A列車で行こう (イントロ)
  2. アンダー・マイ・サム
  3. 夜をぶっとばせ
  4. シャッタード
  5. トゥエンティ・フライト・ロック
  6. ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー
  7. レット・ミー・ゴー
  8. タイム・イズ・オン・マイ・サイド
  9. ジャスト・マイ・イマジネーション
  10. スタート・ミー・アップ
  11. サティスファクション
  12. 星条旗 (アメリカ国歌) (アウトロ)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧