カテゴリー「植物の豆知識」の102件の記事

2022年5月 8日 (日)

ゴーヤーの中身は赤かった|ゴーヤの日(5月8日)

  沖縄料理のゴーヤーチャンプルーは美味しいですね。最近では普通の居酒屋さんなどでも出すようになってきました。

 さて5月8日は「ゴーヤの日」です。1977年にJA沖縄経済連と沖縄県が制定しました。由来は5(ゴー)月8(ヤー)の語呂合です。5月からゴーヤーの出荷量が増えることにもかけているそうです

 ゴーヤーチャンプルーの「チャンプルー」は、琉球語で「混ぜこぜにしたもの」という意味があるそうです。確かにソーメンチャンプルーもそんな感じの料理です。この「チャンプルー」という言葉、長崎ちゃんぽんの「ちゃんぽん」と似ていますね。

 ゴーヤーというのは沖縄での呼び名ですが、本州では一般的にはニガウリといいます。ツルレイシというウリ科の植物で、原産地はインドです。ウリ科の植物には、いろいろありますが、代表的なのは、キュウリ、スイカ、メロン、カボチャなどがあります。どれも実の中に種が入っていてます。キュウリは全部食べますが、スイカやメロンは種のまわりの実を食べます。

 ゴーヤーもキュウリと同じような感じ?

と思って、真っぷっつに割ってみると、写真の通りです。赤い種のまわりに、白いワタがあります。中身を全部とって、緑色のところを食べてるんですね。

ゴーヤ(ニガリウリ)
ゴーヤ(ニガリウリ)

 ゴーヤーは熟れてくると実が黄色くなって中が真っ赤になり南国の果物という感じがします。

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2022年4月19日 (火)

赤いトマトも緑黄色野菜

 いつものお店でサラダを頂きました。ちょうどアルバイトが入れ替え時期で今日は新しい男の子が数名。サラダを頼んだらいつもよりワイルドなできになりました。

サラダ
サラダ

 さてサラダにはいろいろ野菜が入っていますがよく耳にするのが緑黄色野菜。緑色や黄色の青々としたレタスや鮮やかな黄色のスイートコーンなどを思い浮かべる人がいるかもしれません。しかしながら緑黄色野菜は野菜の見た目の色で定義されているわけではありません。

 厚生労働省は緑黄色野菜について「ほうれん草・にんじん・かぼちゃなど、カロテンを可食部100g中に600マイクログラム(600 μg)以上含む野菜の総称」という基準を定めています。また100g中のカロテン含有量が600マイクログラム未満でもたくさん食べられるトマトやピーマンなども緑黄色野菜とされています。カロテンには抗酸化作用があり、βーカロチンはビタミンAとなります。また緑黄色野菜にはビタミンCやビタミンK、葉酸や鉄やカルシウムなどのミネラルも含まれています。

 実はこの定義からすると最初に述べた青々としたレタスや鮮やかな黄色のスイートコーンは緑黄色野菜以外の淡色野菜に分類されます。淡色野菜はカロチンの含有量こそ緑黄色野菜より少ないのですが、さまざまな栄養素を含んでいます。緑黄色野菜だけに拘らず、いろいろな野菜を食べましょう。

●主な緑黄色野菜

アスパラ インゲン オクラ かぼちゃ 小松菜 サラダ菜 しそ 春菊 セリ 貝割れ大根 チンゲン菜 とうがらし トマト ニラ ニンジン バジル パセリ ピーマン ブロッコリー ほうれん草 三つ葉 芽キャベツ モロヘイヤ わけぎ

●主な淡色野菜

うど エシャロット 枝豆 カブ カリフラワー キャベツ きゅうり グリンピース ごぼう ショウガ スイートコーン ズッキーニ セロリ ぜんまい ダイコン タケノコ タマネギ ナス ハクサイ みょうが もやし レタス れんこん わさび わらび

【関連記事】

シナモンの木

アロエはどのような植物か?ーアロエの花はどんな花

スコヴィル値とは|ハバネロを超える辛子

ウツボカズラ|光合成できるが食虫植物

長ネギの白い部分と緑の部分は何か?

レンコンの穴はなんだろう?

エレクトロン(電気)の語源は植物から?

うるしの日(11月13日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

さくらの日(3月27日)

 3月27日は「さくらの日」です。「日本を代表する花である桜への関心を高め、花と緑の豊かな国土を作ろう」という目的で日本さくらの会が1992年(平成4年)に制定しました。3月27日を「さくらの日」としたのは七十二候のひとつ「桜始開」となる時期であり、また27=3(さ)×9(く)であるという語呂合わせからです。

 今年は17日(木)の福岡の開花宣言を皮切りに18日(金)宮崎、19日(土)高知・佐賀、20日(日)熊本と宣言が出ています。東京は熊本と同じ20日(日)に靖国神社で開花しました。昨年より6日遅い開花宣言でしがた平年よりは4日早い開花宣言となりました。

 自分の住んでいるところは東京よりも1週間から10日ぐらい遅い開花宣言となります。桜のつぼみがやっとピンク色のなりました。

ソメイヨシノのつぼみ
ソメイヨシノのつぼみ

【関連記事】

なごり雪と桜のつぼみ

梅は咲いたか桜はまだかいな?

矢口桃(ヤグチモモ)の赤花

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

ラッパスイセン(喇叭水仙)が開花

 道端でラッパスイセン(喇叭水仙)を見つけました。ラッパスイセンはヒガンバナ科スイセン属(スイセン)の多年生の顕花植物です。スペイン、ポルトガル、ドイツ、イギリスに分布しています。イギリスを構成する国の1つウェールズの国花です。

ラッパスイセン(喇叭水仙)
ラッパスイセン(喇叭水仙)

 ラッパスイセンという名前は花の見た目に由来しています。中央が筒状になっている福花冠がラッパのような形をしていてまるで音を出しているかのように突き出して見えます。スイセン(水仙)は中国で付けられた名前でその姿が仙人に似ていることに由来しています。

 英語ではtrumpet daffodilやwild daffodil などと呼ばれます。ラッパスイセンが早い時期から開花することからに由来し「早く来る者」という意味のdaffodilと名付けられました。

 ラッパスイセンは12月から4月にかけて開花します。品種によって開花時期が異なりますので球根を購入するときに確認すると良いでしょう。

【関連記事】

矢口桃(ヤグチモモ)の赤花

梅は咲いたか桜はまだかいな?

昭和に発見されたカワヅザクラ(河津桜)

さやえんどうの日(3月8日)

シナモンの木

アロエはどのような植物か?ーアロエの花はどんな花

うるしの日(11月13日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

なごり雪と桜のつぼみ

 春分も過ぎ3月も後半になり暖かくなってきましたが昨日(21日)は思いがけなく雪が降ってきました。春雪は「なごり雪」とも言いますが、なんだか本格的に降って積もり始めました。この辺りはそろそろ桜の開花の時期ですが、この雪で桜のつぼみも縮こまってしまった感じもします。

なごり雪と桜のつぼみ(2021年3月21日)
なごり雪と桜のつぼみ(2021年3月21日)

 桜の開花は気温の積算と寒暖差が関係しています。これからますます暖かくなってくるので桜の開花は間もなくです。今週末はカメラを片手に近くの公園に花見にでも出かけてみよう。

【関連記事】なごり雪と桜のつぼみ

梅は咲いたか桜はまだかいな?

矢口桃(ヤグチモモ)の赤花

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

矢口桃(ヤグチモモ)の赤花

 ソメイヨシノの開花の前に咲いた赤色の花の木。これは花桃(ハナモモ)の矢口桃(ヤグチモモ)です。 矢口桃の花は赤色で八重咲きです。切り花として良く使われ、ひな祭りにも使われます。写真を撮影したのは先週の金曜日(3月11日)です。そろそろ開花も終盤になっていると思います。

矢口桃(ヤグチモモ)
矢口桃(ヤグチモモ)撮影2022年3月11日

 モモはバラ科モモ属の耐寒性落葉高木で原産地は中国です。モモには果樹品種のモモ(桃)と観賞用のハナモモ(花桃)があります。

 モモが日本に入ってきたのは弥生時代です。モモは旧暦で3月3日に花を咲かすとされ、平安時代に3月3日に桃の節句を祝うようになり観賞用のハナモノの栽培が行われるようになりました。特に江戸時代に品種改良が進められ、現在でも江戸時代から続く品種がたくさん出回っています。

 モモは3月頃に葉が出る前に花を咲かせます。一般にモモの花はピンク色で花びらが5枚のものが多いのですが、観賞用に品種改良されたものでは八重咲きのものや赤色や白色をしたものなどがあります。ハナモモも夏になると果実がなりますが硬くて小さいため食用にされません。

【関連記事】

梅は咲いたか桜はまだかいな?

昭和に発見されたカワヅザクラ(河津桜)

植物の豆知識

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2022年3月14日 (月)

梅は咲いたか桜はまだかいな?

 先週の金曜日(3月11日)に通勤途上の木がピンク色の花を咲かせていました。この時期のピンク色の花と言えばサクラですがこのあたりぼ開花時期は3月20日の週です。10日以上も早く咲いているのはサクラではなくウメです。

サクラの開花(3月11日)
梅の開花(3月11日)

 サクラとウメの一番簡単な見分け方は花びらの形です。サクラの花びらには切り込みがありますが、ウメの花は切り込みがなく丸い形をしています。また花と枝がつながっている部分を花柄と呼びますが、サクラは長くてウメはほとんどありません。

 さて桜の開花時期の予報の対象となっているソメイヨシノです。ソメイヨシノはエドヒガンザクラ(コマツオトメ)とオオシマザクラの交雑によって作られたサクラです。人の手による交雑の結果、ソメイヨシノは綺麗な花を咲かせるようになりましたが多くが自分で種を作ることができません。種を作るものもありますが、その種は発芽しません。ですからソメイヨシノは人の手を介さないと繁殖することはできません。

 全国にあるソメイヨシノはすべて人の手で植えられたもので、すべてのソメイヨシノはその起源が同じクローンで遺伝子が同じです。ですから春になり暖かくなり開花の条件がそろうと一斉に花を咲かせます。このことから桜前線が予想できるのです。

 桜の開花まであと2週間ぐらいです。

グランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

さやえんどうの日(3月8日)

 3月8日は3(さ)8(や)の語呂合わせで「さやえんどうの日」です。「収穫の恵を喜び、消費者に和歌山県のおいしいさやえんどうをPRするのが目的」として和歌山県農業協同組合連合会が制定しました。

 サヤエンドウ(podded pea)はマメ科のエンドウ(エンドウマメ)の未熟な莢(さや)の呼び方です。未熟な豆はグリーンピースと呼ばれます。スプラウトの豆苗(とうみょう)はエンドウの若芽です。

エンドウの花とサヤエンドウ
エンドウの花とサヤエンドウ

 エンドウの原産地は中央アジア、中近東、地中海地方で紀元前より栽培されていたと考えられます。古代エジプトのツタンカーメンの墓からも出土しています。ツタンカーメンの墓から出土したエンドウの莢は赤紫色をしていますが同品種のエンドウが「ツタンカーメンのエンドウ豆」として販売されています。

 東アジアには5世紀頃にウズベキスタン共和国東部の都市フェルガナから中国に伝来したと考えられいます。フェルガナの中国名が大宛国であることから豌豆(エンドウ)と呼ばれるようになりました。日本には10世紀頃までには伝わりましたが食用とされたのは江戸時代以降です。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

昭和に発見されたカワヅザクラ(河津桜)

 3月から4月にかけて開花するソメイヨシノよりも一足先に開花が始まるのがカワヅザクラ(河津桜)です。ソメイヨシノは江戸時代後期から知られているサクラですが、カワヅザクラは昭和30年(1955年)2月に静岡県賀茂郡の河津川沿いで高さ1メートルほどの若木が発見されました。

カワズザクラ(河津桜)
カワズザクラ(河津桜)

 若木を発見した河津町田中の飯田勝美さんが自宅の庭先に植えたところすくすくと育ちましたが開花を始めたのは11年後の昭和41年(1966)年でした。1月下旬から淡紅色の花が1ヶ月間の長きに渡り咲き続け満開となり地元で話題となりました。やがて飯田家の屋号から「小峰桜」と呼ばれるようになり人々に親しまれるようになりました。小峰桜は昭和43年(1968年)頃から伊東市の勝又光也さんによって増殖され普及されるようになりました。

 その後、小峰桜の早咲きと長期間に渡る開花について学術的な調査が行われ、小峰桜はこれまでに確認されていなかった日本固有種のオオシマザクラと本来は本州より南に自生するカンヒザクラの自然交雑から生まれた栽培品種であることがわかりました。一般に野生の植物は昆虫の活動が始まる前に開花すると受粉ができなくなるため寒い時期に開花しません。小峰桜は南方のカンヒザクラが交雑しているため開花時期が早まったと考えられています。小峰桜は日本原産の栽培品種として昭和49年(1974年)にカワヅザクラ(河津桜)と名付けられ、昭和50年(1975年)に河津町の木に指定されました。開花時期が早いカワヅザクラは野生では生き残ることが難しかったはずですが珍しい自然交雑種ゆえに人の手によって増殖されるようになったのです。

カワヅザクラ(河津桜)の花
カワヅザクラ(河津桜)の花

 飯田勝美さんが発見した若木はカワヅザクラの原木として現在も存在しています。樹齢は65~75年とされています。河津町ではこの原木を始祖とした河津川河口から約3キロメートル続く「河津桜並木」があります。毎年2月から3月にかけて「河津桜まつり」が開催され、一足早く咲く桜を楽しもうと多くの観光客がやってきます。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年2月 4日 (金)

この木なんの木「モンキーポッド」

 モンキーポッドは熱帯アメリカ原産のネムノキの仲間の常緑樹です。「サマン」や「アメリカネムノキ」とも呼ばれることもあります。原産地は北アメリカ大陸南部から南アメリカ大陸北部あたりですが現在は東南アジアやハワイなどの熱帯地方や亜熱帯地方に広く生息しています。

 モンキーポッドは左右対称の傘状の樹冠が特徴的な広葉樹で大きいものでは高さ25メートル・幅40メートルに達する高木です。春から初夏にかけてピンク色の花を満開にしますが冬にも開花します。</p? ネムノキの仲間は就眠運動と言って光合成をしない夜間は葉を閉じますがモンキーポッドも夕方に葉を閉じます。そのため「5時の木」と呼ばれます。また降雨時にも葉を閉じ葉にたまった雨の雫が滴るため「レインツリー」とも呼ばれます。雨が降っていないのに雫がしたたることもありますがこれはセミの排泄物と言われています。

 プロセインの植物学者で探検家のアレクサンダー・フォン・フンボルトは1799年から始めたアメリカ大陸の探検においてベネズエラで巨大なモンキーポッドを発見しています。フンボルトはこのモンキーポッドは樹冠の周囲180メートルで幅60メートルもあるのに高さは19メートル、幹の直径2.8メートルしかないと記録しています。フンボルトはこの木の名前を「Zamang del Guayre」と記録していますがベネズエラではこの木は「サマン・デ・グエレ」と呼ばれており国宝となっています。

 さてモンキーポッドは日本では「この木なんの木気になる木」(作曲:小林亜星、作詞:伊藤アキラ)の唄の「日立の樹」が知られています。この木はハワイ州オアフ島ホノルル市内のモアナルア・ガーデンズに存在します。

 次の写真は今から20年ほど前にハワイを訪れたときに撮影したものです。観光客がたくさんいてモンキーポッドだけを撮影することはできませんでしたが、20年の時を経て画像処理技術が発達したお陰でご覧の通りの写真となりました。

この木なんの木「モンキーポッド」(日立の樹)
この木なんの木「モンキーポッド」(日立の樹)

 モンキーポッドがハワイに移入されたのはハワイ王朝時代の1847年です。メキシコからモンキーポッドの種子が持ちこまれカウアイ島、オアフ島、ラナイ島、モロカイ島、マウイ島、ハワイ島の主要6島の全てで生息しています。

 モンキーポッドの名前は本種の古い学名「Pithecellobium(猿のイヤリング)」に由来します。猿のイヤリングはインゲンマメの形に似たモンキーポッドの実に由来しています。

【関連記事】

シナモンの木

アロエはどのような植物か?ーアロエの花はどんな花

スコヴィル値とは|ハバネロを超える辛子

ウツボカズラ|光合成できるが食虫植物

長ネギの白い部分と緑の部分は何か?

レンコンの穴はなんだろう?

エレクトロン(電気)の語源は植物から?

うるしの日(11月13日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧