カテゴリー「You Tube」の225件の記事

2021年11月17日 (水)

マウスの特許公開(1970年11月17日)

 マウスはパソコンを操作するのに欠かせない入力機器ですがその歴史はコンピュータでマウスが使われていなかった時代に遡ります。

 マウスは米国のダグラス・エンゲルハートによって発明されました。第二次世界大戦末期の1944年、オレゴン州立大学に在学中のエンゲルハートは徴兵によってアメリカ海軍に入隊しフィリピンで沿岸警備隊のレーダー技師として1946年まで働きました。この2年間の間に米国の技術者ヴァネヴァー・ブッシュの論文「As We May Think」 を読み衝撃を受けたといいます。

 ブッシュは1930年代に情報検索システム「Memex(メメックス)」の概念を発表し、あらゆる情報が蓄積され検索することができる通信機能を備えた装置を提唱しました。Memexはマイクロフィルムに情報を記録することができ、また記録した情報はインデックス化されており、キー操作で瞬時に検索できるものでした。また記録されたマイクロフィルムは鎖のようにつなぎ合わせることができ、枝分かれさせたり、コメントをつけたりすることができるようになっていました。Memexは単なる索引付け検索システムではなく人間の連想と同様な情報蓄積と情報検索を実現するものだったのです。ブッシュはMemexを個人の記憶の拡張するものと考え、その構想を広げていきました。そして、その考えを論文としてまとめAtlantic Monthly誌1945年7月号で発表したのです 。As We May thinkには現在でいうところのパソコン、インターネット、WWW、ウイキペディア、マルチメディアなどの発明が予想されていました。

 さてエンゲルハートは戦後に大学に戻り電気工学を学びました。卒業後いったん就職しましたが、As We May thinkの構想に基づいた環境を実現することを夢見てカリフォルニア大学バークレー校大学院に進学し電気工学を学びました。エンゲルハートはレーダー技師の経験から情報を可視化できることを知っていました。コンピュータは単なる計算機ではなく対話型となり、情報を検索して問題解決するために利用できると考えていました。1995年に博士号を取得し大学に残りましたが自分の考えていることを実現することはできないと考えて1年で退職しました。その後、会社を創業しましたがAs We May thinkの構想の実現を諦めることができずこの会社も1年で閉じてしまいました。

 エンゲルハートは1957年にスタンフォード研究所(現SRIインターナショナル、SRI International)に入所しました。ここで実績をあげたエンゲルハートは1962年に「Augmenting Human Intellect: A Conceptual Framework(人類の知性の増強: 概念的フレームワーク)」、という報告書を作成しAs We May thinkの構想の実現に向けた研究を提案しました。このエンゲルハートの報告書が評価され、国防高等研究計画局ARPA(現DARPA)が研究を支援することになりました。

 エンゲルハートは1960年代半ばまでにビットマップによる画面表示、マウス、ハイパーテキスト、グループウェア、グラフィカルユーザインタフェース (GUI) などを考案しました。パソコンも存在しておらず、ソフトウェアも目的に対応した一本プログラムでしかなかった時代に現在のコンピュータ環境の基礎となる要素を開発していたのです。

 エンゲルハートは1967年に「X-Y position indicator for a display system"(表示系のX-Y位置指示装置)」の特許を申請し、1970年11月18日に特許を取得しました。この装置は縦方向と横方向の2つの金属の円盤で位置を決めるもので、コードのついた装置がネズミのように見えたためマウスと名付けられました。今ではコンピュータの操作に欠かせないマウスですが当時はマウスを使うことができるコンピュータは一般には存在していませんでした。マウスの特許は1987年に失効し、エンゲルハートはマウスの発明で特許のライセンス料を受け取ることはできませんでした。

ダグラス・エンゲルハートとマウス特許の図
ダグラス・エンゲルハートとマウス特許の図

 1968年12月9日、ダグラス・エンゲルバートはコンピュータ会議 (Fall Joint Computer Conference)で自身が開発したマウスをはじめとするコンピュータの要素技術を公開しました。世界初の対話型コンピュータのデモンストレーションを行い、マウスを使ってネットワーク化されたコンピュータシステムを動かし、ハイパーテキストとリンク、テキスト編集、マルチ・ウィンドウ、CRTディスプレイ、テレビ会議などを実演した。このデモは「Mother of all demos(全てのデモの母)」と呼ばれています。エンゲルハートにとっては自身が温めてきたAs We May Think構想を実現するデモだったことでしょう。

1968 “Mother of All Demos” by SRI’s Doug Engelbart and Team

 最期にAs We May thinkはエンゲルハートに影響を与えただけでなくコンピュータネットワークの概念を生み出したジョゼフ・カール・ロブネット・リックライダーやハイパーテキストやハイパーメディアを生み出したテッド・ネルソンにも影響を与えました。

 いまやコンピュータネットワークは装置と装置だけでなく人と人をつなぐプラットフォームです。As We May Thinkに刺激された技術者の成果が次々にリンクされた結果として現在のインターネットが成り立っていると考えると感慨深いものがあります。

【関連記事】

世界初の電子掲示板(BBS)が登場(1978年2月16日)

パソコンの日(1979年9月28日)|NECがPC-8001を発売

任天堂「ファミリーコンピュータ」を発売(1983年7月15日)

NCSA Mosaic がリリース(1993年4月22日)

Googleの創業日(1998年9月7日)

Twitter記念日(2009年11月16日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

【おもしろ映像】スケルトンな蒸気機関エンジン

 ガラス製の蒸気機関モデルの映像です。右側の枝付きフラスコで水を加熱し水蒸気とし、その圧力で中央のピストンとクランクシャフトが動き左側の車輪が回転します。すべてがガラスで作られており、シール材は使われていないそうです。かなり精巧に作られています。

ガラス製の蒸気機関モデル
ガラス製の蒸気機関モデル

Working Model of Stephenson's STEAM ENGINE made of GLASS ! Rare!

 このガラス製蒸気機関のモデルは蒸気機関車による鉄道の実用化に成功し「鉄道の父」と呼ばれたジョージ・スティーブンソンが製作した蒸気機関をモデル化したものです。

【関連記事】

世界初の蒸気機関車の試運転(1804年2月21日)

スティーブンソンが蒸気機関車の試運転に成功(1814年7月25日)

子供の科学別冊「紙で作る日本の蒸気機関車」

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年10月16日 (土)

【おもしろ映像】ツタンカーメンのケーキ

 2人の女性がケーキを作っています。どうやらツタンカーメンのケーキのようです。

Photo_20211014095301
ツタンカーメンのケーキ

 ツタン・カーメンの墓は1922年11月4日にイギリスのエジプト考古学者のハワード・カーターによって発見されました。三千年以上の時を経て黄金のマスクをはじめとする副葬品が発掘され、古代エジプト第18王朝のファラオ、ツタン・カメーンの名前が世界中に知られるようになりました。

  ハワード・カーターがツタンカーメンの墓を発見(1922年11月4日)

 さて、ツタンカーメンのケーキがどのような出来栄え仕上がったのかはこちらの映像をご覧ください。

Time Lapse of Molly Meldrum's Cake!

【関連記事】

ハワード・カーターがツタンカーメンの墓を発見(1922年11月4日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年9月13日 (月)

【おもしろ映像】ターミネーターT-600の真実

 サイバーダインシステムズ・モデル101シリーズ600は世界初の量産型人形ターミネーター。

 T-600はT-800のひとつ前のモデルであり、皮膚がゴム製のため、アンドロイドあることがすぐにばれてしまいます。そのため骨格のままのアンドロイド兵士として使われることが多いモデルです。

 T-600が肩を揺らしながら歩いている姿はとても気味が悪く、こんなのが本当にいたら、ひとたまりもないという感じです。

 でも、本当はこんな風に歩いていたのだそうです。このT-600はCGではなくパペットを使った特撮です。

 最後の方に首を絞められながらT-600 に連行される男が出てきますが、T-600を動かしているのは・・・

TERMINATOR SALVATION Behind-the-Scenes: T-600 Puppet Test

 ところで2019年に「ターミネーター:ニュー・フェイト」が公開されています。これは「ターミネーター2」の続編という位置付けです。ディズニーが20世紀フォックス(現:20世紀スタジオ)を買収したため「ターミネーター」はディズニー配給作品となりました。

ターミネーター:ニュー・フェイト [AmazonDVDコレクション]

【おもしろ映像】

【おもしろ映像】四足走行ロボットのチーター(ワイルドキャット)

【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ

【おもしろ映像】ちびっ子ダース・ベイダー フォースを使う

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年9月 5日 (日)

【おもしろ映像】カモの逆襲

野鳥観察していてこんなことになったら恐いな(^^|)

最後にカモの隊長?がHasta la vista, baby!とスペイン語をいってます。これターミネータの名文句です。映画の中での飜訳はそのシチュエーションから「地獄で会おうぜ」みたいな感じですが、本当は「さようなら」という意味です。スペイン語のさようならにはadiosがありますが、adiosは「あばよっ!」みたいな感じですが、Hasta la vista は「またなっ!」に近いさようならです。

Funny Commercial - Ducks Revenge

人気ブログランキングへ

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2021年8月23日 (月)

【おもしろ映像】倒れるぞ~米国の発電所の爆破

 ビルの爆破は爆弾を仕掛ける場所、爆発する順番などが計算つくされています。この映像は米国フロリダ州フォートローダーデールのポート・エバーグレイズ発電所を爆破したときの映像です。建物の倒壊が周囲に影響するのは当然のことですが、4本の煙突が緻密な計算に基づいて倒れていく様子は圧巻です。

FPL Power Station Demolition Port Everglades 07-16-2013

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月21日 (土)

【おもしろ映像】ニャンじゃという表情でテルミンを演奏する猫

 この針金を触るとニャンで音が鳴るんだろうと考えながら、手を出したり、頭を出したり。

 近づいた途端に音が出るのですから猫さんも最初は「ニャンだ!」とびっくりしたことでしょうが、近づくと音が出るということを学習すると遊び始めるのだろうと思います。

Very Cute Cat Plays the Theremin

 テルミンは1920年にロシアのレフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した電子楽器です。テルミンは本体に触れなくても手を動かすだけで音を変化させることができます。テルミンは周波数が固定と可変の2つの高周波発信器を内蔵しています。アンテナに手を近づけたり遠ざけたりすると静電容量が変化し、可変の発信器の周波数が変化します。固定の発信器の周波数との差分だけうなりが生じ、これがテルミンの出す音源になります。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月14日 (土)

【おもしろ映像】ジェダイの犬

 うちの犬はジェダイと題した映像です。ライトサーベルを持った犬が電子銃の攻撃をかわします。

Photo_20210813121701

 このような特殊効果の映像は現在は簡単に作れそうですが、この映像は2007年に作成されたものです。2007年というとiPhoneが発売された年です。なかなかの出来ばえと思います。この手のYouTube映像としては先駆的なものだったかもしれません。

My Dog is a Jedi - Clip Scene

 ジェダイの犬で検索してみたらワンちゃんのスター・ウォーズのコスプレの服がたくさん見つかりました。

 

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月 5日 (木)

【おもしろ映像】獲物を捕る練習?をするフクロウの子

 可愛らしいフクロウの子。映像のタイトルは見えないエサを捕るかわいいフクロウとなっています。

Owl

 獲物を取る練習でもしているのでしょうか。

 確かに前方の床に飛びついた後に、クチバシでつついて何かを食べようとする仕草をします。

 レーザー光や影を追いかけさせているというコメントもついていますが、映像では確認できません。

 このフクロウの子には何が見えているのでしょうか。

Cute Owl Hunts Invisible Prey

[ファンシー] フクロウ 置物

横幅:16cm 奥行:9cm 高さ:約16cm 重さ:約490g レジン製 外箱サイズ20.5cm×15.5cm×18.5cm

人気ブログランキングへ

 

| | | トラックバック (0)

2021年8月 1日 (日)

【おもしろ映像】歌う建造物

 たくさんのチューブを複雑に組み合わせて作った建造物ですが、ただのオブジェクトではありません。

何が起こるかというと・・・風が吹くと不思議な音を出します。

背景に見える丘は「ペンドルの魔女」で有名なペンドル・ヒルです。嘆きの声にも聞こえてしまいますね。

The Singing, Ringing Tree

このような建造物があったらとても楽しいと思いますが、家の近くにあったらたまらないかもしれません(笑)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧