カテゴリー「映画・テレビ」の149件の記事

2021年2月25日 (木)

映画「未知との遭遇」日本公開(1978年2月25日)

 1978年2月25日はスティーブン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」が日本で公開された日です。

 当時、自分は中学生で、公開日に友達と数名で映画館に「未知との遭遇」を見に行きました。映画について、事前に何も調べていないので、宇宙人に出あう映画を見に行くぐらいのおもむきで、どんな映画なのかは見てのお楽しみの状態でした。

 その頃、宇宙ものと言えばウルトラシリーズ(1966-1975年)、宇宙戦艦ヤマト(アニメ1974年)、キャプテンハーロック(漫画1977年)、「銀河鉄道999(漫画1977年)」など日本の漫画作品、テレビのアニメ番組、アニメ映画をよく見ていました。海外作品では「謎の円盤UFO(1970年)」や「宇宙大作戦(1966年、スタートレック)」などの再放送を見ていました。

 つまり、宇宙人の多くは地球を侵略しに来た悪者であり、宇宙人の映画と言えば地球人と宇宙人の戦いを主題としたものがほとんどだったのです。また、ジョージ・ルーカス監督の映画「スター・ウォーズ」が日本で公開されたのが1978年7月1日ですから、スター・ウォーズの人間同士が戦う宇宙戦争の世界観も体験していませんでした。

 「未知との遭遇」は地球人に接近遭遇する宇宙人との出会いを描写します。第二次世界大戦中にバミューダトライアングルで行方不明となったアメリカ軍の戦闘機が現れるなどの怪現象に始まり、謎の発光体や飛行物体の目撃、UFOの情報を集めながら岩山の模型を作り出す技術者ロイ、飛行物体に自ら近づきそして連れ去られるジリアンの息子バリー、謎を一緒に探り始めるロイとジリアン、宇宙人の正体が明かされていきます。

 この様子を見ている中学生たちは、宇宙人はどんな姿をしていていつ登場するのか、地球人が宇宙人や円盤にどのように立ち向かうのかなどを手に汗を握りながら想像し、球人と宇宙人の戦いが始まることを期待して見ていたわけですが、これが一向に宇宙人は姿を現さないのです。

 やがて、宇宙人と連絡を取る方法がわかり、地球人は第三種接近遭遇の準備を開始。宇宙人から受信したデータがワイオミング州のデビルズタワーの位置を示すものであることが判明すると、デビルズタワー周辺から住民を退避させます。実は技術者ロイが作っていた岩山の模型はデビルズタワーの形そっくりだったのです。宇宙人からのメッセージを機械に頼らずに受けていた人間がいたのです。技術者はデビルズタワーに向かいます。

 デビルズタワーにたくさんの円盤が現れる。いよいよ宇宙人と出くわし、戦いが始まる!

 地球人が送った信号によって、たくさんの円盤は飛び去っていきました。いやいや戦いは始まらないぞ。

 すると、デビルズタワーの背後から巨大な円盤が姿を現します。

 色光と音(レミドドソ)でメッセージのやり取りをする宇宙人と地球人。やがて巨大な円盤はデビルズタワーの頂上に着陸、円盤の入り口が開くと、あたりが眩い光で照らされます。その光の中から連れ去られた多くの地球人が返される。その中には連れ去られた幼児もいました。そして、姿を現すたくさんの宇宙人たち。

 結局のところ、宇宙人が何を目的に地球にやってきたのか明かされることはありまでんでした。宇宙人との戦いもありません。

 宇宙人と言えば、すぐに侵略だ戦争だという発想でしたが、「未知との遭遇」を見て実際の世界で宇宙人がやってきたら、このような出会いになるのかもしれないと思うようになりました。遠くに突き進む山間の道路をたくさん落書きしていた記憶があります。

 ところで後年ずいぶん大人になってから見た映画ですが、いやいやそんな平和な出会だけではないよという映画がありました。

 巨大な円盤がやってきてあっという間に地球の侵略を開始する映画「インデペンデンス・デイ」です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

正義の味方 月光仮面参上(1958年2月24)

 「どこの誰かは知らないけれど誰もがみんな知っている」。2月24日は月光仮面のテレビ番組の放映が始まった日です。

 月光仮面が登場する前から「正義の味方」と呼ばれたヒーローはいますが、多くの国民が初めて認知した「正義の味方」と言えば月光仮面でしょう。

6b251_1
函館市さかえ通りにある月光仮面の像
夜明け前「函館と月光仮面の関係」 

 月光仮面の原作者の川内康範さんは「正義の味方」をヒーローの立ち位置として定義づけました。正義とは本来神仏のように普遍的な存在で、「正義の味方」は正義を守ろうとする者ではあるものの正義そのものではないといことです。

 ですから、「正義の味方」は、悪を懲らしめ、善を助けるが、裁きはしません。加えて「正義の味方」は正義を守るのと同時に誰を守るのかという点において、普遍的な正義からぶれた判断や行動をとらざるを得ないこともあります。

 川内康範さんは「正義の味方」を象徴するものとして月を選びました。月光仮面のシンボルが満月ではなく三日月となっているのは、人の善悪や、人の心の変化を月の満ち欠けで表現したからだそうです。月光仮面の詳しい話については、ブログ  光と色と THE NEXT月光仮面|月光|光と色のヒーロー列伝②」をご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

日本でテレビの本放送始まる(昭和28年 1953年2月1日午後2時)

 日本初のテレビ放送はNHKが昭和14年(1939年)5月13日に実施した公開実験で行われました。翌年には公開実験で日本初のテレビドラマが放送されましたが、本放送に向けての計画は日中戦争の影響により頓挫しました。第二次世界大戦後の1945年にGHQによって日本におけるテレビの研究は中止となりましたが、翌年には解禁となりました。そして、昭和23年(1948年)6月4日にNHKが戦後初の公開実験が行い、本放送の計画が再開されました。

 それから5年後の昭和28年(1953年)2月1日午後2時、NHK東京放送局の「JOAK-TV、こちらはNHK東京テレビジョンであります」のアナウンスとともに日本初のテレビの本放送が始まりました。当時のNHK会長の古垣鉄郎は「テレビは国民生活全体の上に革命的ともいえる大きな働きを持つ」と挨拶しました。放送時間は1日約4時間で、テレビカメラはスタジオ用3台、中継用2台の合計5台しかありませんでした。映画やフィルム撮影のニュースは録画放送でしたが、多くの番組が生放送でした。もちろん白黒放送しかありませんでした。受信料は200円で、契約者数は866名でした。

 民放によるテレビ放送の計画はNHKによるテレビ放送開始前から進められていました。昭和28年(1953年)8月28日に日本テレビ放送網が開局し、民放のテレビ放送が始まりました。

 当時の一般のサラリーマンの月給は手取りで1万千円程度、テレビは20万円もしました。高価なテレビを購入することができたのは一部の富裕層のみで、多くの人はテレビを見ることすらできませんでした。そこで、日本テレビ放送網は多くの人々がテレビを見ることができるようにするため、駅や公園や街中に街頭テレビを積極的に設置する戦略を講じました。この戦略は大成功となり、プロレスやボクシングの中継が始まると、街頭テレビの前には人だかりができました。テレビが人を集める効果があり、広告宣伝の効果が極めて高いことを示すことができたのです。最初のコマーシャルは精工舎(現セイコーホールディングス)が提供する時報だったそうです。

街頭テレビでプロレスラー力道山の試合を観戦する群衆
街頭テレビでプロレスラー力道山の試合を観戦する群衆

 その後、多くの民間放送局が開局し、テレビ放送がラジオ放送に替わって主流になってきました。そして、昭和35年(1960年)9月10日、カラーテレビの放送が始まると、本格的なテレビの時代が到来したのです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

ビートルズの最後のライブ(1969年1月30日)

 1962年10月5日、イギリスのリバプール出身のバンド、ビートルズがシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」でデビューしました。「ラヴ・ミー・ドゥ」はミュージック・ウィーク誌トップ50で17位でした。約1ヶ月後の11月5日に発表した2枚目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がメロディー・メーカー誌のトップ50で1位となると、ビートルズは一躍脚光を浴びて人気グループとなり、ここにビートルズの輝かしい歴史がスタートしました。

 ビートルズは数年後にはワールド・ツァーを開始し、世界各国で最も有名な大人気のロックバンドになりました。1966年6月には武道館で日本公演を行いました。1966年10月にワールド・ツァーが終了すると、ビートルズはスタジオ録音を中心とした音楽活動や映画制作を進めました。

 1969年1月、レコーディングと映画の撮影のため映画スタジオでトゥイッケナム・スタジオでゲット・バック・セッションを開始しましたが、メンバー同士の人間関係の悪化が目立つようになってきました。ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンが対立し、ジョージが参加を拒否します。話し合いの結果、ジョージは復帰することになりましたが、彼の要望により、スタジオをビートルズのアップル・コア社があったサヴィル・ロウに移動し、セッション・プレイヤーとしてビリー・プレストンを参加させての再開となりました。

 このスタジオで録音された楽曲はアルバムとして直ちにリリースされず、次作「アビイ・ロード」が1969年9月に先に発表されました。このことから長らくの間ビートルズが最後に収録したアルバムは「アビイ・ロード」と考えられていましたが、1990年代になってゲット・バック・セッションが「アビイ・ロード」の発表後も続いていたことが判明しました。これによってビートルズの最終アルバムはゲット・バック・セッションの録音を中心に制作された「レット・イット・ビー」であることがわかりました。

 さて、ビートルズはゲットバックセッションの中でライブ・コンサートを収録する計画を立てていました。このコンサートは事前に通知されることなく、1969年1月30日午後にアップル・コア社の屋上で行われました。突如としてロンドンのビジネス街で始まったビートルズのコンサートを見ようと、路上ではたくさんの人がアップル・コア社の屋上を見上げ、近くのビルの屋上にもたくさんの人が集まり、警察がビートルズの演奏を制止するために出動する事態となりました。

 ビートルズは警察官が屋上に到着した後もそのまま演奏を42分間にわたって続けコンサートを終了しました。ポールは最後の曲「ゲット・バック」で「You've been playing on the roofs again, and you know your Momma doesn't like it, she's gonna have you arrested!(また屋上で遊んでるよね。ママが好きじゃないことは知ってるよ。ママに逮捕されるよ)」と歌詞を替えて歌いました。すべの曲の演奏が終わると、ジョン・レノンが「I'd like to say "Thank you" on behalf of the group and ourselves and I hope we passed the audition.(グループと我々を代表して「ありがとう」と言いたい。オーディションに通ったことと願っています)」とジョークを飛ばしました。

 このコンサートは「ルーフトップコンサート」と呼ばれ、ビートルズの最期のコンサートとなり、映画「レット・イット・ビー」のラストでみることができます。ビートルズは映画「レット・イット・ビー」の公開から1年も経たない1971年3月に解散するに至りました。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

八王子「桑都物語」日本遺産認定記念番組|J:COMチャンネル

 東京としては初めて日本遺産に認定された八王子の桑都物語は、養蚕や織物で発展してきた桑都と呼ばれて八王子の歴史を、人々が霊山として信仰してきた高尾山とのつながりによって、過去から現在、そして未来へと紡いでいくものです。

 高尾山をはじめ、八王子城跡、滝山城跡、八王子車人形、八王子まつりなど、29の構成文化財を掲げ八王子の魅力を語ります。29の構成文化財の一覧は八王子市のホームページ「ストーリーの構成文化財」に掲載されています。

 本日、J:COMチャンネルで日本遺産に認定されたストーリーの構成文化財のうち25番目の「八王子車人形および説経浄瑠璃」、28番目の「八王子芸妓」が記念演目とともに紹介されます。

Photo_20210124120101
八王子芸妓

J:COMチャンネル

[八王子]日本遺産認定記念番組 「静と動」 ▽桑都が紡いだ伝統文化のわざとこころ

J:COMチャンネル八王子 1月24日(日)20:00から

J:COMチャンネル東 京 1月24日(日)22:00から

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

南極探検隊タロ・ジロの日(1954年1月14日)

 1956年11月8日、南極観測船「宗谷」は第1次南極観測隊を乗せて東京湾を出向しました。宗谷には隊員の他に22頭の樺太犬が乗っていました。犬たちの役割は南極で犬ぞりを引くことでした。

 第一次観測隊は1957年1月に南極に到着、オングル島に観測基地を設営し、その基地を昭和基地と名付けました。そして、第1次越冬隊が結成され、越冬隊員11名と犬たちの1年間にわたる越冬が始まり、宗谷は越冬隊と犬たちを昭和基地に残して、日本に帰国しました。厳しい環境の中で、犬たちは良く働きましたが、残念なことに、行方不明になってしまった犬や死んでしまった犬もいました。22頭の犬の中には、シロという名前の雌犬が1匹だけいました。シロは越冬中に子犬を産みました。

 1958年2月、第2次観測隊を乗せた宗谷が再び南極を訪れました。第1次越冬隊と任務を交代する予定でした。ところが、宗谷が昭和基地の約140 km手前の洋上で、南極の厚い氷に行く手を阻まれ、南極に上陸できない状態となりました。さらに悪天候が続き、第2次越冬隊の派遣を断念せざるを得ない状況にまでなってしまいました。

 第1次越冬隊は無事に救助され、シロと子犬たちは隊員たちに連れられて、宗谷に戻ることができました。しかし、15頭の犬たちは昭和基地に残されました。隊員たちは後で必ず迎えにくるからと、15頭の犬たちを鎖につなぎ、1ヶ月分の食料を与えて基地を後にしたのです。隊員たちは宗谷で天候の回復を待ちましたが、燃料や食料がぎりぎりになり、ついに犬たちを迎えに行くことができないまま帰国せざるを得なくなりました。

 多くの人たちが犬たちの生存に悲観的でした。南極という厳しい環境の中で、鎖につながれた犬たちが生きていけるはずがありません。なぜ犬たちを南極に置き去りにしたのかという厳しい批判が観測隊に向けられました。

 南極に連れていった樺太犬たちは、もともとは飼い犬でした。観測隊が、飼い主に頼み込んで借りてきた犬たちでした。飼い主たちの悲しみはとても深かったのです。観測隊員は飼い主のところにシロの子どもを連れていったりしたらしいのですが、それは自分の犬ではないと悲しんだ飼い主もいたそうです。

 1959年、第3次南極観測隊を乗せた宗谷は昭和基地近くの洋上からヘリコプターを飛ばしました。基地の様子を見るためです。同年1月14日、2頭の犬を発見したという無線が飛び込んできたのです。なんと極寒の中でタロとジロの2頭だけが奇跡的に生きのびていたのです。このニュースに世界中の人たちが感動しました。

 タロとジロが生き延びたのは、決して奇跡ではないという考えもあります。樺太犬はもともと寒さに強い犬であること。体力が十分についた年齢だったこと。南極は天然の冷凍庫で、越冬隊の残飯やアザラシの肉などが腐らずにあったこと。鎖が切れたこと。どうやって、タロとジロが生き延びたのかは2頭の犬にしかわかりませんが、彼らが彼らの力で生き抜いたという事実を奇跡と簡単にはいえないでしょう。

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年1月 3日 (日)

NHK紅白音楽合戦(昭和26年 1951年1月3日)

 年末に放送されたNHK第71回紅白歌合戦。新型コロナウイルスの影響で初の無観客開催となりました。さて、紅白歌合戦の第1回は昭和26年(1951年)1月3日20:00〜21:00にNHKラジオ第一で放送されました。当時の番組名は紅白音楽合戦でしたが、現在ではこれが第1回NHK紅白歌合戦とされています。

 実は昭和20年(1945年)12月31日22:30〜0:00に紅白音楽合戦の前身である紅白音楽試合が放送されていました。番組終了の0:00には除夜鐘の音が生放送され、現在の紅白歌合戦からゆく年くる年までの年越しの流れの原型ができあがっていました。

 この紅白音楽試合がNHK紅白歌合戦の第1回とならなかったのは、当時は同じ番組を毎年繰り返して放送することは企画能力のなさを露呈することになるとタブー視され慣例がなかったからです。紅白音楽試合は非公開ながら大反響となりましたが、翌年以降の年末には別名の音楽番組が放送されました。

 しかしながら、紅白音楽試合があまりにも人気だったため、NHKは6年後の昭和26年(1951年)1月3日にNHK東京放送会館ラジオ第1スタジオから紅白音楽合戦を放送しました。紅白音楽試合は非公開で無観客でしたが、紅白音楽合戦には約300人の観客を入れての公開放送となりました。放送日が年末から正月に変更になったのは、前述のタブー視が関係しており、年末番組を正月番組としたからのようです。また、番組名が試合から合戦に変わっていますが、昭和20年に放送された紅白音楽試合も元々は紅白音楽合戦として企画されていたそうです。終戦後間もない放送のため、GHQの指導により合戦という言葉を試合に変えた経緯がありました。いろいろな経緯がありましたが、紅白音楽合戦はラジオの電波にのって日本中に流れ、たくさんの国民が歌手たちの歌声を楽しみました。

 さて、紅白音楽合戦も翌年以降に放送する予定がなかったため、第1回紅白音楽合戦とういう番組名にはなりませんでした。しかしながら、大反響となった番組への期待は高く、その後も特別番組として昭和27年(1952年)1月3日、昭和28年(1953年)1月2日に放送されました。そのため、これらの番組名にも第2回、第3回はつけられていません。昭和28年(1953年)の放送は2月1日からのNHKテレビ放送を控えていたため、テレビの実験放送が行われました。番組の反響に加え、テレビ放送が始まったことに後押しされて、次回以降は毎年末に放送されることになりました。そして、昭和28年(1953年)12月31日に第4回NHK紅白歌合戦が放送され、このとき初めて番組名に第4回とつけられました。

 ところで昨年が2020年で第71回、さかのぼると1950年からの放送になるはずですが(2020-1950+1=71)、第1回は1951年です。これは1953年に正月と年末に2回放送されたからです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

ゆく年くる年の放映が終了(1989年12月31日)

 大晦日、「NHK紅白歌合戦」が終わる午後11時45分に画面が寺社からの中継に切り替わり「ゆく年くる年」が始まります。元日の午前1時15分までの30分に渡り、厳かな雰囲気で年末年始が伝えられます。紅白歌合戦を見ていなくても除夜の鐘の音を聴きながら「ゆく年くる年」を見ているという人も多いのではないでしょうか。

Photo_20201224165201
除夜の鐘

 さて、本記事の「ゆく年くる年の放映終了」ですが、もちろんNHKの「ゆく年くる年」は今でも続いています。何が放映終了なのかというと、実はかつては民放でも同じ題名の「ゆく年くる年」という番組が放映されていたのです。この番組は在京のテレビ局が幹事局となって持ち回りで制作し、全国の民放テレビ局が同じ内容の番組を一斉に放送していました。ですから、自分が子ども頃は大晦日の夜はどのチャンネルを回しても「ゆく年くる年」をやっていたのです。民放のどれかを見るか、NHKを見るか、どcっちらかを選ぶしかありませんでした。

 番組のスポンサーは時を刻む時計のセイコーが提供しており、年越しに向けて蛍の光が合唱され、午前0時にはセイコーの時計が新年を告げる時報を鳴りました。

 この民放が共同制作で放映していた「ゆく年くる年」は1956/57年に放送開始しされ長きに渡り続いていましたが、1988年末に次回の制作担当のテレビ東京が番組制作の辞退を申し入れ、スポンサーのセイコーもこれを了承したことで番組を終了することが決まりました。これにより放送開始から32年目の1988/1989年の放送が最終回になりました。

 テレビ東京の辞退で簡単に番組が終了したかというと、製作費が高騰して、各局の負担となっていたからです。また、すべての局が同じ番組を放映するのは時代遅れになりつつあったからです。多くの局がそろそろ番組を終了したいと考えたいたところにテレビ東京からの辞退があり、それでは終了しましょうということになったようです。翌年からは各局は独自の年越し番組を放送するようになりました。

 さて、令和2年(2020年)も本日で終わりです。本ブログは2007年3月にスタートしましたが、2014年あたりからしばらく休止し、2020年4月に再開しました。拙い記事をお読み頂き、ありがとうございます。来年も懲りずにいろいろな記事を掲載していきたいと考えております。

 来年もよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

シネマトグラフの日(1895年12月28日)

 シネマトグラフはフランスのオーギュスト・リュミエール、ルイ・リュミエールのリュミエール兄弟が1895年に発明した動画をスクリーンに映し出すことができる映写機です。リュミエール兄弟は1894年にシネマトグラフで世界初の映画「工場の出口」を制作し、試写会を行いました。

上映中のシネマトグラフと映画「工場の出口」
上映中のシネマトグラフと映画「工場の出口」

 そして、1895年12月28日にパリのサロン・ナンディアン(現ホテル・スクリーブ・パリ)で「工場の出口」を含む10本の映画が観客を集めて上映されました。これが世界初の映画の商業公開となりました。下記はドイツでの興業の際の宣伝ポスターです。

Photo_20201223132301
ドイツのシネマトグラフのポスター

 シネマトグラフは日本には1897年にやってきました。同年2月15日に大阪で自動写真という名前で上映されました。自動写真の噂は瞬く間に広がり、連日の上映は人が並ぶほど大人気となりました。

 活動写真や映画がどのように開発されたのかについては、ブログ「光と色と THE NEXT」の「活動写真と映画の始まり|ゾエトロープからシネマトグラフへ」をご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

霊気満山 高尾山|BS-TBS 日本遺産スペシャル

 2020年6月19日に東京都八王子市にある高尾山の物語「霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」が文化庁の「日本遺産」に認定されました。東京都内としては「日本遺産」が認定されたのは今回が初めてです。

 桑都物語は、養蚕や織物で発展してきた桑都と呼ばれて八王子の歴史を、人々が霊山として信仰してきた高尾山とのつながりによって、過去から現在、そして未来へと紡いでいきます。高尾山をはじめ、八王子城跡、滝山城跡、八王子車人形、八王子まつりなど、29の構成文化財を掲げ八王子の魅力を語ります。29の構成文化財の一覧は八王子市のホームページ「ストーリーの構成文化財」に掲載されています。

12月27日(日)午後1時よりBS-TBSにて、日本遺産スペシャルが放送されます。

構成文化財の28番目には八王子芸妓が登録されており、日本遺産スペシャルには八王子芸妓衆も登場するそうです。

霊気満山 高尾山
~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~

Photo_20201226175001

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧