カテゴリー「おすすめサイト」の61件の記事

2021年9月 7日 (火)

Googleの創業日(1998年9月7日)

 1996年、スタンフォード大学の学生ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは検索エンジンの研究を始めました。当時の検索システムは検索キーワードの出現回数の多いウェブページを検索結果の上位に表示していました。ペイジとプリンはキーワードに加えて、ウェブページの被リンク数とそのページの品質を評価する新しい検索エンジンを開発し、この技術を「PageRank」と名付けました。当初、検索エンジンはBackRubと呼ばれていましたが、10の100乗を意味する数の単位googolにちなんでGoogleとされました。名前の由来からも分かる通り、ペイジとプリンは自分たちが開発した検索エンジンが膨大な情報をユーザーに提供することを確信していました。

 1997年9月15日、google.domドメインが登録され、1998年9月4日、カリフォルニア州メンローパークの民家のガレージでGoogle社が創業しました。Google社は多くの企業から出資を受けながら企業規模を拡大し、1999年3月にカリフォルニア州パロアルトに本社を移転しました。

 当時、自分はSun Workstationを使ってウェブサイトの構築やウェブページの制作を行う仕事をしていました。当初は検索エンジンは存在せず、ウェブページを探すツールとしてはウェブサイトのリンクを集めてカテゴリごとに表示するウェブページが主流でした。このウェブページは電話帳のようなものであることから米国の電話帳と同じ名前であるイエローページと呼ばれました。

 ある日、Googleというサイトが立ち上がったことを知り、Googleにアクセスしてみました。当時のウェブサイトのトップページはテキストや画像やリンクがたくさん盛り込まれたものが一般的でしたが、Googleのトップページはロゴの下に下にテキストボックスとボタンが表示されているだけの非常にシンプルなページでした。ページが表示された瞬間に「このサイトは何だろう?」「どのように使うのだろう?」「こんなシンプルなページが有用なのか?」などの疑問が生じました。

1998年当時のGoogleのトップページ
1998年当時のGoogleのトップページ

 しばらく思考停止してシンプルなページを見ていましたが、さっそくテキストボックスにキーワードを入力し、ボタンをクリックしてみました。検索結果がたくさん表示された瞬間に全ての疑問が解き明かされ、この検索サービスがたいへんな可能性を秘めていることが理解できました。全世界のウェブページから自分が探している情報が掲載されているページを探して表示してくれるというのは画期的なサービスだったのです。イエローページでは、この情報はこのカテゴリあたりのウェブサイトにあるのではないかと考えて探していたのですから。テキスト検索のGopherもありましたが、Googleはもっと先進的だったのです。そして、その日から自分のブラウザのホームページの設定はGoogleになりました。あれから20年以上経ちましたが、現在もブラウザを開くとGoogleのシンプルのトップページが表示されます。

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

 

| | | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

お勧めの英語翻訳サイト-複数の翻訳エンジンの癖をつかんで便利に使いこなす

 英語翻訳サイトと言えば、自分はいつもGoogle翻訳を利用しています。Google翻訳は翻訳エンジンがAI化されてから、翻訳精度が劇的に向上しました。Google翻訳のおかげで多国語で記述されている記事もずいぶん簡単に調べられるようになりました。

 一方で、翻訳後の文章において、元の言語の文章の一部分が訳がされていなかったり、訳文がわかりにくかったりすることもあります。このような場合、元の言語を少し直すと改善しますが、もともとのAIエンジンの癖のようなものも影響しているように思います。

 利用するAIエンジンがひとつだけだと得られる結果が画一的になってしまいます。そこで、様々な人には様々な考えがあるのと同じように、複数のAIエンジンでいろいろな結果を得て、人がそれらの結果を見比べて判断するのが良いと思います。

 そこで、他の翻訳サイトでも翻訳をしてみるのですが、なかなかGoogle翻訳に匹敵する翻訳サイトはありませんが、自分は下記のサイトを利用しています。

翻訳の比較

例1)貴社の記者が汽車で帰社した

  • Your reporter returned home by train. (Google翻訳)
  • Your reporter has just returned from a train. (DeepL翻訳)
  • Your reporter came back to the office by train.(Bing Microsoft Translater)
  • Your reporter returned to the office by train. (Cross Transer)

 どの翻訳エンジンも貴社は「Your」、記者は「reporter」、帰社は「Train」と訳しています。

 一方、帰社は帰と社に分かれて翻訳されています。

 「帰」はGoogleとCrossは「returned」、Bingは「go back」であれば元の日本語に近い意味になっていたところですが、「came back」と訳しています。DeepLは「has just returned」となっており現在完了形にしてしまいました。

 「社」はBingとCrossは「the office」と訳していますが、Googleはなんと「home」と訳しています。DeepLは「社」を訳しておらず「from a train」としてしまいました。

 短い日本語文ですが、これだけ翻訳結果が異なります。

それでは、各翻訳エンジンが訳した英文を日本語に翻訳してみます。上記の英語のニュアンスの違いが反映された翻訳結果となります。

  • あなたの記者は電車で家に帰りました。(Google翻訳)
  • 記者さんは電車から帰ってきたところです。(DeepL翻訳)
  • あなたの記者は電車で事務所に戻ってきました。(Bing Microsoft Translator)
  • あなたのリポーターは、電車でオフィスに戻りました。(Cross Transer)

 Googleは「家に帰りました」となってしまい、元の日本語と意味がまったく異なってしまいました。

 DeepLは「帰ってきたところです」となり、この日本語を話をしている人が貴社にいることになってしまい、意味が変わってしまいました。「帰ったところです」でなければいけません。

 Bingも「戻ってきました」と訳しており、「戻りました」でなければいけません。

 Crossは日本語→英語では記者を「reportoer」と訳しましたが、英語→日本語ではreporterを「リポーター」と訳しました。

例2)あなたの会社の記者は汽車であなたの会社に帰りました。

次に、貴社の記者は汽車で帰社したをもう少し回りくどい表現にしてみました。

  • Reporters in your company have returned to your company by train.(Google)
  • Your company's journalists have returned to your company by train.(DeepL)
  • The reporter of your company returned to your company by train.(Bing)
  • Reporter of your company returned to your company by train.(Cross)

 あなたの会社は、Googleは「in your company」、BingとCrossは「of your company」、DeepLは「Your company's」と訳しました。

 DeepL以外はほとんど同じ訳文となりました。ただし、Googleは記者を「Reporters」と複数形にしています。DeepLは例1)では「reporter」だったのに、今回は「journalists」となっています。そして複数形です。どうして、journalistと訳することができたのでしょうか。

こうやっていろいろと翻訳させると、それぞれのAIエンジンの癖や性格がわかってきて面白いです。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

リアルタイム結果配信(テキスト) ソチ五輪 フィギュアスケート男子シングルSP

ソチ五輪 フィギュアスケート男子シングルSPの結果は、下記のISUのサイトでリアルタイムで配信されています。

http://www.isuresults.com/results/owg2014/SEG001.HTM

現在のところ、羽生結弦が歴代史上初100点超えの101.45ポイントで首位。

1 HANYU Yuzuru   JPN  101.45 1 
2 CHAN Patrick   CAN  97.52 2 
3 FERNANDEZ Javier   ESP 86.98 3

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

Googleでブログ検索や掲示板検索を行う方法 btmオプションと検索フォームの作成方法など

Googleの2014年1月の仕様変更で、「もっと見る」のメニューからブログや掲示板がなくなってしまいました。この仕様変更によって、ブログ検索や掲示板検索ができなくなりました。

ただし、現時点では、検索パラメータにbtmオプションをつけることによって、検索対象を切り替える機能は利用可能のようです。例えば、次のように、btmオプションにblgを設定すると、ブログ検索が可能となります。

https://www.google.co.jp/search?tbm=blg&q=検索キーワード

このbtmオプションには下記の種類があります。btmオプションをうまく使いこなすことにより、検索対象を切り替えることが可能です。

パラメータの種類検索の対象
設定なし
通常のWeb検索
isch
画像
vid
動画
nws
ニュース
shop
ショッピング
bks
書籍
plcs
プレイス
blg
ブログ
frm
掲示板
rcp
レシピ
app
アプリ
pts
特許

自分で検索フォームを設置する場合は、btmオプションを設定すると、検索対象を指定することが可能です。

Google

<form method=get action="http://www.google.co.jp/search"  TARGET=_blank>
<a href="http://www.google.co.jp/" TARGET=_blank>
<img src="http://www.google.com/logos/Logo_40wht.gif" border="0" alt="Google" align="absmiddle"></a>
<input type=text name=q size=31 maxlength=255 value="">
<input type=hidden name=tbm value="blg">
<input type=submit name=btnG value="Google 検索">
</form>

ラジオボタンで検索対象を切り替えることも可能です。

Google
ブログ 掲示板

<form method=get action="http://www.google.co.jp/search"  TARGET=_blank>
<a href="http://www.google.co.jp/"   TARGET=_blank>
<img src="http://www.google.com/logos/Logo_40wht.gif" border="0" alt="Google" align="absmiddle"></a>
<input type=text name=q size=31 maxlength=255 value=""><br>
<input type="radio" name="tbm" value="blg" checked>ブログ
<input type="radio" name="tbm" value="frm">掲示板<br>
<input type=submit name=btnG value="Google 検索">
</form>

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

Goolgeが日本語ドメイン「.みんな」を提供開始

Googleが1月16日に日本語ドメイン「.みんな」の提供を開始することを発表しました。「.みんな」は、世界初のひらがな表記の一般トップレベルドメイン(gTLD)です。 日本ではインターリンクが登録申請の受付を行います。

ドメイン取得の詳細はGoogleの次のサイトで確認することが可能です。

http://はじめよう.みんな/index.html

「.みんな」を利用することによって、 「http://〇〇〇.みんな/〇〇〇.html」というようなURLを持つサイトを作ることが可能です。ポータルサイトや特定のサービスを提供しているサイトなどでは、直感的なURLを作ることができますから、いろいろと利用は広がるのではないかと思います。

  • http://アパート探し.みんな/
  • http://レシピ.みんな/
  • http://百科事典.みんな/
  • http://就職活動.みんな/
  • http://東京都.みんな/
  • http://福島県.みんな/

「みんな」は「見んな」という意味にも取れるので、例えば、「http://こっち.みんな/」というURLだと、「こっちに来てみんな」なのか、「こっちを見るな」なのか2つの意味を持ったりしてしまう場合もあると思います(^^ゞ

日本語ドメイン「.みんな」をはじめよう

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

Googleで何ができるか知ることができる Google Tips

Googleは元々は検索サービスのみを提供していたサイトでしたが、現在においては実に多くのサービスを提供しています。そして、そのサービスは常に変化し、いつの間にか新しい機能が追加されたり、仕様が大きく変更になったり、サービスそのものがなくなって別のサービスに統合されたりするなどします。このような状況ですから、Googleのサービスをそこそこ使いこなしていると思っていても、時々、「あれ、このようなことができるのだっけ?」という体験をします。

Googleにどのような機能があるのか、あることをやるのに何を利用したら良いのかを教えてくれるソリューション提供型のサイトが、Google Tipsです。

Google Tips
https://www.google.com/get/googletips/

Google Tipsのトップページは、Tips、つまりヒントのカードがタイル状に並んで表示されています。カードは家庭でのTips、オフィスでのTipsなどカテゴリごとに表示することも可能です。

Googletips

カードをクリックすると、そのカードのヒントについての説明を確認することができます。

Googletips2

Google Tipsは現在のところ英語版しかありませんが、是非とも日本語版も作成して欲しいと思います。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

文章がオリジナルかどうか、コピペしたものではないかをチェックしてくれる「剽窃チェッカー」

「剽窃チェッカー」は手元にある文章が、インターネットのサイトからコピーしたものではないかをチェックしてくれるサイトです。

剽窃(ひょうせつ):他人の成果物をクレジット表示することなく取り込むこと。

http://plagiarism.strud.net/

Photo

このブログのB-1グランプリ 富士宮やきそば味の「さきいか」の記事

さっそく食べてみましたが、ソース味とさきいかの組み合わせは悪くないです。マヨネーズにつけて食べても美味しいです。自分の印象ですが、焼きそばの味というよりも、たこ焼き味のスナックのような味でした。

という文章を「□コンマで区切る」をONにしてチェックしてみたところ、次のような結果になりました。

Photo_2

Hit数の大きい普通のの表現は「汎用的な表現?」と判断してくれるようです。少ないものは、Linkを表示すると、どのサイトにその文章があるかを教えてくれます。

"ソース味とさきいかの組み合わせは悪くないです"は5件とありますが、Linkをクリックすると、このサイトとこのサイトの記事を引用したサイトが表示されます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

GmailやGoogle Documentで手書き入力が可能に

Googleが、Official Gmail Blogで、Google GmailとGoogle Documentに手書き入力が可能になったことをアナウンスしました。

Google

Official Gmail Blog
Handwriting input comes to Gmail and Google Docs
http://gmailblog.blogspot.jp/2013/10/handwriting-input-comes-to-gmail-and.html

Gmailで手書き入力の機能を有効にするためには、次のようにします。

1.Gmailの画面の右上にある歯車アイコンをクリックして、[設定]を開きます。

2.言語の設定の[すべての言語のオプションを表示]をクリックし、[入力ツールを有効にする]にチェックを入れます。

1

3.入力ツールがONになっていることを確認しつつ、[すべての入力ツール]から、ペンのマークのアイコンがついた[日本語]を選択し、[→]ボタンをクリックし、[選択した入力ツール]に設定します。設定が終了したら[OK]ボタンをクリックします。

2_2

これで設定は終了です。

実際に手書き入力を使う場合には、左側の「作成」ボタンをクリックします。

新規メッセージのウィンドウの本文のところをマウスでクリックし、右上のペンのマークのアイコンをクリックします。

Photo_2

手書き入力のウィンドウが表示されるので、文字を入力します。青いエンターキーのボタンをクリックすると、本文に入力した手書き文字が挿入されます。

Photo

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

史上最大の影響 Googleが新しい検索アルゴリズム Hummingbirdを導入

Googleが創立15周年を迎えたようです。トップページのロゴが、誕生日ケーキが表示されたゲームになっています。

Googlelogo15

創立15周年に伴い、Googleは2013年9月26日に新しい検索アルゴリズム「Hummingbird」を導入したと発表しました。Hummingbirdは、現在のGoogleの検索結果の90%に影響を与えるほどの大規模なアルゴリズム変更のようです。まさに史上最大の影響です。

Googleは2010年に検索アルゴリズム「Caffeine」を導入し、パンダアップデートやペンギンアップデートなどを重ねて検索効率を高めてきましたが、今回は大元のアルゴリズムの変更です。

Googleは今回の変更について、「古い車に搭載されたエンジンを新しいエンジンに置き換えた」と比喩で説明しています。

旧検索アルゴリズムCaffeineはランク付けを重視した作りになっていたそうですが、新検索アルゴリズムHummingbirdはインデックス化を重視した作りになっており、検索クエリの解釈が大きな変更されているようです。

たとえば、Caffeineは検索クエリに含まれるキーワードを重視して検索結果を表示します。そのため、検索クエリが会話文などのように長くなったとき、ユーザーの意図とかけ離れた結果が表示されることが間々ありました。Hummingbirdは入力されたキーワードに注目するのではなく、検索クエの全体の意味を解釈して、ユーザーが探している情報に近いことが掲載されているサイトを検索結果として表示するようです。

この検索アルゴリズムの変更は世界中の多くのサイトが影響を受けると思います。このブログも例外ではなく既に影響を受けているように思います。

史上最大の影響! 

いろいろ聞いてくるから、答えているけど

僕は、僕はね。人間じゃないんだよ。検索アルゴリズムだったんだよ。

待っていかないで!

新しい検索をしなければならないんだよっ!

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

Google ロゴをフラットにして、Googleバーを刷新

Googleは9月19日に同社の公式ブログで、Googleバーをアップデートすることを発表しました。

Updating the Google bar: many products, multiple devices
http://insidesearch.blogspot.jp/2013/09/updating-google-bar-many-products.html

Gbar_s

今後、数週間かけてロールアウトしていくということなので、気長に待つかと思っていたら、自分のアカウントでは、Google Chromeでアクセスしたときのみですが、既にアップデートされていました。Googleにアクセスすると、次のような画面が表示されます。

Googleのロゴがフラットになっています。iOS7を意識しているのでしょうか・・・

Google1

右上にタイルのようなアップランチャーのアイコンがあります。これをクリックすることにより、Googleが提供しているサービスにアクセスすることが可能です。

Google2

Googleのブログの例と同じように、kittensで検索をしてみたところ、同じような画面が日本語で表示されました。

Google3

今のところ、gmailアドレスのアカウントでログインしたChromeの画面でしか表示されません。他のプロバイダのアドレスで作成したアカウントでは、Chromeでも従来の画面となっています。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧