カテゴリー「グルメ・クッキング」の198件の記事

2021年2月28日 (日)

ビスケットの日(2月28日)

 2月28日は「ビスケットの日」です。昭和55年(1980年)に全国ビスケット協会が、ビスケットのゆかりの人物「柴田方庵」の業績から制定しました。

 江戸時代の蘭学者・医師の柴田方庵は寛政12年(1800年)に常陸国で生まれ、14才に江戸に出て儒学と医学を学びました。天保2年(1831年)に長崎へ出て、シーボルトの門弟やオランダ軍医オットー・モーニッケのもとで西洋医学を学びます。モーニッケは牛痘の接種を方庵に指導しました。方庵は日本で初めて牛痘の接種を行った1人となり、各地で牛痘の接種を行い普及に努めました。

 方庵は長崎で医業を行う傍で御目見得格として長崎や海外の情報を水戸藩に伝えていました。水戸藩の萩信之助は西洋の「パン・ビスコイト」の製造方法を習得して報告するよう方庵に依頼しました。「ビスコイト」はオランダ語でビスケットのことです。

 方庵はオランダ人の職人から「パン・ビスコイト」の製法を学びました。そして、安政2年(1855年)2月28日(旧暦)に「パン・ビスコイト」の製法を書いた手紙を水戸藩に送りました。この日を記念してビスケットの日は2月8日とされました。

 また、ビスケットの語源はラテン語で2度焼かれたものを意味することから、二(2)度、焼(8)かれたものという語呂合わせも記念日制定の由来に加えられました。旧暦の2月28日は新暦では4月14日ですので、語呂合わせから旧暦2月8日を選んだのではないかと思います。

 なぜ水戸藩は「パン・ビスコイト」の製法が必要だったのでしょうか。「パン・ビスコイト」は西欧の保存食で兵糧になると考えたようです。当時の水戸藩は第九代藩主の徳川慶篤(とくがわよしあつ)の時代でした。父の徳川斉昭(とくがわ なりあき)は将軍徳川慶喜の実父ですが、軍事訓練を進め鉄砲の一斉射撃を行ったり、仏教弾圧の罪を行ったりしたことを幕府に問われて1844年に隠居させられ家督を慶篤に譲ります。

 その後、斉昭は藩政に復帰しますが、嘉永6年(1853年)にペリーの艦隊が浦賀に来航すると、開国に反対する攘夷論を主張します。後年、開国論を主張する井伊直弼と対立し、政争で負けてしまいます。

 安政5年(1858年)、大老となった直弼は日米修好通商条約を勅許することなく独断に調印しました。また、このとき斉昭は第十四代将軍として実子の慶喜を推挙していましたが、直弼は自分が推挙していた徳川家茂を第十四代将軍に就任させました。このことに対して斉昭は同年に賛同する尾張藩主と福井藩主と共に直弼を詰問しましたが、逆に江戸城に無断で登城した責任を追求され水戸屋敷での謹慎を命じられます。

 直弼の日米修好通商条約の調印は無勅許だったため、孝明天皇は水戸藩に幕政改革を命じる勅書を下賜しました。これを「戊午の密勅」と言いますが、直弼は将軍と江戸幕府が蔑ろにされたとして「安政の大獄」の弾圧を開始し、これにより斉昭は水戸での永久蟄居を命じられました。このとき、慶篤も登城停止とされてしまいます。その後、尊王攘夷派が幕府の実験を握ったため、水戸藩は復権しますが、このように水戸藩は波乱万丈だったのです。

 こうした経緯がビスケットの製法を入手するきっかけになったのかどうかはわかりませんが、当初は開国を迫る米国との戦争、その後は内乱への対応のため保存できる兵糧を探し始め、ビスケットにたどりついたのではないでしょうか。薩摩藩は戊辰戦争の前に東京の風月堂へ乾パンを5000人分発注したそうです。水戸藩のビスケットの製法取得にも軍事的な理由があったことはあながち否定できません。
 
 ところで、ビスケットとクッキーはよく似ていますが、消費者への混乱を避けるため、不当景品類及び不当表示防止法でその違いが定義されています。詳しくはココログ 夜明け前 「クッキーとビスケットの違い」をご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

猫の食パンアート(第2部)|日本 猫の日(2月22日)

 2月22日は猫の日です。1987年に日本猫の日実行委員会が「にゃん(2)・にゃん(2)・にゃん(2)」の語呂合せから制定しました。この猫の日は世界共通のものではなく日本国内のみで通用します。たとえば欧州の多くの国では2月17日が「World Cat Day」とされています。

 さて、欧州猫の日にココログ 夜明け前猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)」で、インスタグラムの「猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)」さんの「猫の食パンアート」を紹介させて頂きました。

猫の食パンアート
猫の食パンアート モデル「まるこ」ちゃん

 この作品を見て「リアルな目はどうなっているのだろう?」「猫の毛色や模様はどうやって描かれているのだろう?」「全部本当に食材でできるいるの?」などなど不思議だらけとのことでしたので、mihiroさんに「猫の食パンアート」がどのようにして作られているのか聞いてみました。快く造り方を教えてもらうことができ、「なるほどそうだったのか!」と合点しました。

 まず猫の形をしたパンは「ねこねこ食パン | MILK 100% SHOKUPAN」さんの「ねこねこ食パン」です。全国のお店やオンラインショップで購入することができるようです。またamazon.co.jpでも購入できるようです。この「ねこねこ食パン」が「猫の食パンアート」のキャンバスとなりリアルな猫の造形ができあがるのですね。

 それでは、さっそく冒頭の写真の「まるこ」ちゃんの作品を例に、「猫の食パンアート」がどのようにして造られていくのかを見ていきましょう。

「猫の食パンアート」のレシピ
「猫の食パンアート」のレシピ

1 辛子マヨネーズを塗りゴマを振る。ぶどうと海苔で目と鼻のアタリをつける。
2 黒ごまと海苔と鰹節で模様をつけ口を乗せる。
3 海苔で黒目を乗せる。ひげは春雨を乗せる。
4 微調整をして目にマヨネーズで光を入れできあがり。

 なんと、本物のように見える猫の目はブドウだったのです。黒目は海苔で、目の光りはマヨネーズ。猫の毛色や模様は黒ごまと海苔、ヒゲには春雨が使われていま。なんと、すべて食べられるもので造られています。食べるのがもったいないぐらいので出来映えですが、ごまや海苔の和風の味に辛子マヨネーズが効いていて美味しく頂けます。

 mihiroさんはインスタグラムのフォロワーさんの猫をモデルにしているそうです。mihiroさんをフォローすると、あなたの猫ちゃんがモデルになる日がくるかもしれません。

猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)のインスタグラム
https://www.instagram.com/mihiro523/

【リンク】

猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)

猫の食パンアート(第2部)|日本 猫の日(2月22日)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)

 2月17日は、ヨーロッパの多くの国で「World Cat Day」とされています。そこで、猫の日にちなむ記事を書こうと思っていたところ「猫の食パンアート」なるものを見つけました。インスタグラムで手作りの「猫の食パンアート」の写真を公開している「猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)」さんの作品です。

 猫パンと聞くと、食パンに猫の耳がついていて、猫の顔の簡単なイラストが描かれているようなものを想像すると思いますが、この 「猫の食パンアート」はアートというだけあって、ひと味違います。見た瞬間にこれは凄いと思いました。

Nana 
猫の食パンアート(モデルNANAちゃん)

 作者のmihiroさんに聞いてみると、猫の写真を飼い主さんに提供してもらい、猫の特徴をできる限り再現するように製作しているとのことです。なるほど、こんなにリアルな猫パンに仕上がっているわけです。この写真にはNANAちゃんと、しっかりとモデルになった猫の名前が入っています。

 「猫の食パンアート」を始めたきっかけは、昨年の春頃から自宅で過ごす時間が増えたためだそうです。毎日、食パンのアートを作って、インスタグラムで紹介していたそうです。ある日「ねこねこ食パン」を見つけ、猫の食パンアートを製作したくなったのだそうです。

 写真を公開しているうちに、フォロワーである飼い主さんたちに猫の写真を提供してもらい、気が付いたらたくさんの作品が出来上がっていたそうです。その作品の数々の写真を提供して頂きましたので、紹介します。

1_20210131180901
猫の食パンアート 作品集1

 もう1枚紹介します

2_20210131181101
猫の食パンアート 作品集2

 まるで芸術作品を見ているかのようですね。さて、それぞれとてもリアルな仕上がりになっていますが、モデルになった猫とどれぐらい似ているのでしょうか。次の写真のモデルは「まるこ」ちゃん、顔や耳の形、模様だけでなく、表情までしっかりと再現されています。左の写真はご機嫌斜め、右の写真は上目づかいで「何か」を警戒しているようです。

Photo_20210131181201
まるこちゃんの猫パン

 mihiroさんはインスタグラムのフォロワーさんの猫をモデルにしていそうです。mihiroさんをフォローすると、あなたの猫ちゃんがモデルになる日がくるかもしれません。

猫好きのクリエエータmihiro(@mihiro523)のインスタグラム
https://www.instagram.com/mihiro523/

 さて、「猫の食パンアート」ですが、どのような材料で、どのような方法で製作しているのでしょうか。これについては、日本の猫の日である2月22日に第2部として紹介したいと思います。

記事全文:ココログ 夜明け前 猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)

【記事】

猫の食パンアート(第1部)|欧州World Cat Day(2月17日)

猫の食パンアート(第2部)|日本 猫の日(2月22日)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

レトルトカレーの日(昭和43年 1968年2月12日)|ボンカレーの秘密を探る

 昭和43年(1968年)2月12日は世界初の市販レトルト食品となった大塚食品の「ボンカレー」が発売された日です。当初は全国販売ではなく、阪神地区限定での販売だったようですが、この発売日を記念して大塚食品は2007年に「レトルトカレーの日」を定めました。日本記念日協会にも登録されています。

 最初の「ボンカレー」にはポリエチレンとポリエステルの半透明のパウチが使われていました。そのため光と酸素を完全に遮断することができず、賞味期限は数ヶ月しかありませんでし。その後、アルミ製のパウチを使うことによって賞味期限を2年にすることができるようになり、1969年5月から全国発売開始となりました。

 「ボンカレーの日」ではなく「レトルトカレーの日」としたことに敬意を払います。大塚食品はたいへんな苦労をしてレトルトカレーを実現したはずなのですが、レトルトパウチなどに関する特許は取っていません。この技術が広まれば多くの国民が美味しい料理を手軽に食べられるようになると考えてくれたのでしょう。レトルト食品の技術を独占するべきではないとの経営判断をされたようです。

 自分は1968年2月は関東地区に住んでいたので、半透明のパウチの「ボンカレー」は見たこともありませんし、その存在すら知る由もありませんでした。「ボンカレー」の全国販売が始まると、女優の松山容子さんのホーロー看板を見かける機会が多くなりましたが、「ボンカレー」の存在を決定的に認知したのは笑福亭仁鶴さんの「三分間待つのだぞ」の台詞で有名な「子連れ狼」のパロディCMだったと思います。このCMが流行ったのは小学校低学年の頃と思います。

 当時、カレーと言えば家で材料から作って食べるものか、レストランで食べるものでした。なぜお湯で3分間温めるだけでカレーができるのかとても不思議だったのです。比較的高価なインスタント食品でもあり、家で食べる機会もありませんでしたので、「ボンカレー」の謎は深まるばかりです。

 「ボンカレー」は1971年発売のカップヌードルに続いて不思議な食べ物だったのです。カップヌードルは、実際に食べたときに、お湯を入れる前に封を開けるので、乾燥したラーメンと具が熱湯で茹で上がる仕組みであることはすぐにわかりました。

 やがて「ボンカレー」を食べる機会がありました。土曜日の午後から旅行に出かけるので、学校から急ぎ帰って食べたのが「ボンカレー」でした。「ボンカレー」は不透明なアルミパウチを開けることなく、熱湯で3分間温めることによって出来上がります。パウチを開けると、カレールーが出来上がっているのです。果たしてパウチの中で何が起きているのかとても謎でしたが、急いで食べる必要があったし、お湯で温めたのも母親だったので「ボンカレー」を詳しく観察することはできなかったのです。

 「ボンカレー」の謎は学校でも友達と話をしていました。熱湯で温めることで中で何が起きるのかあれこれと言い合いましたが、ある日、確かめようということになって2人でお小遣いで一袋ずつ買ったのです。そして、自分の家で一緒に「ボンカレー」の謎を探りました。パウチを触るとブヨブヨしています。このブヨブヨがカレーになる。最終的に「ボンカレー」を温めないで封を切るという、「ボンカレー」が食べられなくなってしまう可能性のある勇気のいる方法を選択することを決断したのです。

 二袋とも同じ実験をするのはもったいないので、まずは自分のパウチから開けることにしました。

 おそるおそるパウチを開けました。

 中から出てきたのは温まっていないカレーでした。

 あっという間に「そりゃそうだ」という結論に至ったのです。

 そして、常温のカレーも美味しかったのです。友達もさっそく自身の「ボンカレー」の封を切り、常温のカレーを食べ始めました。

 親に隠れて何か悪いことをしているかのように、2人で顔を合わせて苦笑い。

  かくして「ボンカレー」の秘密が解き明かされたのです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

フグ料理が美味しい季節

 フグ料理が美味しい季節となりました。10月から2月末ぐらいにかけて、美味しいフグ料理のフルコースを頂いていました。このお店のフグは九州の漁場から取り寄せた天然のトラフグです。店主はフグの調理免許をもっています。堪能したフグ料理のフルコースを紹介します。

 まず、迎えてくれるのが前菜です。特に美味しいのはフグの煮こごりです。煮こごりの隣に白い料理はフグの身の寿司です。その他、子持ち昆布など季節のものがついてきます。この前菜を食べると、これからフグ料理のフルコースが始まるのだと実感できます。

前菜
前菜

 前菜を食べ終えると、次に出てくるのがトラフグの刺身。刺身は他の店よりも厚めに切ってあります。肉厚の身を噛み締めると、フグの食感を堪能することができます。刺身の中央にあるのはトラフグの皮です。これがまた美味しいのです。もみじおろしも良いのですが、新潟の香辛調味料「かんずり」とゆずを絞ったポン酢醤油でより美味しく頂くことができます。フグの刺身はポン酢の味が美味しいのではとよく言われますが、この刺身を食べるとフグが美味しいことがわかります。

トラフグの刺身
トラフグの刺身


新潟の香辛調味料「かんずり」

 刺身を食べ終わったら、次はお好みに応じて、唐揚げか、網焼きの選択となります。どちらもとても美味しいです。このときは網焼きを選びました。炭で焼いて食べるだけですが、びっくりするほど身がしっかりしていて、とても美味しいのです。初めての人には、唐揚げをすすめるか、網焼きをすすめるか迷ってしまいます。

フグの網焼き
フグの網焼き

 網焼きを堪能した後は、いよいよ鍋となります。2人前でこれだけの量ですから、本当にお腹がいっぱいになります。こちらは、もみじおろしとポン酢醤油で頂きました。

フグ鍋
フグ鍋

 最後は雑炊で締め括ります。鍋を食べた時点で満腹のはずなのですが、これがまた美味しくて、さらさらっと食べられます。トラフグの出汁がしっかりと出ています。この雑炊は鍋の残りにご飯を入れて作るのではなくて、生米を入れて炊きあげていきますから、少し時間がかかります。これを食べ終わると、もう本当にお腹いっぱいです。

雑炊
雑炊

 1人前にトラフグ1匹を使い、この美味しさと量で飲み放題付き1人前1万3千円です。本当に美味しくて、価格も良心的だったのですが、残念ながらお店は閉店してしまいましたので、お店を紹介することはできなくなりました。店主の年齢的にお店が再開されることはありません。

 ところで、この雑炊は生米から炊き上げています。本来、生米から炊き上げるのはお粥です。お粥と雑炊の違いについては、ココログ 夜明け前お粥と雑炊の違い」をご一読ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金)

カニ食べ行こう!ケガニの仲間

 日本で「カニ食べ行こう!」と言えば、ケガニ、タラバガニ、ズワイガニなどを思い出す人が多いと思います。この有名どころのカニさんたちはそれなりの価格がします。たとえばケガニを姿で食べようとすると、大きさにもよって値段は変わりますが、だいたい100グラムあたり1,000円強で、500グラムだと一杯5,000千円台半ばぐらいの値段になります。美味しいのですが「カニ食べ行こう!」とはお気軽には言えないのです。

 さて、ケガニは別名オオクリガニと言います。ケガニは雄で甲長15センチメートル、雌で甲長12センチメートル前後まで成長します。身体は茶色もしくは褐色をしていて、殻は硬くありませんが、名が体を表す通り、全体に短い毛が生えています。ケガニは資源保護のため漁獲が制限されています。たとえば北海道では、カニ篭漁で甲長8センチメートル以上の雄のみを漁獲するという制限があります。

 さて、ケガニのことをオオクリガニと言うならば、普通のサイズのクリガニもいるのかと言うと、ケガニにはクリガニとトゲクリガニという仲間がいます。クリガニとトゲクリガニはとてもよく似ていますが、どちらもカゲニよりひとまわり小さく、甲長8センチメートルほどです。カガニのような制限はなく、雄と雌の両方を漁獲することができます。おおざっぱに太平洋やオホーツク海の北海道東部産はクリガニ、津軽海峡の函館や青森産はトゲクリガニと考えておくと良いでしょう。

 クリガニもトゲクリガニも漁獲量は少ないのですが、ケガニより小ぶりで、味は若干落ちるとされているため、ケガニよりもずいぶんお手軽な価格です。実際に食べてみると、味はケガニに比べて遜色ありません。肉も味噌も内子も美味しくいただけます。

 次の写真はクリガニかトゲクリガニか区別できませんでしたが、「まる辰」さんで頂いたものです。いつもクリガニがわるわけではありませんが、この日は一杯2,000円でした。

クリガニ
クリガニ

 クリガニのコストパーフォーマンスが高いのは本当ですが、もちろんケガニがより美味しいことは否定しません。ケガニの写真はココログ 夜明け前の「立派なケガニ(毛蟹)」をご覧ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

函館カール・レイモンのショルダーハム

 函館に行くと必ずお土産で買ってくるのが「函館カール・レイモン」のハムやソーセージです。どれも美味しいのですが、自分はよくハムを買います。

カール・レイモンのラベル
カール・レイモンのラベル

 函館カール・レイモンはドイツ製法のハム・ソーセージを製造・販売している会社で、創業者はオーストリア=ハンガリー帝国出身のマイスター、カール・ワイデル・レーモンさんです。

 レイモンは1894年にカルルスバード(現チェコのカルロヴィ・ヴァリ)の食肉加工のマイスター、アントン・レイモンの息子として生まれ、14歳のときに家業を継ぎました。その後、修行のため各国を訪れ、1915年に缶詰の大量生産の技術習得のためアメリカで3年間研修します。1919年、アメリカからヨーロッパへ戻る途中に来日しました。レイモンは直ちにヨーロッパに戻らず、日本でハム・ソーセージの技術指導をすることになり、1920年に北の地での缶詰工場の統括する拠点のあった函館に赴きました。

 レイモンは函館の滞在先の勝田旅館の娘、勝田コウと恋仲になりましたが、コウの両親は2人の結婚に大反対しました。函館は外国人の多い街でしたが、当時は外国人と結婚が許さることはほとんどなかったのです。レイモンとコウは駆け落ちすることを決意し、中国経由でカルルスバートに向かいました。2人はレイモンの家族の協力のもと、カルルスバードでハム・ソーセージの製造・販売を始めました。

 カルルスバードでの2人の生活が3年を経過したとき、レイモンは海外で暮らすコウの苦労を配慮し、函館に戻ることを決意しました。1924年、2人は函館に戻り、日本での正式の結婚、1925年に函館駅前にハム・ソーセージの工場と店を開きました。しかし、当時の日本人にはハム・ソーセージはあまり受け入れられませんでした。函館港には外国船が寄港することがあり、ドイツの軍艦からの受注をきっかけに、業績が向上し、五稜郭工場、大野工場が完成します。1933年に畜産指導のため満洲を訪れ、このときの功績により、満洲鉄道の総裁から「礼門」という日本名を授かりました。しかし、その後は大野工場が没収され、ハム・ソーセージの製造・販売が不可能となり、函館山の麓の元町に移住しました。

 第二次世界大戦終了後の1948年、レイモンは元町の自宅の隣にハム・ソーセージの工場と店を開き、1980年代初めまでこの地でハム・ソーセージの製造・販売ならびに弟子の育成を精力的に行いました。1983年、日本ハムが函館カール・レイモン社として事業を継続しました。レイモンは現役を引退し、その後も弟子の育成を続けました。レイモンはその功績により数々の章を受賞し、1987年に享年93才で亡くなりました。

 自分はレイモンさんがまだ現役だった元町のお店を何度か訪れたことがあります。また、ハムやソーセージもよく食べていました。カール・レイモンのハム・ソーセージは、あのときと今も変わらない味です。弟子の方々がドイツの製法をしっかりと受け継いできているからでしょう。

 次の写真はショルダーハムです。これ見ただけで美味そうですが、美食の知人に御馳走したら喜んで食べていました。そして、自分は上述の話を延々と語り、まるで自分の自慢話をしているようだと言われました。

Photo_20210112110001
カール・レイモンのショルダーハム

 レイモンさんの伝記が出版されています。あと、amazonでハム・ソーセージが売っているか確認してみましたが、常温保存が可能なソーセージやサラミは買えるようですが、ショルダーハムはありませんでした。そういえば空港で買ったときには保冷パックで包んでもらいました。

  

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

今季初の鱈ちり鍋

 12月に入りマダラの旬がやってきました。マダラはタラ目タラ科の魚です。タラと言えば日本近海ではマダラ・スケトウダラ・コマイが棲息していますが、普通はマダラのことをタラと呼んでいます。

 マダラは1年を通して漁獲されますが、旬の時期は産卵時期と重なる冬です。マダラは12月から翌年3月の産卵期に向け、比較的浅いところにやってきます。この時期は菊子や雲腸やタチ(マダチ)と呼ばれるオスの白子が発達し、高級食材として人気があります。

 この寒い時期にタラ料理で美味しいのはやはり鱈ちり鍋です。ちり鍋の「ちり」は魚の身を熱湯に入れれると、ちりちりに縮む様子に由来しますが、鱈ちり鍋はマダラの身がしっかりしているので、ちりちりに縮むというほどでもありません。

 さて、今年初めて頂いた鱈ちり鍋の写真がこちらです。生タラ、白子、白菜、春菊、長ネギ、キノコなど定番の鱈ちり鍋ですが、マダラが絶品です。

鱈ちり鍋
鱈ちり鍋

 この鱈ちり鍋に使われているマダラは切り身のものではなく、青森県の市場から直送されたものを店主が捌いたものです。マダラは大きなものは1 mを超えます。運が良いと解体しているところを見ることができます。次の写真は以前に撮影したものですが、かなり大きなマダラであることがわかると思います。

マダラの頭
マダラの頭部

 今回、鱈ちり鍋を頂いたの八王子にある三戸郷土料理「まる辰」さんです。写真の鱈ちり鍋は一人前1,800円。十分に食べ応えがあります。具を食べたら汁を残して、雑炊やうどんもできます。また、この時期は、マダラの味噌焼き、マダラのタラフライ、マダラと白子の茶碗蒸しなど、鍋以外にもマダラを使った料理をいろいろ食べることができます。

 Go To Eatキャンペーンが始まりましたが、例年書き入れ時の年末に来ての感染者数の増加により客席はまばらです。 新型コロナウイルスの影響で営業時間が10:00までとなっています。しばらくの間は日曜日と月曜日が定休日だそうです。お店はたいへんだと思いますが、あまり感染の心配をする必要もなく美味しい料理を食べられます。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

クッキーとビスケットの違い

 クッキーとビスケットは同じようなお菓子ですが、クッキーには高級なお菓子、ビスケットには大衆的なお菓子という語感があるように思います。語感が異なるだけで、どちらも同じようなお菓子と考えるのは早計で、この2つのお菓子には法律に基づいて定められた違いがあります。

Photo

 クッキーもビスケットも、小麦粉に、卵、牛乳、砂糖、ショートニング、バターなどを焼き固めたものに違いありません。そもそもクッキーはビスケットの仲間です。しかしながら、クッキーは脂肪分と糖分の合計が40%以上で手作り風の概観をもつものと定義されています。

 クッキーの定義は不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)第12条に基づいて昭和46年(1971年)に施行された「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」です。この規約で、クッキーは次のように定義されています。

----

ビスケット類の表示に関する公正競争規約 

(定義)第2条

この規約で「ビスケット」とは、小麦粉、糖類、食用油脂および食塩を原料とし必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨張剤、食品添加物の原料を配合し、または、添加したものを混合機、成型機およびビスケットオーブンを使用し製造した食品をいう。

(種類別の名称)第3条

規約第3条第1号アに定めるクッキーとは、次に掲げるものをいう。

(1)「手作り風の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもので、嗜好に応じ、卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜などにより製品の特徴づけをおこなって風味よく焼き上げたもの。

----

 なぜ公正競争規約でクッキーが厳密に定義されているかというと、昔は安価なビスケットが高級品のクッキーとして販売されることも多く、消費者の間で誤解と混乱が生じていたからだそうです。

 この状態を改善するため、全国ビスケット協会が、高級と考えられているクッキーの名称を使って安価なビスケットを販売することは、消費者に誤解と混乱を与えかねないとして、クッキーの定義をすることになりました。

  糖分、脂肪分の合計が40%以上で、外観が手作り風ではないものはクッキーではなくビスケットになるわけですが、手作り風の定義がやや曖昧かもしれません。上の写真の左側のように明らかに簡単な型で作成したものはビスケットになるのでしょう。

 なお、クッキーをビスケットとして販売するのには制限はないようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年11月22日 (日)

アンデスメロンはアンデス山脈と関係ない

 メロンの品種のひとつにアンデスメロンがあります。メロンは元々は東アフリカが原産で、北アフリカや中近東で品種改良が進み、現在のような甘くて美味しいメロンが作られたと考えられています。

Photo_20201122185301

 それではアンデスメロンが南米のアンデス山脈のあたりで品種改良されてできたメロンかというと、日本で開発された品種です。その昔、メロンは害虫に弱く、栽培が難しいという問題がありました。そこで、種苗会社の「サカタのタネ」が1977年に耐病性のあるメロンを品種改良によって開発しました。

 このメロンは従来のメロンより栽培しやすいことから、安心して作れるメロン、安心して食べられるメロンという意味を込めて、「あんしんですメロン」と名付けられました。しかし、語呂があまり良くありませんでした。そこで、メロンは芯を取って食べることから、「あんしんです」から「しん」を取り、「あんですメロン」「アンデスメロン」と名付けられました。

 ですから、アンデスメロンはアンデス山脈とは縁もゆかりもないメロンなのです。

人気ブログランキングへ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧