カテゴリー「天文」の105件の記事

2023年1月 5日 (木)

準惑星エリスを新天体として確認(2005年1月5日)

 準惑星(dwarf planet)は太陽の周りを公転し自身の重力によって球形になる質量をもつ惑星以外の天体のことです。2006年に国際天文学連合(IAU)が惑星の定義を見直したときに定義された比較的新しい天体の分類です。

 準惑星が定義されたのは天体観測の技術が向上し冥王星のような天体が多数発見されたからです。冥王星と同様なそれらの星を惑星と定義することはせずに準惑星という分類を定義しました。これによって冥王星も惑星でなくなり準惑星となりました。

 準惑星エリス(136199 Eris)は準惑星の中では最も質量が大きく、その直径は冥王星に次ぐ大きさの天体です。エリスの周りにはディスノミアと呼ばれる衛星が公転しています。

準惑星エリスと衛星ディスノミア(ハッブル宇宙望遠鏡)
準惑星エリスと衛星ディスノミア(ハッブル宇宙望遠鏡)

 エリスが2003年10月21日に撮影された画像の中から天文学者のマイケル・ブラウンが率いる観測チームによって2005年1月5日に発見されました。元の画像はカリフォルニア州のパロマー天文台の定期観測で得られたものです。観測データの解析は自動画像検索ソフトウェアで行われました。このソフトは天体の見極めをその移動速度によって判断していました。当初の解析ではエリスの移動速度が遅かったため天体として認識されませんでした。その後、エリスよりやや移動速度が速い天体が発見されたため観測チームは過去のデータを再解析したところ、エリスが発見されたのです。

 エリスには小惑星番号136199が付けられましたが2006年9月にギリシア神話の不和と争いの女神エリスに因んで名付けらました。当初、エリスは冥王星より大きいと考えられ、NASA(アメリカ航空宇宙局)は「太陽系の10番目惑星」と呼びました。しかし、エリスと同等の天体が見つかる可能性は十分にあり、それらを全て惑星と呼ぶには無理があるという判断から、国際天文学連合(IAU)は惑星の定義が見直されることになったのです。これによって準惑星という分類ができ、エリアは準惑星とされました。エリアとさほど大きさの変わらない冥王星も準惑星とされたのです。現在、準惑星は冥王星、エリス、ケレス、マケマケ、ハウメアの5つが確認されています。

【関連記事】

宇宙・天文|今日は何の日

冥王星が発見される(1930年2月18日)

海王星の日(1846年9月23日)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

皆既月食と天王星の天体ショー(2022年11月8日)

 昨晩は皆既月食でした。部分月食の開始は午後6時9分。ということで5時速攻に退社しコンビニで夕飯を買い込み自宅に帰りました。この数年の間に何度かあった皆既月食や月食は全て曇りで観測することができませんでしたが、今日は天候に恵まれました。実際には夕方には東の空に雲がかかっていたのですが、月食が始まるころには「雲の子を散らす」ように快晴となり久しぶりに月食をじっくり楽しむことができました。それでは天体ショーの始まりです。写真を250枚ぐらい撮影したのですが、いくつかを紹介します。

午後6時9分、部分月食が始まりました。数分後の月の様子です。

部分月食の始まり(2022年11月8日)
部分月食の始まり(2022年11月8日)

 地球の影に覆われてどんどん欠けていきます。こんなに綺麗な月食を見るのは久しぶりです。

部分月食(2022年11月8日)
部分月食(2022年11月8日)

 皆既月食の始まりまであと少し。この後、月は地球の影に完全に覆われます。

もうすぐ皆既月食(2022年11月8日)
もうすぐ皆既月食(2022年11月8日)

 皆既月食に入りました。赤銅色の月が綺麗に見えました。写真撮影はなかなか難しい。F:5.9、SS:10 sec、ISO:32000でやっとこの写真です。

皆既月食(2022年11月8日)
皆既月食(2022年11月8日)

 よく見ると月の左下に星が見えました。これ天王星ですね。残念ながら天王星食の瞬間は捉えることができませんでした。

皆既月食と天王星(2022年11月8日)
皆既月食と天王星(2022年11月8日)

 さぁ皆既日食も終わり部分日食の始まりです。

皆既月食から部分月食へ(2022年11月8日)
皆既月食から部分月食へ(2022年11月8日)

 部分月食です。元の満月に近づいていきます。

部分月食から満月へ(2022年11月8日)
部分月食から満月へ(2022年11月8日)

  部分日食も終わりを迎えます。満月まであとわずかです。

部分日食の終わり(2022年11月8日)
部分日食の終わり(2022年11月8日)

 もとの満月に戻りました。これで皆既月食の天体ショーは終わりです。

満月(2022年11月8日)
満月(2022年11月8日)

  午後6時9分から午後9時49分まで約3時間半の天体ショーを楽しむことができました。

 250枚の写真を確認してみましたが天王星食をちょうど捉えている写真はありませんでした。おそらく自分の持っている機材では月の明るさに紛れて天王星かなり暗くなってしまったのだと思います。

 ここ数年は天候に恵まれず月食の観察を逃していましたが今回の月食は大満足の結果となりました。

【関連記事】

皆既月食(2022年11月8日)

皆既月食 2011年12月10日

2021年5月26日は皆既月食

月食ロス「今後の月食の予定」

ほぼ皆既月食の部分月食(2021年11月19日)

半影月食 皆既月食 部分月食 月食の仕組み(1)

皆既月食はなぜ赤く見えるのか 月食の仕組み(2)

月の満ち欠けの仕組み

皆既月食 2011年12月10日

満月と月食の関係

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

皆既月食(2022年11月8日)

 今宵は「皆既月食」が起こります。皆既月食は月が地球の影に完全に隠されて赤銅色の満月が見られる現象です。

 今夜の月食は18時09分頃に月が欠け始め部分食が始まります。月が地球の影に完全に覆われる皆既食が始まるのは19時16分頃です。皆既食は19:59分頃に最大となり20時42分頃に終了します。この間に皆既月食の赤銅色の月を見ることができます。その後は部分食となり21時49分頃に月食が終了します。また皆既月食中には月が天王星を隠す天王星食も起こります。約3時間半に及ぶ天体ショーを楽しみましょう。

 さて前回の皆既月食は2021年5月26日だったのですが自分の地域はあいにくの悪天候で月の姿すら見ることができませんでした。同年11月19日にほとんど皆既月食に近い部分日食がありました。月は見えましたが天候は悪く視認性は良くありませんでした。

2011年12月10日の皆既月食
2011年12月10日の皆既月食

 本日11月8日の天気予報は「晴れです」。月が綺麗に見えると良いのですが。この機会を逃すと次の日本で皆既月食が見られるのは約3年後の2025年9月8日になります。

【関連記事】

皆既月食 2011年12月10日

2021年5月26日は皆既月食

月食ロス「今後の月食の予定」

ほぼ皆既月食の部分月食(2021年11月19日)

半影月食 皆既月食 部分月食 月食の仕組み(1)

皆既月食はなぜ赤く見えるのか 月食の仕組み(2)

月の満ち欠けの仕組み

皆既月食 2011年12月10日

満月と月食の関係

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年11月 1日 (火)

小惑星2022RM4が地球近傍を通過(2022年11月1日)

 毎年数多くの小惑星が地球の側を通過していますが2022年9月に発見された小惑星2022RM4は幅330~740メートルの巨大な小惑星で潜在的に危険な小惑星として登録されました。

 この小惑星2022RM4は2022年11月1日18時32分(UTC:協定世界時)、日本時間同日午前3時32分に地球に最接近し地球からおよそ240万キロメートルのところを通過していきました。この距離は地球から月までの距離約38万キロメートルの約4倍で、この規模の小惑星としてはあまりにも接近しすぎでした。

 太陽から1億9500万キロメートル以内を通る軌道を持つ小惑星と彗星を地球近傍天体といいます。地球近傍天体のうち地球に衝突した場合に著しい被害を発生させるものを潜在的に危険な小惑星といいます。幸い2022RM4は地球には衝突しませんがこれぐらいの規模の小惑星が地球に向かっていたら大変な事態になります。

 でもご安心ください。NASAが2022年9月に行った小惑星を破壊する「DARTミッション」で標的とした小惑星ディモルフォスは2022RM4と同じ大きさでした。このミッションではディモルフォスに探査機を衝突させ、その軌道を変化させることに成功しています。

 日夜発見される新たな小惑星のうち潜在的に危険なものは地球を防衛する「DARTミッション」で適切に対応できるようになると考えられています。

1884年に発見された小惑星Ida(直径32 km)
1884年に発見された小惑星Ida(直径32 km)

【関連記事】

巨大な小惑星7482(1994 PC1)が地球に大接近(2022年1月19日)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2022年10月13日 (木)

グリニッジ天文台を経度0度に制定(1884年10月13日)

 グリニッジ子午線は英国のグリニッジ天文台に設置された天体の子午線通過を観測する装置「エアリー子午環」の中心を通る経線です。もともグリニッジ天文台は1675年に基準とする子午線を決定する目的で設置されました。

1824
グリニッジ王立天文台 (1824年トーマス・ホスマー・シェパード作 )

 グリニッジ天文台の初代台長のジョン・フラムスティードはグリニッジ天文台で恒星の厳密な観測を行い恒星図を作成しました。この恒星図はフラムスティードの死後1729年に「フラムスティード天球図譜」として出版されました。この恒星図によってグリニッジ天文台と世界各地での恒星の観測時間の差から経度差を求めることができるようになりました。

フラムスティード天球図譜
フラムスティード天球図譜

 自国の天文台を基準とした恒星図を作ったのは英国だけではありません。16世紀から17世紀にかけてヨーロッパ諸国は海外進出を果たしました。大航海時代に世界各地を結ぶ多くの航路が発見され貿易が盛んに行われるようになると、船の安全な航行が求められるようになりました。そのためには正確な海図が必要で、船が洋上の位置を知るためには南北位置を表す緯度と東西位置を表す経度を求める必要がありました。緯度は地平線もしくは水平線と太陽や北極星のなす角度から比較的簡単に求めることができましたが、経度を求めるためには基準の位置と自分が存在する位置の時差を知る必要があったのです。1610年に自作の望遠鏡で木星の衛星を観測したイタリアのガリレオ・ガリレオは世界各地での衛星の食が始まる時間差から経度を決めることができると考えました。パリの天文台で台長ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニのもとで木星の食の始まりを観測し初めて光速が有限であることを証明したフランスのオーレー・レーマーも経度を決めることが目的で天体観測を行っていたました。

 1700年代後半、英国は世界の海を制する海軍を有する海洋大国になっていました。これによってグリニッジ天文台を基準とした「フラムスティード天球図譜」が事実上の標準の星図となりヨーロッパ諸国の船が利用しました。1851年、グリニッジ天文台の台長ジョージ・ビドル・エアリーが天文台本館(現在の旧館)に子午環を設置しました。いわゆる「エアリー子午環」の中心がグリニッジ子午線の基準となりました。1884年10月にワシントンDCで開催された国際子午線会議でグリニッジ子午線が世界共通の公式な本初子午線とすることが定められました。このとき、フランスは採択を棄権しています。フランスはパリを標準とする子午線を1911年まで使用しました。

 現在、国際的に採用されている本初子午線は「エアリー子午環」の東側102.478メートルを通るIERS基準子午線です。1969年に米国が宇宙から座標を計測したところわずかにずれていることがわかったのです。これによってグリニッジ子午線の経度は西経0度0分5.3101秒(1989年時点)となりました。このことからグリニッジ子午線は本初子午線ではなくなったのですが、ずれはわずかなためグリニッジ子午線と本初子午線が区別されていない場合があります。日本の標準時子午線はグリニッジ子午線を元に定められたものです。

グリニッジ・タイム―世界の時間の始点をめぐる物語 単行本 – 2007/10/1

 

【関連記事】グリニッジ天文台を経度0度に制定(1884年10月13日)

光速の測定実験は航海図の作成がきっかけだった

レーマーが光の速さは有限と発表(1676/11/22)

日本に2つ時刻があった|日本標準時制定記念日(1886年7月13日)

時の記念日(1920年6月10日)

宇宙・天文|今日は何の日

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

海王星の日(1846年9月23日)

 海王星は非常に暗い星のため肉眼で見ることはできません。ですから海王星の観測ができるようになったのは望遠鏡が発明された1608年以降のことです。1612年と1613年にガリレオ・ガリレイが望遠鏡による天体観測をしたときに作成した観測結果には海王星の位置に星が記録されていました。また1795年にジェローム・ラランド、1830年にジョン・ハーシェルが同様な観測結果を得ていますが、この星が惑星であるとは認識されていませんでした。

 海王星の発見には天王星が関係しています。天王星は1690年にジョン・フラムスティードによって記録されていますが、このときは恒星と誤認され発見には至りませんでした。1781年3月13日にウィリアム・ハーシェルが天王星を発見しましたが、ハーシェルも発見した天体を彗星と誤認しました。しかし、その後の観測と軌道計算から彗星であることが否定され土星の外側をまわる惑星であることがわかりました。

 1821年、「天王星の天文表」を著したアレクシス・ブヴァールは実際の天王星の動きが天文表と合わないことに気が付き、天王星の軌道に影響を及ぼす重力が働いていると考え未発見の惑星があるという仮説を立てました。その後、イギリスの数学者ジョン・クーチ・アダムズやフランスの数学者ユルバン・ルヴェリエが天王星の軌道の研究を進め、天王星の軌道に影響を与えている惑星の位置を予想しました。

 ルヴェリエは自身の予測に基づいてベルリン天文台のヨハン・ゴットフリート・ガレに惑星を探索するよう依頼しました。この依頼に基づき天文台の学生ハインリヒ・ダレストが観測を行ったところ1846年9月23日にほぼ予想された位置に海王星を発見したのです。

 海王星が発見されるとイギリスとフランスの間で発見者が誰なのかが大きな問題となりました。最終的にはアダムズとルヴェリエが発見したと結論づけられましたが、1998年の再評価では海王星の位置を予測し天文学者に探索をさせたルヴェリアが発見者にふさわしいとされました。

ボイジャー2号が撮影した海王星とユルバン・ルヴェリエ
ボイジャー2号が撮影した海王星とユルバン・ルヴェリエ

【関連記事】

望遠鏡を発明したのは誰?

冥王星が発見される(1930年2月18日)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年9月11日 (日)

中秋の名月(2022年9月10日)

 昨日(2022年9月10日)は「中秋の名月」でした。昨年の「中秋の名月」は2021年9月21日で満月でしたが、今年も満月の「中秋の名月」となりました。昨晩は空も晴れており月が綺麗に見えました。

中秋の名月(2022年9月10日)
中秋の名月(2022年9月10日)

  中秋の名月(十五夜の月)は満月と異なる場合が多く最大で2日の差があります。来年の「中秋の名月」も満月と重なります。来年2023年の「中秋の名月」は9月29日で3年連続で満月が重なります。しかし、2024年以降は満月でなくなり、その次に満月の「中秋の名月」を見られるのは2023年から7年後の2030年になります。

【関連記事】

中秋の名月(2021年9月21日)

中秋の名月(芋名月) 2020年10月1日

月の満ち欠けの仕組み

満月と月食の関係

月が明るく輝いて見える理由|ガリレオの天文対話

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

「Wow! シグナル」6EQUJ5受信(1977年8月15日)

 地球外知的生命体探査SETI(Search for Extra Terrestrial Intelligence)は地球外知的生命体の文明を発見する取り組みの総称です。世界各地でさまざまなSETIプロジェクトが展開されています。

 オハイオ州立大学でSETIプロジェクトに参加していたジェリー・R・エーマン博士は1977年8月15日にビッグイヤー電波望遠鏡でおよそ約72秒間にわたる狭い周波数に集中した強い電波を受信しました。この電波は恒星間通信に最適な信号の特徴を有しており、これに驚いたエーマン博士は信号を印刷物の当該電波を示す文字列6EQUJ5に赤丸をつけて「Wow!」と書き加えました。そのためこの電波は「Wow!シグナル」と呼ばれるようになりました。

Wow!信号の印刷物
Wow!信号の印刷物

 「Wow!シグナル」は太陽系外の地球外知的生命体が発したものではないかと考えられました。引き続き電波の観測が行われましたが2度と同じ電波を受信することはできませんでした。「Wow!シグナル」の正体は現在も謎のままになっています。

 「Wow!シグナル」は電波天文学で使用が禁止されている周波数を含むため地球から発せられた電波ではないことがわかっています。また発生起源について自然由来の可能性も検討されましたがあくまでも予想であり、「Wow!シグナル」の正体を突き止めるまでには至っていません。「Wow!シグナル」に着想して制作されたのがカール・セーガンのSF小説を映画化した1997年公開の「コンタクト」です。

【関連記事】「Wow! シグナル」6EQUJ5受信(1977年8月15日)

宇宙・天文|今日は何の日

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

長期暦の元期(紀元前3114年8月11日)

 メキシコから中央アメリカ北西部でマヤ・アステカなどの高度な文明が栄えたメソアメリカ文明。このメソアメリカで古くから使用されていた暦が長期歴です。長期歴はマヤ文明で発見されたためマヤ暦とも呼ばれますが、マヤ文明に限られたものではなくメソポタミア文明で広く使われていました。

 長期歴の大きな特徴はその周期が非常に長いためいつの出来事か特定できることです。長期歴は1日を単位とする「キン」、1ヶ月20キンとする「ウィナル」、1年18ウィナルとする「トゥン」、さらに20トゥンを「カトゥン」、20カトゥンを「パクトゥン」としました。長期歴の元期は現在使われているグレゴリオ暦に換算すると紀元前3114年8月11日になります。

チャパ・デ・コルソ石碑2号
チャパ・デ・コルソ石碑2号
メソアメリカ文明最古の長期暦が刻まれた石碑(紀元前36年)

 長期歴は長周期ですが永遠に続く暦ではなくグレゴリオ歴換算で2012年12月21日が最終日となっています。これによって2012年12月21日に地球が滅亡するという噂が流れました。しかし長期歴は最終日を迎えるとまた最初から始まるものだったようです。

 そもそもメソアメリカ文明に世界が滅亡するという予言が存在したという証拠は見つかっていません。また15世紀末にコロンブス率いるスペインの艦隊がメソアメリカにやってきたときには既に長期歴は使われていませんでした。この世界滅亡説はメソアメリカ文明由来ではなくメソアメリカに侵入した西洋社会のに由来すると考えられています。

【関連記事】長期暦の元期(紀元前3114年8月11日)

コロンブスが新大陸を発見(1492年10月12日)

今日は何の日

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | | コメント (2)

2022年7月13日 (水)

日本に2つ時刻があった|日本標準時制定記念日(1886年7月13日)

 明治19年(1886年)7月13日、「本初子午線経度計算方及標準時ノ件(明治19年勅令第51号、1886年(明治19年)7月13日)」が公布されました。この勅令によって日本標準時はグリニッジ天文台子午儀の中心を通る子午線(グリニッジ子午線)を経度0度とし東経135度(GMT+9:00)の時刻と規定されました。日本標準時は明治21年(1888年)1月1日から適用されました。

 その後、明治28年(1895年)12月28日に公布された「標準時ニ関スル件」で明治29年(1896年)1月1日から東経135度(GMT+9:00)の標準時を「中央標準時」、東経120度(GMT+8:00)の時刻を「西部標準時」と定めました。中央標準時と西部標準時の時差は一時間で中央標準時は日本本土、西部標準時は八重山列島・宮古列島・台湾・澎湖諸島で使われました。

標準時ニ関スル件(治28年(1895年)12月28日に公布)
標準時ニ関スル件(治28年(1895年)12月28日に公布)

 しかしながら国内に2つの時間が存在することに問題が生じたため昭和12年(1937年)9月25日に「明治二十八年勅令第百六十七号標準時ニ関スル件中改正ノ件(昭和12年勅令第529号)」が公布され同年10月1日から西部標準時が廃止され日本の時間がひとつに統一されました。

 一般的にし東経135度(GMT+9:00)の時刻を日本の標準時と呼びますが、中央標準時が法令で定められている正式な名称です。

【関連記事】

時の記念日(1920年6月10日)

光速の測定実験は航海図の作成がきっかけだった

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧