カテゴリー「幕末・明治」の64件の記事

2024年7月12日 (金)

第24話「千代ヶ岱陣屋陥落と箱館戦争終結」|明日なき戦いの果てに

ココログ「夜明け前」公式サイト

 山田顕義率いる新政府軍は5月16日未明に千代ヶ岱陣屋の総攻撃を開始した。やがて白兵戦となり三郎助は台場の胸壁に登ったところを狙撃され、長男恒太郎と次男英次郎、浦賀奉行の仲間と討ち死にした。他部隊は五稜郭に撤退、徹底抗戦を主張した渋沢成一郎は湯の川へ逃れた。死んでは元も子もない、京都の経験に思いを馳せたのだろうか。

 三郎助の戦いが戊辰戦争最後の戦闘である。黒船来航から箱館戦争まで関わった三郎助はラストサムライの1人である。若い頃に造船学を学ぶため浦賀の三郎助の家に下宿した桂小五郎(木戸孝允)は新政府の要人ながら三郎助の死を嘆き悲しんだ。戦後に明治天皇と箱館を訪れたとき陣屋跡付近で感極まって号泣したそうである。孝允は榎本武揚と三郎助の遺族を支援、三男中島與曽八は海軍機関中将となった。

 同日午後、薩摩藩士が五稜郭を訪れ弁天台場と千代ヶ岱陣屋の陥落を伝え書簡を届けた。書簡には黒田清隆の計らいで海律全書の礼として酒樽を送ると書いてあり酒樽と肴が届けられた。毒殺を恐れ誰も手をつけない様子を見て星恂太郎が笑いながら樽を割って一杯飲むと諸将も酒を嗜んだ。

 武揚は席を外し全責任を取り自決しようとしたが介錯を頼んだ側近の大塚霍之丞が素手で武陽の短刀を鷲掴み阻止した。武陽は我に返り明朝7時に城外に出て降伏することを決断した。17日、武陽と松平太郎は五稜郭を出て酒徳利とスルメを用意して待っていた清隆と面会、降伏条件の交渉後に亀田八幡宮で降伏式を執り行った。

 明治2年5月18日、五稜郭は開城し戊辰戦争は箱館の地で終結した。市中には箱館政権兵士の遺体が放置されたままだった。賊軍の遺体を人道的に収容し埋葬したのは侠客の柳川熊吉である。明治政府官吏となっていた田島圭蔵は粛々と遺体収容を進める熊吉を咎めず黙認したという。

北夷島總督印と箱館大戦争之図(永島孟斎)
北夷島總督印と箱館大戦争之図(永島孟斎)

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

ミラード・フィルモアが第13代アメリカ合衆国大統領に就任(1850年7月9日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 ミラード・フィルモアはアメリカ合衆国の第13代大統領です。第12代大統領ザカリー・テイラーのもとで副大統領を務めていましたがテイラーが1850年7月9日にコレラで病死したため同日付で大統領に就任しました。

第13代アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモア
第13代アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモア

 フィルモアは大陸横断鉄道の建設を推進した人物として高く評価されています。または当時フランスの影響を受けていたイギリス保護領ハワイ王国を米国の影響下に置いたことも評価されいます。

 フィルモアの大きな成果として日本の開国があります。1851年5月29日(嘉永4年4月30日)、フィルモアは日本の開国と通商条約締結を目的として東インド艦隊司令官代将ジョン・オーリックに遣日特使の任務を与えました。同年6月8日にオーリックは蒸気フリゲート艦サスケハナで出発しました。サスケハナは東インド艦隊と合流しその旗艦となる予定でしたが、オーリックがサスケハナ艦長と問題を起こしたため更迭されました。1852年2月、代将マシュー・カルブレース・ペリーに遣日特使の任が与えられました。

蒸気フリゲート艦サスケハナ
蒸気フリゲート艦サスケハナ

 ペリーが率いる東インド艦隊が浦賀沖に現れたのは1853年7月8日(嘉永6年6月3日)午後5時頃です。ペリーは日本に対して開港と通常条約締結を求めるフィルモア大統領の親書を幕府に渡すためにやってきました。黒船来航と言われるこの事件で幕政は大混乱、日本は幕末を迎え新たな時代を迎えることになったのです。

【関連記事】

イギリス船ブラザーズ号が浦賀に来港(1818年5月14日)

異国船打払令(1825年2月18日)

モリソン号事件と7人の日本人(1837年6月28日)

米国捕鯨船マンハッタン号が日本に寄港(1845年4月18日)

東インド艦隊司令長官ジェームズ・ビドルが浦賀に来航(1846年5月26日)

イギリス軍艦マリーナ号が浦賀で測量開始(1849年4月9日)

ジョン万次郎が帰国(1851年1月3日)

黒船来航(1853年7月8日旧暦6月3日)

第3話「黒船が来た」|明日なき戦いの果てに

ペリー上陸記念日(1853年7月14日)

マシュー・ペリー提督の艦隊の再来航(1854年1月16日)

ペリーが日本初の電信の公開実験を行う(1854年の2月24日)

黒船来航から箱館戦争まで関わった中島三郎助

第4話「マシュー・ペリー箱館へ」|明日なき戦いの果てに

ペリー会見所跡|マシュー・ペリー提督の箱館来航

函館と黒船と日本最古の写真の関係

函館とホタテ貝と黒船ペリー提督の関係

ペリー提督日本遠征記 (角川ソフィア文庫)

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年7月 4日 (木)

第23話「降伏勧告」|明日なき戦いの果てに

ココログ「夜明け前」公式サイト

 箱館総攻撃の翌日5月12日、新政府軍は五稜郭と弁天台場に艦砲射撃を行った。とりわけ甲鉄艦から五稜郭への砲撃で多数の死傷者が出た。箱館政権軍には為す術はなかったが徹底抗戦の構えだった。

 新政府軍は五稜郭へは進軍せず黒田清隆は箱館政権に対して寛大な戦後処理をする方針で降伏勧告と和議の準備を始めた。同日、薩摩藩士池田次郎兵衛と村橋直衛が箱館病院に入院していた京都守備で旧知の会津藩士諏訪常吉を訪れ和平交渉の斡旋を依頼した。

 重症の常吉は病院長高松凌雲と事務長小野権之丞に託した。凌雲は徳川慶喜の奥医師を務め箱館戦争では敵味方分け隔てなく負傷者の治療にあたっていた。凌雲と権之丞は降伏勧告の手紙を送ったが、14日に武陽と松平太郎の連名で拒否の返事が届いた。このとき武陽はオランダ留学で得た万国海律全書を戦火によって失われるのは痛恨の極みと新政府軍に送った。海律全書を手にした清隆は武陽の愛国心を理解したに違いない。

 同日、薩摩藩士田島圭蔵は弁天台場を訪れ武陽との面会を依頼、永井尚志と新撰組の相馬主計と五稜郭に赴いた。圭蔵はかつて函館政権に拿捕された秋田藩の高雄丸の艦長で武陽に釈放された経緯もあり誠意を持って交渉したが武陽が決意を覆すことはなかった。武陽は傷病者を湯の川へ送り徹底抗戦の構えだったが、尚志と主計には密かにそれとわかるように降伏の意向を示したと伝えられている。

弁天台場と入口付近
弁天台場と入口付近

 弁天台場は新政府軍の攻撃によく持ち堪えたが兵糧が尽き15日に降伏した。同日、新政府軍は中島三郎助が守備する千代ヶ岱陣屋に降伏を勧告、大鳥圭介も五稜郭へ撤退を促したが三郎助は了承しなかった。武陽は松平太郎を派遣し撤退の説得を試みた。軍議では若者達に降伏を主張していた49歳の三郎助は自らは討ち死にを覚悟していた。

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月28日 (金)

第22話「弁天台場を救え」|明日なき戦いの果てに

ココログ「夜明け前」公式サイト

 函館山を奪還するため弁天台場から伝習士官隊長滝川充太郎が新撰組、伝習士官隊を率いて山頂に向かった。山頂からの攻撃が激しく、また大森浜からの艦砲射撃を受けて一本木関門まで退いたが新政府軍の追撃により五稜郭に撤退した。市街を制圧し弁天台場を孤立させた新政府軍は一本木関門に集結し千代ヶ岱陣屋と五稜郭に対峙した。

 函館山占領の原因は新選組の怠慢という批判もあり、弁天台場は島田魁をはじめとする新選組が中心となり守備をしていた。11日早朝、土方歳三は五稜郭を出陣して桔梗に向かった。五稜郭に戻る途中で箱館港で蟠竜丸が新政府軍の朝陽丸を轟沈させたのを見た歳三は兵士の士気を高めた。そして孤立した弁天台場を救出し箱館を奪還すべく出陣したが一本木関門にて馬上で指揮を執っていたところ腹部を撃たれて落馬し絶命した。

蟠龍丸が朝陽丸を轟沈・土方歳三・一本木関門
蟠龍丸が朝陽丸を轟沈・土方歳三・一本木関門

 陸軍奉行添役大野右仲は歳三の命で弁天台場の方へ進軍していたが総崩れとなり引き返してきた。このとき歳三の直属部下の陸軍奉行添役安富才助が歳三の死を知らせたと伝えられている。歳三の戦死が伝わると箱館政権副総裁の松平太郎は箱館奪還のため諸部隊を率いて五稜郭から出陣し新政府軍と戦ったが撤退を余儀なくされた。弁天台場は新政府軍の攻撃にも拘わらず陥落しなかったが、完全に孤立し残留した兵士たちは立て籠もり防衛するだけとなった。

 土方歳三は箱館滞在中は五稜郭には常駐しておらず箱館市中の見廻りを行うため豪商の佐野専左衛門の丁サと呼ばれる万屋を宿所としていた。そのすぐ近くには新選組が屯所とした称名寺があった。歳三の最期の地には諸説あるが、歳三が仲間を救出すべく自身が暮らした箱館市中や弁天台場をめざして一本木関門より先へ先へと進軍しようとする想いの中で絶命したのは間違いないだろう。

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月27日 (木)

演説の日|三田演説館(1874年6月27日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 三田演説館は東京都港区三田の慶應義塾大学三田キャンパスにある演説講堂です。三田演説館は明治8年(1875年)5月1日に慶應義塾創立者の福澤諭吉が私財で建設した日本初の演説会堂です。現在はの三田キャンパスの稲荷山にありますが、これは関東大震災後に移築されたもので、もともとは三田キャンパスの図書館と塾監局の間に建てられました。福澤諭吉の時代から存在する建造物で昭和42年(1967年)に日本の重要文化財指定されました。

福沢諭吉と三田演説館の講堂
福沢諭吉と三田演説館の講堂

 「学問のすゝめ」で演説の重要性を説いた福澤諭吉は明治6年(1873年)の半ば頃から有志たちと演説弁論の技量の研究に取り組みました。明治7年(1874年)6月27日に三田演説会において日本初の演説会を行いました。この演説で福澤諭吉は「日本が欧米と対等の立場に立つためには演説の力をつけることが必要である」と主張しています。

 なお「演説」という日本語は福澤諭吉らが作った造語です。福沢諭吉が出身した旧中津藩において上申に使われていた「演舌書」が起源とされています。

【関連記事】

高島流砲術を学んだ福澤諭吉

万延遣米使節団が品川出港(1860年1月18日)

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月23日 (日)

ペリー会見所跡|マシュー・ペリー提督の箱館来航

ココログ「夜明け前」公式サイト

カテゴリ:箱館史跡 幕末から明治初期に箱館で起きた史実に関係する史跡を紹介します。

 マシュー・ペリー提督が率いる黒船艦隊が浦賀沖に現れたのは嘉永6年6月3日(1853年7月8日)です。ペリーはアメリカ合衆国第13代大統領ミラード・フィルモアが日本に開港と通商を求める親書を幕府に渡す目的で日本にやってきました。幕府から久里浜に上陸を認められたペリーは同年6月6日に浦賀奉行と会見を行いました。親書を受け取った幕府は将軍徳川家慶が病で決断できる状態にないことから返事に1年間の猶予が欲しいことを伝えた。ペリーはこれを了承し1年後に再来日すると6月12日に江戸を離れた。

 ペリーが離日して10日後、将軍家慶が死去した。この事実を知ったペリーは半年後の嘉永7年(1854年)1月に再来日した。ペリーは圧倒的な軍事力のもと砲艦外交を行い、幕府は同年3月3日に日米和親条約を締結し伊豆の下田と蝦夷地の箱館が開港された。

 ペリーが箱館に視察に訪れたには4月21日。このときペリー迎えたのは松前藩だった。松前藩とペリーの会見は箱館弁天町の豪商・山田屋寿兵衛の屋敷で行われた。

山田屋寿兵衛の屋敷での松前藩とペリー提督の会見
山田屋寿兵衛の屋敷での松前藩とペリー提督の会見

 幕府は松前藩に箱館開港は知らせていたものの日米通商条約締結は伝えていなかった。松前藩が条約の内容を把握したのは米国から提示された条文を見たときである。松前藩は函館港の取り決めについて権限がないことを理由に交渉を断った。ペリーは5月8日に箱館を出港し下田で幕府と協議をすることにした。

 ペリー会見所跡は〒040-0051 北海道函館市弁天町15-7に史跡があり案内板が設置されています。かつては次の写真のように標柱が建てれていましたが現在は標柱の後ろの建造物が建て替えられており標柱も撤去されています。

ペリー提督会見所跡
ペリー提督会見所跡

 ペリー会見所跡をGoogle Mapで示しました。案内板以外には何もありませんが函館山を観光したときに歩いていける距離です。港の方には「箱館丸」の復元船の展示もあります。電車通り沿いに函館駅の方へ向かうとペリー提督来航記念碑のあるペリー広場があります。

ペリー会見所跡(〒040-0051 北海道函館市弁天町15-7)

 リンクをアクセスするとGoogleストリートでも確認できます。

【関連記事】

第4話「マシュー・ペリー箱館へ」|明日なき戦いの果てに

函館と黒船と日本最古の写真の関係

函館とホタテ貝と黒船ペリー提督の関係

ペリー提督日本遠征記 (角川ソフィア文庫)

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月19日 (水)

日米修好通商条約に調印(1858年6月19日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 嘉永7年3月3日(1854年3月31日)の日米和親条約締結により初代日本総領事に就任したタウンゼント・ハリスは幕府に対して日米通商条約の締結を求めました。幕府はハリスの要求に対して消極的な対応を続けました。

初代日本総領事タウンゼント・ハリス
初代日本総領事タウンゼント・ハリス

 ハリスは政4年10月21日(1857年12月7日)に江戸城に赴き13代将軍徳川家定に謁見し国書を手渡しました。ハリスは穏やかで冷静な態度で日米通商条約の必要性を説き、徳川家定や幕府老中の堀田正睦は米国との通商条約の締結はやむを得ないと考えるようになりました。

 幕府は安政4年12月11日(1858年1月25日)から条約の交渉を始めました。全権を委任されたのは下田奉行の井上清直と目付の岩瀬忠震です。2人は国内情勢が不安定な状態で江戸を開市しても商売の見通しが立たないと説きましたが、ハリスはこれを聞き入れずあくまでも通商条約締結を主張しました。交渉は15回にわたりましたがやがて双方が合意に達しました。

 正睦は条約締結にあたり孝明天皇の勅許が必要と考え、安政5年2月5日(1858年3月19日)に京都に赴きました。安政5年3月12日(1858年4月25日)に関白の九条尚忠が朝廷に条約議案を提出すると、き攘夷派の公家が通商条約の締結に反対し堂上家137家のうち岩倉具視や中山忠能ら合計88名が抗議行動の座り込みを行う「廷臣八十八卿列参事件」を起こしました。孔明天皇は従来の和親条約については問題ないと考えていましたが、異国と対等となる通商条約については国の秩序を乱すと考え勅許を拒否しました。

 ハリスは清を侵略しているイギリスやフランスが日本を侵略する可能性があり列強から日本を守るためには日本は米国と通称条約を結ぶ以外に方法はないと主張しました。幕府はハリスの主張を理解し日米通商条約をいち早く締結すべきと考えるようになりました。

 その後、正睦は大老に福井藩主の松平慶永を推薦しましたが、家定の指名により安政5年(1858年)4月23日に井伊直弼が大老に就任しました。幕政の中心となった井伊直弼は日米通商条約の締結を進めました。直弼も当初は孝明天皇の勅許が必須と考えていましたが、老中の松平忠固が朝廷に屈することは幕府権威の低下につながると強硬論を主張、さらに勅許を得られるまで交渉を長引かせることが難しくなり列強から日本を守るためには勅許を得ずに条約に調印することもやむを得ないと許可しました。 

 井上清直と岩瀬忠震は条約調印のため米国海軍のUSSポータハン号に赴き、安政5年6月19日(1858年7月29日)に日米修好通商条約が締結されました。その後、幕府は同年中にオランダ、ロシア、イギリス、フランスとも勅許を得ずに修好通商条約を結びました(安政五カ国条約)。

 万延元年(1860年)、幕府は日米修好通商条約の批准書を交換するため万延元年遣米使節をポーハタン号でアメリカに派遣しました。その護衛の名目で派遣されたのが咸臨丸です。使節団は万延元年閏3月27日(同年5月17日)にワシントンでブキャナン大統領に謁見し、4月2日(5月22日)批准書が交換され日米修好通商条約締結が完了しました。

 この条約は日本に不利な不平等条約で天皇の勅許を得ないで締結したことから攘夷派の公家や諸藩が反発し幕政の混乱が始まりました。直弼は反対派の幕臣、志士、公家などを粛清しました。正睦や旧体制派の幕臣もごとごとく罷免されました。この安政の大獄と呼ばれる事件で幕政はますます混乱し使節団が米国を訪問している間に桜田門外の変が起き直弼が暗殺されました。

 朝廷は安政五カ国条約を認めませんでした。外国勢力を日本から追い出す攘夷論と朝廷を中心とした政治を行う尊王論が結びびつき尊王攘夷論となり幕府への批判や討幕運動が始まり条約の撤回が要求されるようなりました。こうした国内情勢の混乱から幕府は条約にに記載された開市・開港の期限延期などの外交交渉を行いましたが、慶応元年9月(1865年11月)にイギリス・フランス・オランダの連合艦隊が兵庫沖に侵入する兵庫開港要求事件が起き、朝廷も同年年9月16日(1865年11月4日)に各国との条約を勅許しました。

 安政五カ国条約では江戸と大阪の開市、新潟・兵庫を開港することになっていました。しかしながら国内の経済や政治の状況から期限内での履行が困難になったため幕府は開港開市の延期交渉ならびにロシアとの樺太国境の画定交渉のため文久元年(1862年)に欧州に文久遣欧使節を派遣しました。イギリスの協力で派遣団の目的は達成されましたが、 幕政はますます混乱していったのです。

【関連記事】

黒船来航(1853年7月8日旧暦6月3日)

マシュー・ペリー提督の艦隊の再来航(1854年1月16日)

廷臣八十八卿列参事件(1858年3月12日)

日米修好通商条約に調印(1858年6月19日)

万延遣米使節団が品川出港(1860年1月18日)

文久遣欧使節がイギリスとロンドン覚書を調印(1862年5月9日)

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月18日 (火)

第21話「箱館総攻撃」|明日なき戦いの果てに

ココログ「夜明け前」公式サイト

 箱館政権の敗戦が濃厚になると陸海軍で勇敢に戦ったフランス軍人ブリュネらは明治2年(1869年)5月1日に戦況を視察していたフランス軍艦コエトロゴンで箱館を離脱した。同日、二股から五稜郭に帰陣した土方歳三は弁天台場に赴き新選組に七重浜の敵軍を奇襲するよう命じた。奇襲は成功したが戦況は変えられなかった。

 3日、弁天台場の下級兵の斉藤順三郎が鍛冶職人を買収し大砲を使用不能とさせた。順三郎は安政年間に七重村に入植した八王子千人同心の子で箱館政権のやり方に憤り新政府軍の遊撃隊の一員として箱館政権軍に潜り込んでいたのである。これによって新政府軍艦隊は函館湾の奥深くまで進出できるようになった。7日、回天丸が甲鉄艦の砲撃で機関部を損傷し弁天台場付近で座礁させ浮き砲台となった。

 11日早朝、新政府軍は箱館総攻撃を始めた。新政府軍の陸軍本隊は五稜郭を包囲、海軍は函館湾と大森浜から艦砲射撃をした。大鳥圭介の部隊は五稜郭北方を懸命に守ったが多勢に無勢で夜には五稜郭に撤退した。松岡四郎次郎率いる部隊は急造された四稜郭で防戦したが権現台場が占領されると退路を断たれることを恐れ五稜郭へ撤退した。

 大砲が修理され再び機能を取り戻した弁天台場は新政府軍にとって厄介な存在であった。新政府軍の陸軍参謀の黒田清隆は奇襲部隊を編成し箱館山の山頂を占領し弁天台場と箱館を急襲する作戦を決行した。11日未明、奇襲部隊は飛龍丸と豊安丸に分乗し箱館山に向かった。

 飛龍丸の清隆が率いる部隊は函館山南東側の寒川から上陸し絶壁をよじ登り山頂を急襲し占領した。山頂を監視していた新選組の監視兵は遁走し弁天台場に逃げ込んだ。一方、豊安丸の部隊は箱館山西北側の山背泊(入舟町)から上陸し弁天台場へ向かった。新政府軍が箱館山を占領すると箱館奉行の永井尚志は弁天台場に入り守備を固めた。

箱館市内地図(箱館戦争当時)
箱館市内地図(箱館戦争当時)

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月16日 (日)

幕末の軍医 松本良順の誕生日(1832年6月16日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 松本良順は幕末から明治時代にかけて活躍した医師です。良順は天保3年(1832年)6月16日、佐倉藩藩医の佐藤泰然の長男として江戸麻生(東京都港区)で生まれました。嘉永元年(1848年)、父が開設していた「佐倉順天堂」で助手を勤め嘉永2年(1849年)に松本良甫の養子となりました。実弟に戊辰戦争で箱館戦争に参戦した林董がいます。

松本良順
松本良順

 嘉永6年(1853年)の黒船来航により幕府はオランダの協力を得て最初の海軍教育機関「長崎海軍伝習所」を安政2年(1855年)に設立しました。良順はオランダが長崎海軍伝習所に軍医を派遣すると聞き、伝習所初代総監理の永井尚志に掛け合い長崎伝習之御用となり安政4年(1857年)に長崎に赴きました。ここでオランダ軍軍医ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトから西洋医学など蘭学を学びました。

 良順は医学校の建設の必要性を考えていたポンぺに賛同し長崎海軍伝習所から医学伝習所を独立させるよう奔走しました。同年11月、ポンペは長崎奉行所の西役所に医学伝習所を開き教授となりました。ここで良順や弟子に医学を教え始めました。多くの医師が集まったことから伝習所が手狭となり、良順は病院を付設した医学校の建設を決意しました。長崎奉行の岡部長常の協力を得て医学校建設の計画は進みましたが、江戸幕府大老の井伊直弼が安政5(1859年)にオランダ人海軍伝習教官の帰国命令を出し長崎海軍伝習所は閉鎖されることになりました。このとき良順は長常と医学伝習所の存続に尽力し、ポンぺは日本に残ることができました。

 文久元年(1861年)9月、良順は長崎養生所の頭取となるとポンぺは翌年にオランダに帰国しました。文久2年(1862年)、良順は医学所頭取助を兼任する奥詰医師となりました。良順は江戸に戻り文久3年(1863年)に奥医師に進み、西洋医学所頭取(東京大学医学部)となりました。良順は将軍侍医を務め徳川家茂などの治療も行っています。また新選組の近藤勇と知り合いだったことから新選組隊士の治療も行いました。

 徳川家茂は良順の治療の甲斐なく第2次長州征伐中に死去、日本は戊辰戦争の混乱の時期を迎えます。良順は幕府の歩兵頭格医師として陸軍の軍医を務めました。大政奉還後は奥羽列藩同盟軍の軍医となりましたが会津戦争後は榎本武揚や林董とは行動をともにせず仙台にて降伏しました。明治2年(1869年)に赦免され東京早稲田に蘭疇院設立、明治4年(1871年)に兵部省に出仕し、明治6年(1873年)には大日本帝国陸軍初代軍医総監となりました。その後は明治23年(1890年)に貴族院議員となり明治35年(1902年)に退役しました明治38年(1905年)男爵、明治40年(1907年)3月12日 に死去しました。

 松本良順は西洋医学の導入と普及に大きく貢献し、その後も近代医学の発展に尽力しました。日本人に牛乳を飲むことや海水浴をすること推奨し定着させました。

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

第20話「蝦夷地上陸作戦」|明日なき戦いの果てに

ココログ「夜明け前」公式サイト

 宮古湾海戦後に新政府の海軍が青森に到着したのは明治2年(1869年)3月26日である。4月9日、新政府軍は乙部に到着した。箱館政権軍は新政府軍の上陸と江差攻略を阻止できず松前まで退却した。12日、陸軍参謀黒田清隆が率いる部隊が江差に上陸、新政府軍は松前、木古内、二股から箱館に向けて進軍を開始した。

渡島半島地図
渡島半島地図

 松前では伊庭八郎が率いる遊撃隊と春日左衛門が率いる彰義隊が江差奪還を試みたが19日には松前を占拠され撤退した。木古内は彰義隊が守っていたが大鳥圭介率いる伝習隊や額兵隊が援軍となり新政府軍を迎え撃つも撤退を余儀なくされた。さらなる援軍で木古内を奪還したものの地の利のある矢不来に退き胸壁と砲台を築いて布陣した。このとき会津藩士の諏訪常吉は敵軍宛に和平の置き手紙を当別に残している。

 29日、新政府軍は矢不来を街道側、海側、山側から攻撃、甲鉄艦や春日丸が艦砲射撃を行った。箱館政権軍は壊滅状態となり衝鋒隊の天野新太郎や永井蠖伸斎が戦死した。圭介は有川まで撤退し榎本武揚と合流するが箱館政権軍は総崩れとなり箱館へ敗走した。

 一方、二股では土方歳三が指揮する衝鋒隊、伝習隊が台場山に胸壁を構築し新政府軍を迎撃した。歳三の部隊は険しい山頂という地の利も得て小隊が交代しながら小銃を撃ちかけ新政府軍を撃退した。新政府軍は山をよじ登り台場山に乱入し激しい戦いを繰り広げたが25日には撤退し二股を迂回する道を切り開き始めた。29日に矢不来が占拠されると退路を絶たれることを恐れた歳三は五稜郭へ撤退した。

 28日、青森口総督の清水谷公考が江差に到着、新政府軍は有川に集結し箱館総攻撃の準備を整えた。最後の決戦を前に新政府軍は有川沖に榎本艦隊を牽制・攻撃しつつ艦砲射撃による陸軍の進軍を支援するため甲鉄艦、朝陽丸、春日丸、陽春丸、延年丸、丁卯丸の6隻の艦隊を集結させた。開陽丸を失い制海権を失った榎本艦隊は回天丸、播龍丸の2隻を残すのみであった。

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧