カテゴリー「天気・気象」の57件の記事

2021年8月30日 (月)

富士山測候所記念日(1895年8月30日)

 富士山頂剣ヶ峯に自動気象観測装置で無人で気象観測をしている富士山特別地域気象観測所があります。ここにはかつて富士山測候所が設置されていました。富士山頂気象観測所が設置されたのは1936年、当時としては世界で最も高い場所にある気象観測所でした。2004年の自動気象観測装置の導入までは有人の観測所でした。

 今から約130年前、大学予備門(東京大学の予備機関)に野中到(のなかいたる)という学生がいました。到の実家は筑前国(現・福岡県)でしたが、東京控訴院で判事をしていた父から医者になるように求められ大学予備門に入学しました。ところが、在学中に気象学に興味をもつようになりました。中央気象台の技師と知り合い、日本の気象学が世界に比べてたいへんに遅れていることを知り、富士山頂に気象観測所ができれば天気予報が当たるようになると考えたのです。

 富士山頂に気象観測所ができれば日本の気象学は発展することは間違いありませんでした。しかし、高度3776メートルの富士山頂の環境を考えると、そこに気象観測所を建設することはまるで決死隊の挑戦と同じで困難を極めるものだったのです。その効果を認めながらもリスクが大きいと反対する技師に対して、到は自らが民間人の立場で決死隊となって挑戦することを決意します。そして、1889年に大学予備門を中退し、富士山頂の気象観測所の設置の準備を進めました。準備を進めると言っても学生の到にとって多額の資金を集める必要があり、決意だけで簡単に実現できるものではありませんでした。

 到が医者になることを希望していた父は到の計画に反対しますが、到の挑戦が成功すると日本のために大いに役に立つと理解を示し、福岡の実家を売却して到に資金を提供しました。1895年、到は御殿場で富士山頂気象観測所の建設準備を進め、同年2月に登山し富士山頂で越冬が可能であることを確信します。御殿場には到の妻の千代子も同行し、食料の調達の準備などを行い到を支えました。このとき千代子は到と一緒に登山して気象観測を手伝いたい考えていましたが、その思いを到に伝えることはありませんでした。

 富士山長気象台の建設準備は順調に進み、ついに1895年8月30日に約6坪の気象観測用の小屋が完成しました。小屋は風が強くて雪が吹き飛ばされて積もらない剣ヶ峰に建てられました。小屋が完成すると千代子は到に東京へ戻ると告げて御殿場を後にしました。実は千代子は到と一緒に小屋で越冬する準備をするために実家の福岡に娘を預けにいったのです。千代子の父母は娘の挑戦に賛成し、千代子は登山と越冬のための厳しい訓練を始め身体を鍛えたのです。

 到は富士山閉山後の10月に小屋に戻り、富士山頂での気象観測を始めていました。千代子は10月半ばに仲間の協力を得て登山し到のいる小屋を訪れました。到は予想外にやってきた千代子に対して翌日下山するように言いますが、千代子は到のやつれた姿を見て小屋に留まると言い張り、ついに到もこれを認めました。仲間たちが下山し、到と千代子の夫婦2人での富士山頂で越冬の気象観測が始まりました。

Photo_20210826173401
野中到・千代子夫婦

 2人は交代で気象観測を行いましたが、剣ヶ峰のあまりの寒さで寝不足が続き、高山病と栄養失調が重なり、ついに体調を崩してしまいました。たいへんな困難の中、命をかけて気象観測を続けるも、いよいよ死を覚悟した矢先の12月のある日、小屋の戸を叩く音が聞こえました。麓から2人が慰問にやってきたのです。2人は到と千代子を見るやいなや極寒での気象観測が限界に達していることを理解し下山を強く進めますが、到は気象観測を中断できないと言い張り、下山したら夫婦は元気だったと報告するように頼み2人を追い返してしまいました。

 下山した2人は到と千代子の状態が危機的であることを報告しました。すぐに中央気象台の技師や地元の警察や強力による救援隊が組織され小小屋へと向かいました。このとき到は救出されることを拒否して気象観測の継続を主張しましたが、救援隊は到と千代子を小屋から連れ出し下山しました。越冬を開始して約80日後の12月22日のことでした。

 到と千代子の夫婦による富士山頂での越冬気象観測は頓挫してしまいましたが、命懸けの挑戦は大反響となり翌1896年には演劇が上演され、さらに実録小説が刊行されました。

 富士山頂 [DVD]

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

フランクリンが凧揚げの実験を行った日(1752年6月15日)

 雷の正体が電気であることを証明したのはアメリカのベンジャミン・フランクリンとされています。フランクリンは雷が電気であることを証明するために、雷雨になりそうな雲をめがけて凧を飛ばす実験を1750年に発案しました。

 1752年5月10日、フランスの物理学者トマ・フランソワ・ダリバールはフランクリンの論文を参考に凧の代わりに高さ12メートルの金属の棒を使って実験を行いました。ワインボトルで棒を接地し、高度の低いところにできた雲から電気を取り出すことに成功したとされています。

 つまり、雷の正体が電気であることに最初に気がついたのはベンジャミン・フランクリンですが、実際に実験で確認したのはトマ・フランソワ・ダリバールだったということになります。

 フランクリンがフィラデルフィアで有名な凧揚げの実験を行ったのは1752年6月15日とされています。フランクリンは同年10月19日にこの実験を「ペンシルバニア・ガゼット」紙に報告していますが、実際に実験を自分で行ったとは記していませんでした。

10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図
10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図

 プランクリンの凧揚げの実験を詳細に伝えたのはイギリスのジョゼフ・プリーストリーです。1767年にプリーストリーはフランクリンが金属の棒は危険なため凧の麻ひもを利用して電気を取り出す実験を行うことにしたなど、実験の背景まで説明してます。プリーストリーはフランクリンから詳細な説明を受けていたと考えられています。

 フランクリンの凧揚げの実験についてはココログ 光と色と「雷の正体見たり静電気」に解説がありますので、興味のある方はご一読いただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

成層圏の発見(1902年6月8日)

 1892年から1896年までフランスの国立気象管理センターを所長を務めていたレオン・ティスラン・ド・ボールは退職後に個人の気象観測所を設立しました。その観測所で温度計をつけた気球を飛ばして上空の温度を計測しました。

レオン・ティスラン・ド・ボール
レオン・ティスラン・ド・ボール

 ド・ボールは日射の影響を避けるため、この観測を夜間に行いました。すると、上空の気温は地上から約11 kmまでは、気球が上昇するに従って低下しました。ところが11 kmを超えると、温度が一定になることがわかりました。

  ド・ボールはこの観測を200回以上も行い、この観測結果が間違いではないことを確認しました。そして、1902年6月8日に大気の層は性質の異なる2つの層から成るということを発表し、この2つの層をそれぞれ対流圏と成層圏と名付けました。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年3月12日 (金)

中谷宇吉郎博士が雪の結晶の作製に成功(1936年3月12日)

 中谷宇吉郎博士は1922年に東京帝国大学理学部物理学科に入学し、寺田寅彦博士のもとでに物理学を学びました。卒業後は理化学研究所研究員を兼任していた寺田博士の助手となりました。1928年にキングス・カレッジ・ロンドンに留学、1930年に北海道帝国大学理学部助教授、1931年に博士号を取得したのち1932年に同教授となりました。

 雪の結晶に興味をもった中谷博士は1932年頃から雪の結晶の研究を始めました。まず自然の雪の結晶の写真を撮影し、雪の結晶の分類を行い気象条件との関係を調べました。その調査結果から中谷博士は実験室で人工的な雪を作ることが必要であると考えました。

 人工雪の結晶を作ることは簡単ではありませんでした。ガラス管の中に水蒸気を発生して冷却するなどの実験を試みましたが、氷の結晶ができるだけでした。雪の結晶を作るのに重要なポイントは雪の結晶が生成するきっかけとなる核の選択でした。

 中谷博士は最初は核の材料として木綿や羊毛を選びましたが、雪の結晶はうまく生成しませんでした。あるときウサギの毛皮に雪の結晶が生成していることを発見し、これを詳細に調べました。そして、1936年3月12日に低温実験室でウサギの毛の先に世界で初めて人工雪の結晶を作ることに成功しました。中谷博士は気象条件と雪の結晶の生成過程の関係を明らかにし、様々な条件での雪の結晶の生成を説明する「ナカヤダイアグラム」を発表しました。

中谷宇吉郎博士と雪の結晶
中谷宇吉郎博士と雪の結晶

 中谷博士の研究成果によって、1943年に北大に低温科学研究所が開所しました。この研究所では軍の要請による軍事研究も行われ「航空機への着氷防除」の研究などが行われました。中谷博士は実用化を急ぐ軍に対して、一貫して基礎研究を重要視し続けましたが、終戦後に軍事研究に関わったことを批判され、また人工結晶の記録映画の撮影用に米国GE社から提供されたフィルムの予算に米国空軍が支出していたことが問題となり、低温科学研究所を退所しました。

 中谷博士は寺田寅彦博士と同様に科学を一般の人々に分りやすく伝えるため執筆活動を行いました。気象条件と雪の結晶の関係について「雪は天から送られた手紙である」という言葉で表現しています。

 中谷博士の次の著書「科学の方法(岩波書店)」はおすすめです。ココログ 夜明け前「科学の方法 (岩波新書 青版 (313)) (新書)」で紹介してありますので興味がありまいたらご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

通勤途中で虹を発見

 通勤途中にバスの中から空を見たら大きな虹がかかっていました。さすがにバスの中から写真は撮れないので、バス停を降りたところで撮影しました。デジタルカメラを持ち合わせていなかったのでスマホで撮影しました。虹の左側をとらえた写真と右側をとらえた写真は別の場所で撮影しています。

虹の写真
虹の写真

 さて、虹の帯が綺麗に見えていたので写真を拡大してみました。

虹の色の帯
虹の色の帯

 虹の色は7色といいますが、これはニュートンが恣意的に決めたもので、実際には5色ぐらいしか確認できないことが多いのですが、この虹は紫・藍・青・緑・黄・橙・赤の7色が確認できました。

 虹に関する詳しい解説は光と色と THE NEXT「虹の神話ー虹ができる仕組み①」から始まる記事をご覧ください。虹ができる仕組みやニュートンが虹を7色と決めた経緯や世界各国で虹の色は何色(なんしょく)とされているかなどを解説しています。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

日本で一番寒かった日(1902年1月25日)

 気象台が観測を開始してから、日本で一番寒かった日は明治35年(1902年)1月25日です。北海道の旭川で気温マイナス41.0度が観測されました。翌26日は帯広で気温マイナス38.2度が観測されました。このことから1902年1月25日と26日は大寒波に見舞われたことがわかります。

Photo_20210122124401
極寒の北海道(昭和41年十勝地方)「凍つく大地と日高山脈」(上)と「薪ストーブとお婆さんと猫」(下)

 ところで、この記録はあくまで気象台による公式記録です。その他の記録を調べてみると、昭和53年(1978年)2月17日に北大農学部付属演習林(幌加内町母子里)においてマイナス41.2度が観測された記録が残っています。また、昭和6年(1931年)1月27日に稚内と旭川の真ん中ぐらいにある北海道美深町でマイナス41.5度が観測された記録があります。

 ですから日本で一番寒かった日は本当は昭和6年1月27日のマイナス41.5度なのですが、公式記録として認められているのは1902年1月25日のマイナス41度になっています。さて、この日にあやかって制定された記念日があります。ひとつは「中華まんの日」、もうひとつは「ホットケーキ」の日です。どちらも寒い日に食べてもらって暖まってもらおうという意味で制定されたそうです。

 なお、現在は地球温暖化の影響もあり平均気温が上昇しているので、これらの最低気温の記録が破られることはないだろうと考えられいます。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

飛行機から見た飛行機雲

 ずいぶん前に撮影した写真ですが、飛んでいる飛行機の上空を別の飛行機が飛んで行きます。

飛行機から見た飛行機雲
飛行機から見た飛行機雲

 お互いもの凄いスピードで飛んでいるのであっという間の出来事でしたが、すれ違ったわけではないので、撮影には多少の余裕がありました。

雲ひとつない真っ青な空に飛行機雲
雲ひとつない真っ青な空に飛行機雲

 真っ青な空に飛行機雲。自然の雲はこちらの飛行機の下方にありますので、雲ひとつない空を突き抜けていくとても綺麗な飛行機雲を撮影することができました。

 大空を突き抜ける飛行機雲。どうして飛行機雲が飛行機から出てくるのかについてはココログ「夜明け前」の「飛行機雲はどうしてできるのか?」をご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月28日 (月)

富士山は初冠雪か 2020年9月28日

 久しぶりに富士山が見えました。1週間ぐらい前に「初雪化粧」が宣言されていましたが、この感じだと「初冠雪」が発表されるのではないかと思います。この写真の富士山の方向は南西です。

Mtfuji202009
富士山(20200928)

 ところで、富士山の「初冠雪」は「8月1日以降、山麓の気象官署から山頂付近が初めて積雪などで白く見えること」とされており、この山麓の気象官署というのは山梨県の甲府地方気象台のことです。従って、甲府地方気象台から冠雪が確認できるようになるまでは「初冠雪」は発表されません。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

レイニー・シーズン到来 雨量多く梅雨明け遅くなりそう

関東地区が5日に梅雨入りしました。今年は、平年より3日早く梅雨入りとなったようですが、梅雨前線の北上が遅いようで、平年より雨量が多く、梅雨明けが遅くなる見込みのようです。

南米ペルー沖でエルニーニョ現象が発生する可能性が高く、その影響で太平洋上の高気圧の張り出しが弱くなり、梅雨前線が北へ移動する速さが鈍るようです。

Rainseason

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

カーポートの屋根の積雪

さんざん雪が降った週末。土曜日の午前中にベランダの下の方から声がするのでのぞいてみると、雪がたくさん積もっていました。どうやら隣の会社でカーポートの屋根の雪をおろす作業を始めるところだったようです。

Snow1

左側のカーポートの屋根の部分を拡大すると、こんな感じです。脚立との比較しかできませんが、雪はおそらく40cmほど積もっているように見えます。カーポートの足が細く四隅にしかないので、おろしておいた方が無難です。手前の屋根にも雪が積もっていますが、こちらは鉄骨の倉庫なので、大丈夫という判断でしょう。

Snow2

敷地内の雪かきは日曜日までかかっていました。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧