カテゴリー「旅行・地域」の151件の記事

2022年5月16日 (月)

旅の日(1689年5月16日)

 5月16日は「旅の日」です。松尾芭蕉が1689年5月16日(旧暦 元禄2年1869年3月27日)に「奥の細道」の旅に出発したことに由来し、1988年に「日本旅のペンクラブ」が制定しました。「日本旅のペンクラブ」の「旅の日」のページによると「年に一度、旅を愛する人々が集い、日本人の旅行観や旅行関連業界の将来など、旅について考え、語り合う機会」とされています。

 ところで芭蕉が156日をかけて約450里(1768キロメートル)に渡る「奥の細道」の旅をしたのは45歳のときでした。1日の平均移動距離は7里半(約30キロメートル)に及び40キロメートル以上歩いた日もありました。このことから芭蕉の正体は忍者で幕府の密命により東北を調査するための旅をしたという説があります。

 しかしながら当時の男性は1日10里(約39キロメートル)は歩くことができたそうです。東海道なら江戸の日本橋から京都の三条大橋までの124里124里8丁(約488キロメートル)を13日で歩きました。つまり1日あた9.6里(37.5キロメートル)も歩いていたのです。このことを考えると、松尾芭蕉が歩いた距離は当時の男性より少し速かったぐらいでしかありません。忍者は1日40里(160キロメートル)移動するそうですから芭蕉の歩行速度は忍者には及びません。

 「奥の細道」の旅で芭蕉に同行した河合曾良という人物がいます。曾良は長野県諏訪の出身で芭蕉との旅を終えた1709年に幕府の巡見使随員として九州諸国の大名の監視の旅に出ています。もしかすると曾良には忍者の素養があったのかもしれません。

松尾芭蕉と河合曾良
松尾芭蕉(左)と河合曾良(右)
森川許六作

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

西表島を「いりおもてじま」と読む由来

 石垣島の西方にある西表島。八重山列島のひとつで沖縄県八重山郡竹富町に属します。イリオモテヤマネコでも有名な大自然に恵まれた西表島は動植物の多様性が認められ2021年に世界自然遺産に登録されました。

 さて西表は「いりおもて」と読みます。西を「いり」と読むのですがこれは沖縄の言葉に由来します。日の出と日の入りから、太陽が昇る東を「上がり」、沈む西を「入り」と読みました。西表島は石垣島からちょうど西にありますから日の入る方角にあります。表は石垣島の於茂登岳(おもとだけ)を意味し、於茂登岳の西にある島ということで西表島と呼ばれるようになったと考えられています。

西表島と石垣島
西表島と石垣島

 それでは石垣島から見て東の方向にある島は東表島(あがりおもてじま)と呼ばれるのでしょうか。石垣島近辺の東方の海にはそもそも島がありませんので残念ながら東表島と呼べるような島はありません。

西表島の自然図鑑 (ネイチャーガイド)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

舞浜の由来は「浦安の舞」だった|東京ディズニーランド開園(1983年4月15日)

 千葉県浦安市の東京ディズニーランドが開園したのは1983年4月15日です。子どもの頃はディズニーランドと言えば遠いアメリカにある夢の遊園地。そのディズニーランドが日本にできると聞いて喜んだものです。とはいえ当時は地方に住んでいたので東京に行く機会もそれほどあったわけではありません。それでも1986年に始めてディズニーランドに行くことができました。当時は「ビッグサンダー・マウンテン」「スプラッシュ・マウンテン」はなく「スペース・マウンテン」に乗った記憶があります。その後に言ったのは5周年を迎えた1988年だったと思います。このときは長い行列に並びましたが「ビッグサンダー・マウンテン」に乗ることができました。

ディズニーランド開園5周年特集 週間毎日グラフ(1988年5月8/15日合併号)
自宅で発見した週間毎日グラフ(1988年5月8/15日合併号)
ディズニーランド開園5周年特集

 ところでディズニーランドのある舞浜はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが存在する米国フロリダ州のマイアミに因んで名付けられたというのが定説でした。このブログでも「舞浜の由来はマイアミだった」という記事を2014年に掲載していますが、どうやらこの定説は覆ったようです。

 浦安市のホームページの「地域名の由来」には次のように記載されています。

【浦安市行政区画、19大字の一つです。第1期海面埋立事業で昭和50年11月29日誕生。字名(地区名)「舞浜」は、日本の代表的な神楽舞「浦安の舞」にちなんで名付けられました。舞浜の由来については、これまで、浦安市史(昭和60年3月発行)などで『大規模レジャーランド(東京ディズニーランド)が建設される地域であるため、アメリカ合衆国のディズニーワールドの近くにあるマイアミビーチにちなんで命名された。』としてきました。しかし、前市史の記述を検証する中で、昭和50年11月29日の町議会において、熊川好生町長(当時)が「浦安の舞にちなんで舞浜と名付けた」と説明し、可決されたという事実を再確認したことから、前市史などの記述を改め、「浦安の舞」を地名の由来とします。】もともとマイアミ説も十分な確証がなかったようで、浦安市史を調べているうちに今回の町議会の記録が見つかったということなのだと思います。

 

 さて浦安の舞は巫女神楽のひとつで、昭和15年(1940年)11月10日に開かれる「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせて作られたものです。なぜ、この舞が「浦安の」なのでしょうか。古語で「うら」は心を意味するそうです。「うら寂し」「うら悲し」などの言葉がありますが、この「うら」と同じです。一方の「やす」は平穏を意味します。つまり、「うらやす」は心の平穏を意味します。それに加えて、「浦安国」が日本国の別称であるということも関係しています。日本書紀にも「昔伊弉諾尊目此国曰。日本者浦安国。」とあるようです。これが「浦安の舞」の由来です。

神楽 浦安の舞

 浦安市の語源は、前身の浦安村に由来します。浦安村は明治22年(1889年)に堀江、猫実、当代島の3村が合併してできた村だそうです。浦安市の「浦安村の誕生」には浦安村の命名について次のように記載されています。

【当時漁村であった当地の漁浦の安泰を祈願する意味で、初代村長新井甚左衛門によって名付けられたといわれています。また、一説には日本国は昔「浦安の国」と称したことから、この名を採用したともいわれています。】

 魚浦の安泰を祈願する意味で「浦安」と命名したとあります。「浦安国」の浦安とも一致したため、これは良いということになり、採用されたのではないでしょうか。

 いずれにしても、舞浜がマイアミビーチに由来するという説は覆り、浦安の舞に由来するということになりました。マイアミビーチだから舞浜にしたという説が都市伝説的なものなのか、あるいはこの話も本当にあったのかどうかも興味深いところです。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

エッフェル塔落成記念日(1889年3月31日)

 パリのシャン・ド・マルス公園の北西に位置するエッフェル塔。このフランスの象徴的な建造物は1889年にパリで開催されたフランス革命100周年を記念する第4回万国博覧会に向けて建造されました。

 18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命により工業化が進むと、ヨーロッパ各国で高さ150メートル程度の高層の教会が建造されるようになりました。1884年に米国ワシントンD.C.に独立戦争における初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称えるワシントン記念塔が建造されると、この高さ169メートルのオベリスクが世界最大の建造物となりました。第4回万国博覧会がパリで開催されることが決まったはこの年でした。

 第4回万国博覧会を構想するに当たってフランス革命100周年にふさわしい人目を引くような特段のプロジェクトはありませんでした。そこで高さ300メートルの鉄塔を建ててパリの万博博覧会のシンボルとしようと考えたのが建設会社エッフェル社の鉄骨構造物研究部長モーリス・ケクランと組立工法部長エミーユ・ヌーギエでした。2人は1884年6月に4脚で立つ鉄塔の原案を作成しましたが、そのデザインは鉄塔としては技術的に優れていましたが万国博覧会にふさわしいものではありませんでした。そこで建築部長ステファン・ソーヴェストルが原案に修正を加え、1階部分を万国博覧会のゲートを彷彿させるアーチ状にすることによってプランが完成しました。その後、エッフェル社の社長ギュスターヴ・エッフェルがエッフェル塔の建設実現に尽力しました。1886年に開かれた万博博覧会の建造物のコンペティションでエッフェル塔が満場一致で選ばれました。

 エッフェル塔はシャン・ド・マルス公園に建設されることになり、1887年1月28日に起工式が行われました。4本の脚から建設が始まり、翌1888年3月に1階展望台、8月に2階展望台が完成し、1889年3月30日に竣工しました。同年3月31日に当時のフランス首相ピエール・エマニュエル・ティラールらを招いて竣工式が行われ、この日がエッフェル塔落成記念日となりました。建設当時、エッフェル塔は高さ312.3メートルで世界一高い建造物となりました。 

左:建設中の4本の脚(1888年) 右:エッフェル塔(1889年)
左:建設中の4本の脚(1888年) 右:エッフェル塔(1889年)

 エッフェル塔の総工費は650万フランでしたがフランス政府からの補助金は150万フランしかありませんでした。しかも1909年にエッフェル塔をパリ市に寄贈するという条件付きでした。エッフェルは総工費を自ら金策し、1909年までの入場料を建設費の返済に当てました。

 1889年のパリ万国博覧会ではエッフェル塔は大人気となりたくさんの人々が訪れました。1900年に万国博覧会が再度パリで開催されることになると再び多くの人々が訪れましたが、やがて入場者数は減少していきました。そのため1909年のパリ市への寄贈後は解体される見込みとなりました。しかしながら、1904年に軍事用無線電波をエッフェル塔で送受信することになり解体を免れました。以降、エッフェル塔は観光用ランドマークとしてだけでなく重要な電波塔として活躍することになりました。1957年にはアンテナなどの設置により高さ321メートルとなりました。

【関連記事】

パリのエトワール凱旋門が完成(1836年7月29日)

エンパイアステートビルがオープン(1931年5月1日)

ゴールデン・ゲート・ブリッジが建設開始(1933年1月5日)

東京タワーの完工式(1958年12月23日)

レインボーブリッジの開通日(1993年8月26日)

東京スカイツリー開業(2012年5月22日)


人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

八甲田トンネル開通(2005年2月27日)

 東北新幹線が埼玉県の大宮駅と岩手県の盛岡駅を結んだのは1982年(昭和57年)6月23日です。1985年(昭和60年)3月14日に上野駅まで延伸され、1991年(平成3年)6月20日に東京駅まで延伸されました。以降は盛岡駅から新青森駅を目指し八戸駅まで延伸されたのが2002年(平成14年)12月1日です。

 従来の東北本線は八戸駅を出て三沢駅・野辺地駅・浅虫温泉駅などを経て北回りで青森駅に向かいました。北回りとなった理由は八戸の西方には八甲田山系があり都市が少なかったことなどがあげられます。また八甲田山系を貫く長距離のトンネルを掘るのは困難だったのです。

 速度向上と所要時間の短縮を重視する東北新幹線では北回りの路線は選ばれず八甲田山系の北側に八甲田トンネルを建設することになりました。東北新幹線は八戸駅から七戸の方面に延伸され青森をめざすことになりました。そして八甲田山系の東側に七戸十和田駅、西側に新青森駅が設置されることになりました。八甲田トンネルは1998年8月に着工され、約7年後の2005年2月27日に貫通しました。その後、トンネル内の整備が進められ、2010年12月4日に東北新幹線の八戸駅-新青森駅間の開業に伴い運用が開始されました。現在、八戸駅から青森駅までの旧東北本線は青い森鉄道として第三セクターの青い森鉄道株式会社によって運用されています。

八甲田トンネル
八甲田トンネル

 八甲田トンネルは七戸十和田駅と 新青森駅の間に位置し青森市東部の東岳山の折紙山の北川の麓を貫いています。その全長は26.455 kmで岩手一戸トンネルの25.808 kmを抜いて陸上鉄道トンネルとしては世界一の長さとなりましたが2005年4月28日にスイスのレッチュベルクベーストンネル(34.577 km)が貫通しわずか2ヶ月で世界一の座を失いました。しかしながら、レッチュベルクベーストンネルは単線であり、複線の陸上トンネルとしては八甲田トンネルが世界一となっています。

【関連記事】

清水トンネルが貫通(1929年12月29日)

青函トンネル営業開始(1988年3月13日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

富士山の日(2月23日)

 2月23日は語呂合わせ「ふ(2)じ(2)さん(3)」から富士山の日とされています。「富士山の日」は山梨県富士河口湖町(当時は山梨県河口湖町)と静岡県がそれぞれ2001年12月と2009年12月に制定しています。山梨県河口湖町は「富士山の恩恵に対する感謝を表すとともに、富士山の環境保全ならびに観光資源としての重要性を認識する機会」、静岡県は「県民が富士山について学び、考え、想いを寄せ、富士山憲章の理念に基づき、後世に引き継ぐことを期する日(静岡県富士山の日条例)」としています。

富士山
富士山

 さて「富士山の日」を最初に制定したのは自治体ではなくパソコン通信NiftyServe(現@nifty)のフォーラム「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」です。1996年(平成4年)1月に日本記念日協会に登録されました。日本記念日協会のサイトで「富士山の日」を検索すると下記の説明が表示されます。

『オンラインを通じて、全国一斉に富士山の見え具合をネット上で報告し合うなど、富士山をテーマとした活動を活発に行っているパソコン通信上の「山の展望と地図のフォーラム」が制定。日付は2と23で「富士山(ふじさん)」と読む語呂合わせと、この時期は富士山がよく望めることから』(引用:一般社団法人・日本記念日協会

 「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」は@niftyのフォーラム終了後もこちら(FYAMAP)で現在も活動が続いています。自分もNiftyServeをよく利用していました。あるフォーラムのSUBSYSを努めていた関係でこちらのフォーラムもNifTermやNif-Xで自動巡回していました。

【関連記事】

富士山測候所記念日(1895年8月30日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年1月20日 (木)

日本初の海外パックツアー開始(昭和40年 1965年1月20日)

 第二次世界大戦が始まると日本政府によって一般人の海外旅行は規制されていました。第二次世界大戦後はGHQが日本人の海外旅行を厳しく制限しました。海外への渡航には仕事や留学などの目的がなければ許可されない状況が続きました。

 昭和38年(1963年)4月に仕事による渡航が一般化されましたが、外貨の持ち出しは年間総額500ドル以内に制限されていました。観光旅行などの目的で自由に渡航できるようになったのは1964年東京オリンピック開催年の昭和39年(1964年)4月です。渡航年1回で外貨の持ち出しは500ドル以内の制限がありましたが、昭和40年(1965年)1月20日に日本航空が日本発の海外パッケージツアー「ジャルパック」の販売を開始しました。

 昭和41年(1966年)1月に年1回の制限が外され渡航1回あたり500ドル以内の海外旅行が自由化されると富裕層を中心に海外旅行客が次第に増え始めました。しかしながら1970年代前半までは海外旅行は庶民にとっては高嶺の花でした。世界の観光地などを題材にしたテレビ番組が人気を博し多くの人々は「バーチャルな」海外旅行を楽しんだのです。また海外旅行を優勝賞品としたを視聴者参加型クイズ番組や懸賞付き賞品などが人気となりました。

昭和40年頃の東京国際空港(羽田空港)
昭和40年頃の東京国際空港(羽田空港)

 札幌オリンピックが開催した昭和47年(1972年)には海外渡航者が100万人を超えました。1970年にはジャンボジェット・ボーイング747が就航し団体旅行の運賃が大きく値下げされました。また日本は1971年のニクソン・ショックまで1ドル360円の固定相場制でしたが1973年から変動相場制に移行したことにより円高が進み海外渡航費用が下がりました。1985年に為替レートの安定化を目的とした先進5カ国国によるプラザ合意が行われさらに円高が進みました。また米国を初めとした各国で日本人の短期滞在渡航ビザが免除になるなど海外旅行に行きやすい環境が整いました。

 現在COVID-19の影響で海外渡航は制限されていますが、もうしばらく辛抱すると以前のように海外旅行ができるようになるでしょう。

【関連記事】

日本の空にキャビンアテンダント登場(1931年3月5日)

羽田空港が開港(1931年8月25日)

純国産飛行機「神風号」がロンドンに到着(1937年4月9日)

世界初のジェット旅客機の初飛行(1949年7月27日)

YS-11初公開|YS-11記念日(昭和37年 1962年7月11日)

ボーイング747が就航(1970年1月22日)

 

世界の車窓から 特別編集版

 

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

明治神宮へ初詣(昭和40年1965年1月1日)

 新年、あけましておめでとうございます。

 いつも本ブログをご覧くださりありがとうございます。

 今年もよろしくお願い致します。

 さて元日と言えば初詣です。初詣は大晦日が過ぎ年が明けてから初めて神社仏閣に参拝することです。一年の感謝と新たに迎えた年の無事と平安を氏神様や恵方の方角の寺社に祈願します。

 恵方はその年の歳徳神が存在する方角のことで、十干(じっかん)と十二支の方角によって決まります。十干とは方角を「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」で表したもので、十二支は方角を「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」で表したものです。十干と十二支を組み合わせることによって、さまざま方角を表すことができます。今年2022年は壬寅(みずのえとら)で恵方は北北西になります。

 初詣にはこれといった決まりはありませんが一般的には1月3日までに参拝することを初詣と呼ぶことが多いようです。また複数の神社仏閣をそれぞれ初詣して、それぞれのご利益を得る習慣もあります。

 さて今年もコロナ禍で参拝を制限している神社仏閣が多いようです。明治神宮は明治神宮 終夜参拝取りやめのようです。

 次の写真は昭和40年(1965年)1月1日に明治神宮へ初詣の様子を撮影したものです。たくさんの人が明治神宮に参拝に訪れています。お巡りさんも警戒しています。

明治神宮に初詣に訪れた人々(昭和48年 1965年1月1日)
明治神宮に初詣に訪れた人々(昭和40年 1965年1月1日)

 この人混みの中を進んでやっと本殿前に到着です。これは南神門でしょうか。たくさんの人が中に入っていきます。

明治神宮の本殿前(昭和48年)
明治神宮の本殿前(昭和40年)

 やっと賽銭箱前に到着、たくさんの人が投げ入れています。保護メガネをかけたお巡りさんが一番前に並んで警戒しています。

明治神宮の賽銭箱前(昭和48年)
明治神宮の賽銭箱前(昭和40年)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

温泉猿(函館市熱帯植物園)

 この時期になると函館市熱帯植物園ではサル山のサル達が温泉に浸かっているところを見ることができます。

猿山の温泉(函館市熱帯植物園)
猿山の温泉(函館市熱帯植物園)

 ズームで撮影してみると分かりますが、ずいぶん気持ちよさそうな顔をしています。

温泉につかるニホンザル
温泉につかるニホンザル

中には瞑想中のサルもいるよです。

温泉で瞑想するニホンザルと毛の抜けたニホンザル
温泉で瞑想するニホンザルと毛の抜けたニホンザル

 ところで手前のサルの毛が抜けていますがこれは病気ではありません。温泉に入っているうちに自然に抜けて生え換わるそうです。

 サルたちは温泉で温まっていますがサル山の地下のねぐらには暖房がありません。サルたちは身を寄せ合いながら寝ているようですが寒さのためか夜中に温泉に入りに来るサルもいるようです。

 植物園のサイトのトップページに掲載されているYouTubeの映像です。

函館市熱帯植物園 子サルが温泉にダイビング!

【関連記事】

ニホンザルの毛づくろい

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年12月 9日 (木)

北海道しそ焼酎「鍛高譚」の日(1992年12月9日)

 北海道の居酒屋さんに行くと良く飲むのが焼酎の「鍛高譚」です。焼酎というと芋や麦が多いのですが、「鍛高譚」は紫蘇(しそ)の焼酎です。「鍛高譚」は北海道白糠町産の赤シソと大雪山を望む旭川の水を使用しています。昔からあったわけではなく1992年(平成4年)12月9日に発売されました。2017年(平成29年)に発売25周年となったことを記念し販売元のオエノンホールディングス株式会社が12月9日を「鍛高譚の日」と制定し日本記念日協会により登録されました。

しそ焼酎「鍛高譚」のラベル
しそ焼酎「鍛高譚」のラベル

 さて「鍛高譚」の「鍛高」は魚類のカレイのことで、「譚」はお話という意味です。「鍛高譚」のラベルにはカレイと赤しそと動物の絵が描いてありますが、その由来にはちょっとしたお話があります。ご興味がありましたら下記の関連記事をご覧ください。

【関連記事】

シソ焼酎 「鍛高譚」 の由来 読み方と意味も

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧