カテゴリー「昭和の思い出」の228件の記事

2021年11月 5日 (金)

ジャイアントパンダ上野動物園で一般公開(1972年11月5日)

 1972年9月29日、当時の日本の田中角栄首相と中国の周恩来首相が北京で日中共同声明(日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明)に署名しました。この日中国交正常化を記念し中国人民から日本国民へパンダのオス・メスが贈られることになりました。

ジャイアントパンダ
ジャイアントパンダ

 1972年10月28日に日中国交の親善大使としてパンダのカンカンとランランが上野動物園に来園し、同年11月5日から一般公開されました。

 上野動物園にはパンダを一目見ようとたくさんの人が訪れ、パンダ見物の列は2 kmにも及びました。実際にパンダを見ることができるのは歩きながらの30秒程度、そこまでたどり着くまでに2時間もかかりました。自分も子どもの頃、上野動物園でパンダを見物しましたがパンダの背中しか見えず、顔が見られなかったとがっかりした記憶があります。

 当時、日本国内にはパンダの飼育法に精通している人はいませんでした。そもそもパンダは1869年に発見されたばかりの謎に包まれた幻の動物だったのです。カンカンとランランが来日したとき中国から飼育員は同行しておらず、パンダの習性や食べもなどが書かれた飼育の指示書しかありませんでした。日中親善大使としてやってきたパンダにもしものことがあったら大変です。情報が少ない中で飼育員をはじめとする関係者はエサとなる竹の調達、飼育環境の整備などでたいへん苦労されたようです。 

 野生パンダの生息数は激減していますが、最近は多少回復し1800頭を超えるぐらいです。パンダは中国で国家一級保護動物に指定されており、保護区には研究センターが設立されパンダの生態や繁殖について研究は行われています。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

粉ミルク飲んだどー!(昭和39年)

 1歳になるまで飲んだ粉ミルク(森永乳業ドライミルク)を積み上げたらこんなに高くなりました。

 赤ちゃんが飲む粉ミルクは育児用調製粉乳とも呼ばれ、生乳や牛乳を主要な原料として必要な栄養素を加えて粉末状にしたものです。

ドライミルク飲んだどー
粉ミルク飲んだどー!

 赤ちゃんが1日に飲むミルクの量は生後2ヵ月までは約800 mL、6ヵ月で600 mL、9ヵ月で450 mLと成長に伴って少なくなりますが、毎日のことですから飲んだミルクを積みあげるとこれぐらいになるのでしょう。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

 

| | | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

日産自動車フェアレディZを発表(1969年10月18日)

 日産自動車のフェアレディZは日本を代表するスポーツカーのひとつです。

 もともと「フェアレディ」とは日産自動車が1952年にダットサンのブランドで販売を開始したオープンカーの名前でした。1960年代後半に発売されたフェアレディは数々のレースで優勝を飾りスポーツカーとして輝かしい成績を残しています。

 しかしながら、北米でダットサンの市場を拡大しようとしていた北米日産会社にとって小型スポーツカーのフェアレディの市場競争力は必ずしも満足できるものはありませんでした。そこで北米日産の片山豊社長は北米でダットサンを拡販するには北米ユーザーのニーズに応えたスポーツカーの開発が必要であると日産本社へ要求しました。日産本社はこの要求にすぐに応じませんでしたが、片山社長の熱意を認め新しいスポーツカーの開発を決定しました。片山社長は自分が要望するスポーツカーのコンセプトを伝えました。このとき片山社長はスポーツカーの開発部門に勝利と激励の意味を込めてZ旗を送りました。

 Zを旗印として開発されたスポーツカーは1969年10月24日開幕の第16回東京モーターショーに先駆けて同年10月18日に発表されました。日本では翌11月から発売開始となり、Z、Z-L、Z432の3タイプが発売されました。Zは4速MT SOHC L20型エンジンのベースモデル、Z-Lは5速MT SOHC L20型エンジンで内装を充実させたモデル、Z432は5速MT 4バルブ、3キャブ、2カムのDOHC S20型エンジンを搭載した高性能モデルです。またレース用車両としてZ432Rも生産されました。海外ではSOHC L24型エンジンを搭載したダットサン240Zが発売されました。

フェアレディZ
フェアレディZ

 また、Zの特徴的な凹んだライトのフロントマスクとルーフからトランクにかけて滑らかに傾斜するファストバックのデザインは当時の海外のスポーツカーの匹敵する洗練されたデザインでした。

 Zはフェアレディの後継車種として発表されましたが、フェアレディZと名付けられたのは日本国内のみです。海外ではDATSUN ZやNISSAN Zと呼ばれておりフェアレディという名前は使われていません。本家のフェアレディの最終モデルフェアレディ2000はZが発売後も1970年まで生産が続けられました。

 片山豊社長は世界各国で「Z-carの父」として知られ、1998年には米国自動車殿堂入りを果たしています。

トミカ トミカプレミアム 09 日産 フェアレディZ

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

仮面ライダーvs帰ってきたウルトラマン

 「仮面ライダー」は1971年4月3日に放送が開始しました。その前日の同年4月2日に放送を開始したのが「帰ってきたウルトラマン」です。

 それぞれの放送時間は、帰ってきたウルトラマンがTBS系列で毎週金曜日19:00〜19:30、仮面ライダーがNET系列で毎週土曜19:30〜20:00でした。当時の子どもたちにとって週末の夜は贅沢な時間だったに違いありません。

 「帰ってきたウルトラマン」はウルトラマンやウルトラセブンの前提知識があったのでそのヒーロー像の大枠は想像がついていました。一方、新たに始まった仮面ライダーはいくつかの点において斬新なヒーローでした。

○ウルトラマンは巨大ヒーロー、仮面ライダーは等身大ヒーロー。

 当時の子どもたちは月光仮面やナショナルキッドなど数世代前の等身大ヒーローを知らなかったため、巨大ヒーローが多い中での等身大ヒーローの登場は斬新でした。

○ウルトラマンは宇宙人、仮面ライダーは改造人間。

 宇宙人のウルトラマンは最初から存在していたヒーローですが、仮面ライダーは人間が改造されて生み出されたヒーローでした。しかも、仮面ライダーは悪の秘密結社ショッカーの手で造られた改造人間であるにもかかわらず人間の自由のためにショッカーと戦うのです。

○ウルトラマンの必殺技はスペシウム光線、仮面ライダーはライダーキック

 ウルトラマンは宇宙人の能力ならではの光線技を繰り出しますが、仮面ライダーは改造によって強化された力技で戦います。

 当時はこんなオムニバスのレコードも売っていました。A面に「帰ってきたウルトラマン(三鷹淳)/MATチームの歌(三鷹淳)」、B面に「レッツゴー!ライダーキック(藤岡弘)/仮面ライダーのうた(藤浩一)」が収録されています。三鷹淳さんは日本コロンビア専属の歌手、藤浩一さんは子門真人さんの別名です。

Vs
コロンビア絵本レコード・テレビまんがシリーズ
帰ってきたウルトラマン・仮面ライダー

【関連記事】

仮面ライダー放送開始50周年(昭和46年 1971年4月3日)

ウルトラマンの日(1966年7月10日)

ウルトラマンの空気ビニール人形(昭和42年 1967年4月2日)

あの子が描いたウルトラマン(昭和42年 1967年8月)

あの子が描いたウルトラセブン(昭和42年)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

1964年東京オリンピック開幕(1964年10月10日)

 東京オリンピックは史上初のアジア地区でのオリンピックとして昭和15年(1940年)に開催予定でしたが、1937年に開戦した日中戦争を背景に諸外国から開催地変更の要望や非参加の動きが出てきました。東京オリンピック開催に好意的だった当時のIOC委員長のアンリ・ド・バイエ=ラトゥールも日本に対して開催事態を求めざるを得ない状況になりましたが、東京大会の委員会は開催を主張しました。

 しかしながら、長引く日中戦争によって物資が不足して競技施設の建設が難しい状況となり、さらに陸軍が開催に反対したため、日本政府は昭和13年(1938年)7月15日オリンピック開催を返上しました。代替えの開催地はヘルシンキとなりましたが1939年に第二次世界大戦が開戦したため中止となりました。なお1940年には第5回冬季オリンピックが札幌で行われる予定でしたがこちらも中止となりました。

 昭和20年(1945年)に第二次世界大戦で敗戦した日本は連合国の占領下となりました。1952年の再独立から2年後の昭和29年(1954年)、東京は1960年夏季オリンピックの開催地に立候補しました。しかしながら、開催地はローマに決まり1960年東京オリンピックは実現に至りませんでした。

 東京は1964年夏季オリンピックの開催地に立候補します。このときアメリカ合衆国のデトロイト、オーストリアのウィーン、ベルギーのブリュッセルが同時に立候補しましたが、昭和34年(1959年)のIOC総会で東京が半数を超える票を得て開催地に選出されました。これによって史上初の日本およびアジア地区での夏季オリンピックの開催が決まったのです。

 日本は戦後の高度経済成長の中でオリンピック開催の準備を進めました。新幹線の開通、羽田空港の東京モノレールの開通も東京オリンピックの開催に合わせて進められました。

 そして昭和39年(1964年)10月10日、第18回夏季オリンピックとして1964年東京オリンピックが開幕しました。開幕式の様子については下記の記事をご覧ください。

  ブルーインパルスは最後にやってきた|1964年東京オリンピック開会式

1964年東京オリンピック聖火の点火
1964年東京オリンピック聖火の点火

【関連記事】

1964年東京オリンピックの聖火の点火

ブルーインパルスによる五輪マーク|1964年東京オリンピック開会式

ブルーインパルスは最後にやってきた|1964年東京オリンピック開会式

1964年東京オリンピックの鉄道パス

1964年 東京オリンピックの模擬開・閉会式の入場券

1964年 東京オリンピックの開会式の入場券

新幹線開業の日(昭和39年 1964年10月1日)

モノレール開業記念日(昭和39年 1964年9月17日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

交通戦争一日休戦の日(1971年10月3日)

 高度経済成長の末期、街中をたくさんの自動車が走り交通渋滞や大気汚染が社会問題となりました。このような状況のもと東京都八王子市は昭和46年(1971年)10月3日に毎月水曜日に自家用車の利用自粛と公共交通機関の利用を呼びかけるノーカーデー(ノーマイカーデー)のキャンペーンを実施しました。「交通戦争一日休戦の日」がスローガンとされました。

Photo_20210928083101

 この八王子市の取り組みは各地に広がり現在は多くの自治体でノーカーデー(ノーマイカーデー)のキャンペーン行われています。この日は公共交通機関の割引の一日乗車券が発売されるなどしますが、十分に認知されているとは言えない状態で、自治体の進め方の検討や企業への協力要請などが必要です。レジ袋やプラスチック製スプーンなどの有料化よりもノーカーデーの方が確実に二酸化炭素の排出量の抑制効果があるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

王選手が年間55本塁打を記録(1964年9月23日)

 通算本塁打868本の世界記録にはじめ数々の記録を打ち立てた元プロ野球選手・監督の王貞治さん。早稲田実業高校時代は投打で活躍し、1959年に当時としては破格の契約条件(契約金1,800万円、年俸144万円)で読売ジャイアンツに入団しました。

一本足打法
一本足打法

 入団後1959年2月のキャンプに参加し、ここでプロ野球選手としての投打の能力を見極められます。結果は投手としてプロとしては不十分、打者としては極めて優秀ということで打者をめざすことになりました。守備についてはちょうど川上哲治選手が引退したこともあり1塁に起用されることになりました。

 同年のオープン戦では本塁打5本を放ち、期待の新人として4月1日の国鉄スワローズ戦で開幕デビューしましたが、金田正一投手に3打席2三振1四球と封じられました。オープン戦では様子見で甘い球を投げていた対戦投手も公式戦では厳しく攻めてきました。結局、デビューから10試合26打席無安打となりオープン戦のような快音は聞かれませんでした。

 4月26日の国鉄スワローズ戦、7回表ツーアウト・ランナー1塁で打順8番の王選手の打席が回ってきました。王選手の成績を考えると代打の判断でしたが、次の打者が投手のためそのまま打席に立ちました。2ストライク1ボールと追い込まれたましたが、王選手のバットは4球目を捉え、打球はライトスタンドに入りました。デビュー11戦目にして決勝2ラン本塁打の初安打となりました。

 6月25日の阪神タイガース戦の天覧試合では阪神の先発小山正明投手から4号同点2ラン本塁打を放ち巨人が4-4の同点に追いつきます。阪神は投手を村山実に交代します。9回裏、長嶋茂雄選手がサヨナラ本塁打を放ち、巨人が5-4で勝利を収めました。これが王・長嶋の初のON砲となりました。しかしながら、これ以降は入団3年目になっても当初の期待に応えるような活躍はありませんでした。

 1961年のシーズン後に荒川博打撃コーチが就任し、王選手の打撃の問題は練習不足とフォームにあり改善すれば成績が向上すると判断しました。1962年のキャンプで様々なフォームを試しました。一本足打法は上半身と下半身の動きのタイミングを合わせるためのフォームでしたが、様々なフォームの中のひとつでしかありませんでした。

  1962年のシーズンでは打順4番に起用されましたが、成績は振るいませんでした。巨人の成績も振るわず首位を他チームに明け渡していました。7月1日、試合前の会議でチームが勝てないのは王選手が打てないからだとの指摘があり、荒川コーチは王選手に三冠王を取らせる、ホームランだけならいつでも打たせると豪語し、王選手に一本足打法で打つことを指示しました。そして王選手は公式戦で初めて一本足打法で打席に立ちました。この日の打撃成績は5打数3安打4打点本塁打1本で一本足打法で大きく改善されました。開幕から6月まで本塁打9本でしたが、7月の1ヶ月間で本塁打を10本も放ったのです。王選手は一本足打法の特訓を始め、1962年の成績は497打数135安打、打率.272、本塁打38本、打点85を収め、本塁打王と打点王を獲得しました。

【面白映像!野球マニア】王貞治の素振りがヤバすぎる!!

 1963年のシーズンでは一本足打法で打ちまくり打率.305、本塁打40本の成績を収め、長嶋選手とのON砲でチームを優勝へと導きました。1963年のシーズン終了後は改めて二本足打法の練習に取り組みました。一本足打法でこれだけの成績を収めているのだから、二本足打法のフォームを改善すればもっと成績は上がるという指摘が川上哲治監督からあったからです。オープン戦まで二本足打法を試しましたが、一本足打法に勝る結果は出すことはできず、王選手は一本足打法を採用することを決断し、荒川コーチもこれに了承し、川上監督も一本足打法を認めました。

 1964年のシーズンは東京オリンピック開幕のため、ペナントレースは前倒しのスケジュールで行われました。3月20日の開幕戦では王選手は国鉄スワローズの金田投手から飛距離151メートルの城外ホームランを放ちました。以降の試合でも王選手は一本足打法で本塁打を打ちまくります。3月末までの10日間で本塁打7本を放ちました。5月3日の阪神戦では4打席連続ホームランで14〜17号を放ちました。

 5月5日の広島カープ戦、王選手が打席に立つと、広島の内野と外野のすべての選手が守備位置を右側に移動し、左側を手薄にする「王シフト」を取ります。広島の白石勝巳監督は王選手に対する心理作戦としてこのシフトを取り、王選手もこの日は4打席無安打の成績に終わりました。このシフトに対して王選手は守備選手の頭を超えれば良いと考え、ますますホームランを狙うようになりました。

 王選手のシーズン本塁打は5月末23本、6月末31本、7月末39本、8月末51本となりました。そして、9月6日の大洋線で52号を放ち、1963年に南海ホークスの野村克也選手が樹立した前人未到の日本記録に並びます。野村選手が記録を樹立したとき、この記録は簡単に破ることはできないと言われいましたが、王選手は同じ試合で53号を放ち、日本記録をあっさりと塗り替えてしまいました。

 例年より早い最終戦9月23日、大洋戦の第5回裏、王選手はシーズン55号の本塁打を放ちこのシーズンを終えました。このシーズンの成績は472打数151安打、本塁打55本、打点119、打率.320を収め本塁打と打点で再び2冠を達成しました。

 王選手がこのシーズンに放った55本の本塁打のうち24本は飛距離が120メートルを超えています。大リーグの球場でも大きなホームランとなる飛距離です。

【関連記事】

ホームラン記念日(1977年9月3日)

王選手756号記念レコード 小学館「小学三年生」正月号ふろく ソノシート

バレンティン56、57号を放ちプロ野球シーズン本塁打数記録を更新

函館の野球の球聖 久慈次郎

ジャイアンツの日(1934年12月26日)

日本プロ野球史上初の完全試合(1950年6月28日)

プロ野球ナイター記念日(1948年8月17日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

【おもしろ映像】ターミネーターT-600の真実

 サイバーダインシステムズ・モデル101シリーズ600は世界初の量産型人形ターミネーター。

 T-600はT-800のひとつ前のモデルであり、皮膚がゴム製のため、アンドロイドあることがすぐにばれてしまいます。そのため骨格のままのアンドロイド兵士として使われることが多いモデルです。

 T-600が肩を揺らしながら歩いている姿はとても気味が悪く、こんなのが本当にいたら、ひとたまりもないという感じです。

 でも、本当はこんな風に歩いていたのだそうです。このT-600はCGではなくパペットを使った特撮です。

 最後の方に首を絞められながらT-600 に連行される男が出てきますが、T-600を動かしているのは・・・

TERMINATOR SALVATION Behind-the-Scenes: T-600 Puppet Test

 ところで2019年に「ターミネーター:ニュー・フェイト」が公開されています。これは「ターミネーター2」の続編という位置付けです。ディズニーが20世紀フォックス(現:20世紀スタジオ)を買収したため「ターミネーター」はディズニー配給作品となりました。

ターミネーター:ニュー・フェイト [AmazonDVDコレクション]

【おもしろ映像】

【おもしろ映像】四足走行ロボットのチーター(ワイルドキャット)

【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ

【おもしろ映像】ちびっ子ダース・ベイダー フォースを使う

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年9月12日 (日)

松川事件被告全員が無罪(昭和38年 1963年9月12日)

 松川事件は昭和24年(1949年)8月17日に福島県の国鉄東北本線の松川駅ー金谷川駅間で発生した列車転覆事件です。国鉄に関わる事件として、同年7月5日に下山事件、7月15日に三鷹事件が起きており、この2つの事件と松川事件を合わせて国鉄三大ミステリー事件と呼ばれています。

 松川事件の列車転覆は人為的な線路の破壊が原因であることが判明し、合計20名の容疑者が逮捕されました。昭和25年(1950年)12月6日の一審では福島地裁が20人全員を有罪とし、うち死刑5名の判決を下しました。昭和28年(1953年)12月22日の二審では仙台高裁では3名が無罪、17名が有罪うち死刑4名の判決をくだしました。

 しかしながら、裁判が進むにつれてさまざまな事実関係が解き明かされ、無実を証明する証拠を捜査機関が隠していたことが明らかになりました。そして、昭和38年(1963年)9月12日、最高裁は検察側による再上告を棄却、被告全員を無罪としました。当日は最高裁の前に報道陣が多数集まり、NHKはテレビ中継を行いました。

松川事件最終審取材(昭和38年9月12日)
松川事件最終審取材(昭和38年9月12日)
最高裁南通用門にて。全員無罪の判決に世論が湧いた

 松川事件は真犯人の特定・逮捕には至らず1964年8月17日午前0時に時効を迎え未解決事件となりました。

【このカテゴリーのその他の記事】

昭和の思い出

今日は何の日

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

カラーテレビ放送開始(1960年9月10日)

 日本のテレビ本放送はNHKによって昭和28年(1953年2月1日)に開始されました。テレビ放送の準備はNHKよりも民間の日本テレビが先に進めていましたが、機材の準備などで遅れを取りNHKに先をこされてしまったという経緯があります。

 テレビが登場する前は映像の娯楽と言えば映画でした。大画面ではないにしろ映像が家庭で見られるテレビ放送は大人気となりました。しかし、初期のテレビの価格は当時のサラリーマンの平均給料が数万円のところ20〜30万円もしたのです。ですからテレビを購入できるのは一部の富裕層のみでした。そこで駅や公園など街中に街頭テレビが設置されるようになり、街頭テレビは大衆の娯楽となりました。

 当初のテレビは白黒で、映画のようにカラー映像を見ることができませんでした。カラーテレビの放送がテレビ本放送から7年後の昭和35年(1960年)9月10日で、NHKおよび民放各社がカラーテレビ放送を開始しました。しかし、家庭に普及していたテレビの多くは白黒テレビであり、カラーテレビはそれほど普及していませんでした。経済成長に伴いサラリーマンの給与も増えてテレビの価格も下がり、1964年東京オリンピックをきっかけとしてテレビの普及率は上昇しましたが、カラーテレビの普及率はそれほど高くありませんでした。多くの国民は1964年東京オリンピックを白黒テレビで観戦していたのです。

 カラーテレビ放送開始後も白黒で放送された番組がたくさんあり、カラー放送の番組はめずらしかったのです。次の写真は1968年10月1日の新聞のテレビ欄です。この日はウルトラセブンの放送が開始した日ですがタイトルの前に[カラー]と表示されています。このようにカラーで放送される番組には[カラー]と表記されることが慣例でした。ウルトラセブンの後番組のパーマンのタイトルには[カラー]がありません。モノクロのアニメ作品だったのです。おそらく多くの子どもたちはウルトラセブンもパーマンも白黒で見ていたことでしょう。

カラー放送を示す新聞のテレビ欄
カラー放送を示す新聞のテレビ欄

 カラーテレビが本格的に家庭に普及し始めたのは昭和40年代後半です。昭和49年(1974年)にカラーテレビの普及台数が白黒テレビを超え、昭和50年代にはカラーテレビが当たり前となりました。

 我が家にカラーテレビがやってきたのは昭和45年(1970年)ぐらいだったでしょうか。親がカラーテレビを買ったというので、カラーテレビはいつくるのかと毎日しつこく聞いた記憶あります。そして、ある日のこと学校から家に帰ると、お茶の間に当時テレビCMで有名だった日立製作所のキドカラーがポンパの人形と一緒にあったのです。昭和48年(1973年)の許潤軍の長嶋茂雄さんの引退セレモニーや仮面ライダーはカラーテレビで見ることができました。

【関連記事】

日本でテレビの本放送始まる(昭和28年 1953年2月1日午後2時)

日本初の民間テレビ局が放送開始(1953年8月28日)

初の日米間テレビ宇宙中継受信実験(昭和38年 1963/11/23)

地上波アナログテレビ放送が終了(2011年7月24日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧