カテゴリー「動物」の168件の記事

2021年8月21日 (土)

【おもしろ映像】ニャンじゃという表情でテルミンを演奏する猫

 この針金を触るとニャンで音が鳴るんだろうと考えながら、手を出したり、頭を出したり。

 近づいた途端に音が出るのですから猫さんも最初は「ニャンだ!」とびっくりしたことでしょうが、近づくと音が出るということを学習すると遊び始めるのだろうと思います。

Very Cute Cat Plays the Theremin

 テルミンは1920年にロシアのレフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した電子楽器です。テルミンは本体に触れなくても手を動かすだけで音を変化させることができます。テルミンは周波数が固定と可変の2つの高周波発信器を内蔵しています。アンテナに手を近づけたり遠ざけたりすると静電容量が変化し、可変の発信器の周波数が変化します。固定の発信器の周波数との差分だけうなりが生じ、これがテルミンの出す音源になります。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月16日 (月)

ニホンザル毛づくろい

 函館市熱帯植物園のニホンザルです。毛づくろいしてもらってずいぶん気持ちよさそうです。

 ニホンザル毛づくろい(函館市熱帯植物園)
ニホンザル毛づくろい(函館市熱帯植物園)

 ニホンザルの毛づくろいはノミを取っていると言われますがニホンザルの身体にはノミはいません。動物の毛づくろいはグルーミングと呼ばれますが身体の衛生や機能の保全などを目的として行う行動である。猫が自分の顔を洗うのもグルーミングです。

 ニホンザルのグルーミングは親愛の挨拶と考えられています。グルーミングをしている側もされる側もお互いリラックスしているようです。

 毛づくろいした後に何か口に持っていきますが、これはフケやシラミや汗が固まった塩などを取って食べていると考えられています。

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月14日 (土)

【おもしろ映像】ジェダイの犬

 うちの犬はジェダイと題した映像です。ライトサーベルを持った犬が電子銃の攻撃をかわします。

Photo_20210813121701

 このような特殊効果の映像は現在は簡単に作れそうですが、この映像は2007年に作成されたものです。2007年というとiPhoneが発売された年です。なかなかの出来ばえと思います。この手のYouTube映像としては先駆的なものだったかもしれません。

My Dog is a Jedi - Clip Scene

 ジェダイの犬で検索してみたらワンちゃんのスター・ウォーズのコスプレの服がたくさん見つかりました。

 

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月 8日 (日)

哺乳類の祖先のおはなし

 地球上に哺乳類が現れたのは中生代の初め頃と考えれています。中生代は今からおよそ約2億5217万年前から約6600万年前の時代で、三畳紀(約2億5,217万年前〜約2億130万年前)、ジュラ紀(約2億130万年前〜約1億4,500万年前)、白亜紀(約1億4,500万年前〜約6,600万年前
)の3つの紀に区分されています。

 中生代は爬虫類が栄えた時代です。爬虫類は古生代の終わり頃に両生類から分岐したと考えられ、三畳紀から白亜紀にかけて種類が増加するとともに、からだが大型化していきました。恐竜が栄えたのもこの頃です。

 恐竜がまだあらわれていない三畳紀の頃、哺乳類の特徴をもつ爬虫類がいました。この爬虫類を単弓類、または哺乳類型爬虫類といい、爬虫類とは区別されています。単弓類は4本の足が体の下にのびていて滑らかな4足歩行をすることができました。現在、見られる爬虫類は、4本の足が体の横の方へのびるような形をしており「歩く」というよりは、地面をはうような感じです。同じ4本足でもワニやトカゲの歩き方と、ネズミやイヌなどの歩き方は異なります。また、歯の構造が哺乳類に似ていたものがいました。私たちの歯には、切歯や犬歯や臼歯があり、歯によって役割が違います。爬虫類の歯は、そのようになっていません。ティラノサウルスなどの歯を見るとわかると思います。

 単弓類はよく恐竜の図鑑の最初の方に背中に大きな帆のようなものがある恐竜のような爬虫類が出ています。例えば、ディメトロドンの絵を見たこがある人は多いと思います。ディメトロドンは恐竜によく似ていますが、恐竜ではなくて哺乳類型爬虫類です。背中の大きな帆は、自分の体を大きく見せたり、体温の調節に使っていたと考えられています。

ディメトロドン
ディメトロドン

 単弓類には、ディメトロドンのような原始的な形の盤竜類と、キノドン類のように現在の哺乳類に似た獣弓類の2つに分けられます。どちらも、中生代に絶滅してしまいますが、獣弓類から枝分かれして進化していったのが私たち哺乳類の祖先と考えられています。

 中生代では大型化する恐竜とは対照的に、哺乳類は小さな体をしていました。しかし、哺乳類の数は恐竜よりもかなり多かったと考えられています。恐竜が繁栄する中で、哺乳類は環境に適応しながら生き抜く力を着実に身につけていったと考えられています。

 哺乳類の中には、変わった仲間がいます。ふつうの哺乳類は母親の子宮で十分に育った子どもが生まれます。まず単孔目のカモノハシなどです。カモノハシはカモのような口ばしをもち、子どもを卵で産みますが、哺乳類の仲間です。子どもは母乳で育てます。もうひとつ変わっているのがカンガルーなどの有袋目です。子どもは未成熟のままで生まれますが、母親のおなかの育児膿という袋の中で育ちます。こうした違いは、胎盤の発達と関係しています。もともと単弓類から分かれて進化したと考えれば、決して「変わった仲間」ではないと考えることもできます。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月 7日 (土)

タマちゃん参上(2002年8月7日)

 2002年8月7日、多摩川下流の丸子橋付近でアゴヒゲアザラシが発見されました。このアザラシは多摩川で発見されたことから「タマちゃん」と名付けれました。タマちゃんは連日のように新聞やニュースやテレビで取り上げられて大人気となり、2002年の新語・流行語大賞の年間大賞に選出されました。

タマちゃん

 タマちゃんは鶴見川、帷子川、大岡川、中川、 荒川などに現れ、多くの人がタマちゃんをひと目見ようと河川を訪れました。タマちゃんが現れた場所は河川の汽水域で、エビや魚が豊富なため遡上してきたと考えられます。タマちゃんの捕獲は見送られ、静観することになりました。2004年4月12日に荒川で確認されたのを最後に姿を消しました。

 2011年10月、埼玉県志木市の荒川で再びアザラシが発見されました。タマちゃんが帰ってきたのではないかと考えられましたが、現れたアザラシはタマちゃんとは種類が別のゴマフアザラシで「アラちゃん」と呼ばれ、志木市は「志木あらちゃん」という名前で特別住民票を交付しました。

ゴマフザラシ
ゴマフザラシ(アラちゃんではありません)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

【おもしろ映像】トトロみたいな巨大猫のいる家

 トトロのように大きな猫が住んでいる家です。猫の習性を考えると、人間はネコジャラシのようにもてあそばれそうです。

Photo

 アルゼンチンのArlistanというコーヒーのコマーシャルの映像のようです。

 こういう猫の家をミニチュアセットで作るのも面白そうです。

Arlistan "Le Gató"

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年5月30日 (日)

【おもしろ映像】ワンちゃんの自動散歩機

 犬も運動不足になると精神状態が悪くなったり、病気になったりします。

毎日、散歩に連れていくことができれば良いのですが、散歩に行けなかった日はこんな方法でお散歩してもらうのも良いのかもしれません。

Dog Moving forever

しかし、このワンちゃん、いつになったら仕掛けがわかるのでしょう。

いやいや仕掛けをした飼い主さんに付き合っているだけかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年4月29日 (木)

吾輩は猫である!ライオンも猫の手

 ライオンも飼い猫もネコ目ネコ科の動物です。 ライオンは猛獣ですが、こんな写真を見ているとやっぱりネコだなと思います。手の置き方がしっかり猫の手になっています。このネコちゃんたち瞑想しています(^^;)

ライオンも猫の手
ライオンも猫の手

 ところで猫は逃げていくとき、必ずこちらをおもむろに振り返って確認します。こんな感じです。

おもむろに振り返る猫
おもむろに振り返る猫

 ライオンはどうするのでしょうか? 

 確認するのは恐い(^^;)

人気blogランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年4月24日 (土)

アワビの煮貝

 久しぶりにアワビの煮貝を戴きました。程よい塩加減でそのままわさびをつけて美味しく戴きました。私たちが普段食べているアワビの実は貝柱で、板前さんなどはホシと呼びます。お皿の真ん中にあるのはアワビの肝でこれがまた美味しいのです。

Photo_20210415113001

 アワビの貝殻は平たい形をしていて二枚貝の片側がなくなったような姿をしていますが巻貝の仲間です。貝殻の表側を良く見ると、巻きが入っていることがわかります。殻には「呼水孔」と呼ばれる穴が空いており、ここから海水を取り込んだり、糞を出したり、卵を生んだりします。

 生まれてまもないアワビのベリジャー幼生は普通の巻貝と同じような貝殻を持っており(Google 画像検索結果)、貝殻の入り口には蓋を有しています。幼生は付着する場所を見つけるとそこに固着して姿を変え成長に伴って良く知られているアワビ貝の形に成長していきます。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

猫の食パンアート(第2部)|日本 猫の日(2月22日)

 2月22日は猫の日です。1987年に日本猫の日実行委員会が「にゃん(2)・にゃん(2)・にゃん(2)」の語呂合せから制定しました。この猫の日は世界共通のものではなく日本国内のみで通用します。たとえば欧州の多くの国では2月17日が「World Cat Day」とされています。

 さて、欧州猫の日にココログ 夜明け前猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)」で、インスタグラムの「猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)」さんの「猫の食パンアート」を紹介させて頂きました。

猫の食パンアート
猫の食パンアート モデル「まるこ」ちゃん

 この作品を見て「リアルな目はどうなっているのだろう?」「猫の毛色や模様はどうやって描かれているのだろう?」「全部本当に食材でできるいるの?」などなど不思議だらけとのことでしたので、mihiroさんに「猫の食パンアート」がどのようにして作られているのか聞いてみました。快く造り方を教えてもらうことができ、「なるほどそうだったのか!」と合点しました。

 まず猫の形をしたパンは「ねこねこ食パン | MILK 100% SHOKUPAN」さんの「ねこねこ食パン」です。全国のお店やオンラインショップで購入することができるようです。またamazon.co.jpでも購入できるようです。この「ねこねこ食パン」が「猫の食パンアート」のキャンバスとなりリアルな猫の造形ができあがるのですね。

 それでは、さっそく冒頭の写真の「まるこ」ちゃんの作品を例に、「猫の食パンアート」がどのようにして造られていくのかを見ていきましょう。

「猫の食パンアート」のレシピ
「猫の食パンアート」のレシピ

1 辛子マヨネーズを塗りゴマを振る。ぶどうと海苔で目と鼻のアタリをつける。
2 黒ごまと海苔と鰹節で模様をつけ口を乗せる。
3 海苔で黒目を乗せる。ひげは春雨を乗せる。
4 微調整をして目にマヨネーズで光を入れできあがり。

 なんと、本物のように見える猫の目はブドウだったのです。黒目は海苔で、目の光りはマヨネーズ。猫の毛色や模様は黒ごまと海苔、ヒゲには春雨が使われていま。なんと、すべて食べられるもので造られています。食べるのがもったいないぐらいので出来映えですが、ごまや海苔の和風の味に辛子マヨネーズが効いていて美味しく頂けます。

 mihiroさんはインスタグラムのフォロワーさんの猫をモデルにしているそうです。mihiroさんをフォローすると、あなたの猫ちゃんがモデルになる日がくるかもしれません。

猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)のインスタグラム
https://www.instagram.com/mihiro523/

【リンク】

猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)

猫の食パンアート(第2部)|日本 猫の日(2月22日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧