カテゴリー「今日は何の日」の184件の記事

2021年6月18日 (金)

おにぎりの日(6月18日)

 いろいろな食べ物に「○○の日」が制定されていますが、日本の食文化を代表する「おにぎり」にも「おにぎりの日」が制定されています。

おにぎりの日(6月18日)
おにぎりの日(6月18日)

 「おにぎりの日」を制定したのは石川県鹿西町(現 中能登町)で、昭和62年(1987年)11月12日に同町にある弥生時代の遺跡「杉谷チャノバタケ遺跡」(石川県鹿島郡中能登町金丸)から「おにぎりの化石」が発見されたことに由来します。

 この「おにぎりの化石」は建物は炭化した米の塊で人間の指の跡が残っており、およそ2000年前に握られた日本最古のおにぎりと考えられています。ただし、普段私たちが食べている米を炊いた後に握ったおにぎりではなく、蒸した後に焼いたもので現在の粽(ちまき)のようなものでした。そのため、この「おのぎりの化石」は考古学的には「粽状炭化米塊(チマキ状炭化米塊)」と呼ばれています。

 さて、「おにぎりの化石」が発見されたのが11月12日なのに「おにぎりの日」が6月18日となったのはどうしてでしょうか。「おいぎりの化石」が発見された遺跡のある旧「鹿西町」は「ろくせいまち」と読みます。18日は「米」の字を分解すると「十」と「八」になることから「米食の日」とされています。「鹿西町」の6と「米食の日」の18を組み合わせた6月18日が「おにぎりの日」と定められました。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

フランクリンが凧揚げの実験を行った日(1752年6月15日)

 雷の正体が電気であることを証明したのはアメリカのベンジャミン・フランクリンとされています。フランクリンは雷が電気であることを証明するために、雷雨になりそうな雲をめがけて凧を飛ばす実験を1750年に発案しました。

 1752年5月10日、フランスの物理学者トマ・フランソワ・ダリバールはフランクリンの論文を参考に凧の代わりに高さ12メートルの金属の棒を使って実験を行いました。ワインボトルで棒を接地し、高度の低いところにできた雲から電気を取り出すことに成功したとされています。

 つまり、雷の正体が電気であることに最初に気がついたのはベンジャミン・フランクリンですが、実際に実験で確認したのはトマ・フランソワ・ダリバールだったということになります。

 フランクリンがフィラデルフィアで有名な凧揚げの実験を行ったのは1752年6月15日とされています。フランクリンは同年10月19日にこの実験を「ペンシルバニア・ガゼット」紙に報告していますが、実際に実験を自分で行ったとは記していませんでした。

10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図
10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図

 プランクリンの凧揚げの実験を詳細に伝えたのはイギリスのジョゼフ・プリーストリーです。1767年にプリーストリーはフランクリンが金属の棒は危険なため凧の麻ひもを利用して電気を取り出す実験を行うことにしたなど、実験の背景まで説明してます。プリーストリーはフランクリンから詳細な説明を受けていたと考えられています。

 フランクリンの凧揚げの実験についてはココログ 光と色と「雷の正体見たり静電気」に解説がありますので、興味のある方はご一読いただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

パイオニア10号が太陽系を離脱(1983年6月13日)

 パイオニア10号は米国航空宇宙局NASAがパイオニア計画で1972年3月2日に打ち上げた木星探査機です。パイオニア10号はおよそ1年9ヶ月かけて木星に向かい、1973年11月から木星や衛生の写真を撮影し、それらの画像データを地球に送信してきました。同年12月4日には木星まで20万キロメートルのところまで接近し、高解像度の写真を撮影することができました。

木星に接近するパイオニア10号
木星に接近するパイオニア10号

 パイオニア10号は木星の重力を利用して太陽系を脱出する軌道に入り、太陽系の外側に向かい始めました。パイオニア10号から信号を受信できる距離は地球から木星までの距離(7億5千万キロメートル)の2倍ぐらいを想定していました。しかし、地上基地の受信設備の改良によって、遠く離れたパイオニア10号からの信号を受信し続けることができるようになりました。そのため、NASAはパイオニア10号の捕捉と観測のミッションを続けました。

 1983年6月13日、パイオニア10号は海王星の軌道を越え、太陽系を脱出した初の人工物となりました。NASAは1997年までミッションを続け、その後は断続的にパイオニア10号からの信号を受信し、2003年1月23日に信号が途絶えまでパイオニア10号の位置を確認しました。最後に確認されたパイオニア10号の位置は地球から約123億キロメートル離れたところでした。そして、打ち上げから34年後の2006年3月にパイオニア10号の最後の捕捉が試みられましたが、パイオニア10号を確認することができず、このときをもってパイオニア10号の運用は終了とされました。

 現在、パイオニア10号は地球から180億キロメートル以上離れたところを、アルデバランに向けて進んでいると考えられています。パイオニア10号には太陽系や人類が描かれた金属板が取り付けられています。これはアメリカの天文学者のカール・セーガン博士の発案によるもので、異星人とのコンタクトを想定して取り付けられたものです。人類は知るよしはありませんが、いつかパイオニア10号が異星人に発見されるかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

川端康成「雪国」刊行(1937年6月12日)

 小説「雪国」は昭和43年(1968年)にノーベル文学賞を受賞した川端康成の長編小説です。川端康成は昭和10年(1935年)1月からいくつかの雑誌で雪国の物語を書き始め、昭和12年(1937年)6月12日に「雪国」として刊行しました。川端康成はその後も執筆に取り組み、「雪国」の完結本が刊行されたのは昭和23年(1948年)12月25日です。「雪国」の完成に13年もかけたのです。

川端康成
川端康成

 湯沢温泉を舞台とした「雪国」の冒頭は有目な「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」で始まります。国境は「くにざかい」と読むか「こっきょう」と読むのか意見が分かれていますが、国境の長いトンネルとは群馬県と新潟県の境い目にある清水トンネルのことです。清水トンネルが開通したのは昭和6年(1931年)で、川端康成は1934年から1937年まで湯沢温泉に滞在しています。

 小説では汽車に乗って長いトンネルを抜けたことになっていますが、清水トンネルを挟む水上駅と石打駅の路線は最初から直流電化されており、ここを汽車が通ることはありませんでした。長いトンネルに蒸気機関車を通すと煤煙による人的被害が生じるため、この区間は電気機関車が客車を牽引していたのです。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」と蒸気機関車が走る映像がありますが、蒸気機関車が長いトンネルを抜けることはなかったのです。

 さて、清水トンネルの路線を複線化する際に、新清水トンネルが作られました。昭和42年(1967年)に清水トンネルは上り専用となり、新清水トンネルが下専用となりました。川端康成がノーベル文学賞を受賞したときには「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を体験しようと上越線に乗っても、当時の国境の長いトンネル(清水トンネル)を通り抜けた主人公の島村の体験は再現できなくなっていたのです。

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

名前に番号が入る銀行の由来|国立銀行の日(1873年6月11日)

 明治6年(1873年)6月11日、渋沢栄一により日本で最古の銀行となる第一国立銀行(現、みずほ銀行)が設立されました。その後の5年間で153の国立銀行が設立されました。

渋沢栄一と第一国立銀行本店
渋沢栄一と第一国立銀行本店

 国立銀行は明治5年(1872年)の国立銀行条例に基づいて設立された民間の銀行で、国立銀行という名称は米国のNational Bankと訳したものです。国立銀行の名称には「第○」と数字を入れることが定められていました。つまり設立の順番に番号がつけられたのです。

 第一国立銀行に続いて設立された銀行は、第二国立銀行(横浜銀行の前身)、第四銀行(現 第四北越銀行)、第五銀行(現 三井住友銀行)でした。第三国立銀行は発起人の意見対立により設立に至らず、後年に別の発起人によって設立されました。

 このように名称に番号が入った国立銀行はナンバー銀行と呼ばれました。2021年現在において当時の数字を名称に含んでいる銀行は十六銀行、七十七銀行、百五銀行、百十四銀行、第四北越銀行、十八親和銀行があります。ですから十六銀行が当時の数字だけを名称に含む最古の銀行で、第四北越銀行が当時の数字を含む最古の銀行ということになります。

 八十二銀行は第十九国立銀行と六十三国立銀行が合併したもので、当時の八十二銀行とは異なります。また、三十三銀行も三重銀行と第三国立銀行が合併したもので当時の三十三国立銀行ととは異なります。

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

時の記念日(1920年6月10日)

 毎年6月10日は「時の記念日」です。大正時代、日本の博物館の父と呼ばれた棚橋源太郎が館長を勤める東京教育博物館(現 国立科学博物館)において一般大衆向けの教育(通俗教育)を目的とした様々な展覧会が行われました。

 そのような背景のなかで、1919年に文部省主催の生活改善展覧会が開催されると、1920年に文部省社会局に生活改善同盟会が開設されました。生活改善同盟会は国民一人一人の生活意識を向上させ、衣食住にわたる生活の改善と合理化をすることによって、国の利益と産業を発展させることを目的としました。そのなかの第一の項目として「時間を正確に守る」が掲げらました。

 同年5月19日に文部省が「時」の展覧会を開催すると、連日多数の来場者で賑わい大盛況となりました。この展覧会において「時の記念日」が提案され、生活改善同盟会が制定する運びとなりました。

 「時の記念日」が6月10日と決まったのは、日本で初めて時を知らせたことを記した日本書紀に由来します。天智天皇が671年6月10日(天智天皇10年4月25日)に漏刻と呼ばれる水時計で時を知らせたことが記録(置漏尅於新臺。始打候時動鐘鼓。始用漏尅。此漏尅者天皇爲皇太子時始親所製造也。云々。)として残っています。

 日本で初めての「時の記念日」は1920年6月10日でした。当日は「時間を尊重し定時を遵行」と記載された5万枚のビラが都内10ヶ所で配布されました。また都内5カ所で天文台の標準時計が設置され、通行人に時計を合わせるよう促しました。正午には、大砲を鳴らし、工場などの施設がサイレンを鳴らし、ニコライ堂が鐘を打ちました。東京は正午を知らせる響きでいっぱいになりました。このようなイベントが日本の各地で行われました。

 現在、日本は時間に正確と海外から高い評価を得ています。たとえば電車の発着の時間がこれほど正確な国は他にありません。しかし、日本人が最初から時間に正確だったわけではありません。明治時代には「列車が時間通りに発着するは稀で、遅れるのが当たり前のことで、駅員ですら遅れるのが当たり前と考えている」という記事が残っています。

 いずれにしろ、日本人はもともと時間に無頓着であり、欧米からも批判されていたのです。「時の記念日」の制定の背景には、時間にルーズは国民に時間に対する意識を高めて時間を遵守させることによって国を発展させようという狙いがあったようです。

Photo_20210601160501

 ところで6月は国民の祝日がないことから「時の記念日」を祝日にしてはどうかという意見が昔からあります。「時の流れを体感して時間を尊重しつつ機運を高める日」などと定義して祝日になるといいなぁ。

 

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

成層圏の発見(1902年6月8日)

 1892年から1896年までフランスの国立気象管理センターを所長を務めていたレオン・ティスラン・ド・ボールは退職後に個人の気象観測所を設立しました。その観測所で温度計をつけた気球を飛ばして上空の温度を計測しました。

レオン・ティスラン・ド・ボール
レオン・ティスラン・ド・ボール

 ド・ボールは日射の影響を避けるため、この観測を夜間に行いました。すると、上空の気温は地上から約11 kmまでは、気球が上昇するに従って低下しました。ところが11 kmを超えると、温度が一定になることがわかりました。

  ド・ボールはこの観測を200回以上も行い、この観測結果が間違いではないことを確認しました。そして、1902年6月8日に大気の層は性質の異なる2つの層から成るということを発表し、この2つの層をそれぞれ対流圏と成層圏と名付けました。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年6月 6日 (日)

ソビエトのコンピュータゲーム「テトリス」登場(1984年6月6日)

 落ちものゲームの先駆けとなったソビエトのコンピュータゲーム「テトリス」は1984年6月6日に登場しました。自分がテトリスを初めて知ったのは1988年です。当時、ゲームセンターのアーケードゲームで流行しましたが、自分はプレイしたことはありませんでした。自分が初めてプレイしたテトリスは同年11月にビー・ピー・エス社(BPS)が発売したNEC PC-9801版のものです。

 BPSのテトリスはフロッピーディスクから立ち上がると、いかにもソビエトというかロシアというBGMがかかります。上から落ちてくる種々の形のブロックを回転させて落としブロック同士を組み合わせて消していくというルールは画期的でした。ブロックが下に落ち切る前に答えを出さなければならにハラハラ感、どうして大流行したのかすぐに理解でき、同時に自分もはまってしまいました。平日の夜遅くまでテトリスで遊んでいたことを思い出します。

テトリス
テトリス

下記の映像はビー・ピー・エス社(BPS)が発売したNEC PC-9801版のものです

BPS版TETRIS PC-9801版の様子

 

 テトリスを参考にたくさんの「落ちものゲーム」が開発されました。現在、スマホで遊べる落ちものゲームアプリはたくさんありますが、そのルーツとなったテトリスのゲームアプリもあります。PS版もあるようです。久しぶりにプレイしてみようか。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

トキノミノル日本ダービー優勝で10戦10勝(1951年6月3日)

 1951年6月3日、競走馬「トキノミノル」は東京優駿(日本ダービー)をコースレコードで優勝し、デビュー以来10戦10勝を果たしました。

 「トキノミノル」は1950年7月2日、函館競馬場の芝800メートルの新馬戦でデビューしました。馬主だった大映社長の永田雅一はこの馬に肩入れしておらず、馬名も決まっていませんでした。そこで生産者の笠木政彦と調教師の田中和一郎がパーフェクトという名前をつけました。レース前の発馬の練習で、気性が荒く、レース直前にも主戦騎手は岩下密政を振り落としました。1番人気にはなりませんでしたが、レースが始まるとスタートは順調で、あっといい間に先頭に立ち、二着馬に8馬身差の48.1秒で優勝しました。馬主の永田はパーフェクトのことをすっかり忘れていましたが、この勝利でダービーが取れることを確信し、馬名を「トキノミノル」に変更しました。

 「トキノミノル」はその後、朝日盃三歳ステークスなど7戦7勝をあげ、1951年5月13日の皐月賞を迎えました。「トキノミノル」の名声は広く伝わり、ふだん競馬をやらない人々にも注目の一戦となりました。トキノミノルの人気は圧倒的で73.3%の単勝支持率となりました。レースではスタートから先頭に立ち2分3秒で優勝しました(単勝の配当は110円)。

 皐月賞の後、「トキノミノル」は歩行に異常が出て、その後、右前脚が裂蹄となりました。右前脚が思うように動かせないなかでの調教の結果、左前脚の腱に負担がかかり腫れ上がりました。日本優駿(日本ダービー)が迫るなか一時は出走辞退を考えざるを得ない状況になりましたが、競争の前日には両脚ともに不安が消え、出走できる状態となりました。調教も不十分であり、脚の故障も伝えられていたことから、皐月賞ほどの単勝支持率とはなりませんでしたがダントツの一番人気となりました。レースではスタートで出遅れ、先頭に立つことはできませんでしたが、向正面で次々と先行勢をかわして先頭に立ち一馬身1/4差で2分31.1秒で優勝しました。岩下密政騎手は脚に不安があったため十分に追うことはできなかったそうですが、その状態での快勝ですから誰もが「トキノミノル」は三冠馬は間違いなしと考えました。

Photo_20210531151401
トキノミノル(日本ダービー)

 しかしながら、レース終了後の6月8日に「トキノミノル」の体調が悪化しはじめました。結膜炎などにかかり治療が施されましたが、破傷風にかかっていることがわかりペニシリンが投与されました。懸命の治療で一時は快方に向かっているという獣医師の判断も出ましたが、20日に再び体調を崩し、同日午後10時34分に旅立ちました。

 作家の吉屋信子が「ダービーに勝つために生まれてきた幻の馬」という追悼文を毎日新聞に寄稿すると、「トキノミノル」は「幻の馬」と呼ばれるようになりました。馬主の永田は1955年に映画「幻の馬」を制作しています。

 戦前のクリフジ(11戦11勝)についで戦後の馬で10戦以上出走して全勝優勝している馬は「トキノミノル」だけです。また10戦中7戦をレコード勝ちしています。本当に強い馬だったのです。

記:ニフティ・サーブ競馬フォーラム 「時野実」(ハンドル名)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

写真の日(6月1日)

 6月1日は昭和26年(1951年)に日本写真協会「写真の日制定委員会」が設定した「写真の日」です。その由来は天保12年(1841年)6月1日に薩摩藩11代藩主で島津氏28代当主の島津斉彬の写真が撮影され、これが日本人による初めての写真撮影であることを記念したものとされています。

薩摩藩第11代藩主島津斉彬の日本人による最古の銀板写真
薩摩藩第11代藩主島津斉彬の日本人による最古の銀板写真

 しかしながら、その後の調査によって「写真の日」の制定の根拠となった資料(東京日の出新聞、日本写真の起源)の記述が誤りであることが判明し、島津斉彬の写真が撮影されたのは安政4年(1857年)9月17日であることがわかりました。

  「写真の日」は昭和26年に設定されて以来、慣れ親しまれています。そこで、日本写真協会は「写真の日」の由来が誤りと認めつつ「写真の日」を6月1日とし、この日に写真に関するイベントを開催しています。

日本写真学会誌

夜明け前:写真の日(6月1日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧