カテゴリー「電車」の7件の記事

2021年6月12日 (土)

川端康成「雪国」刊行(1937年6月12日)

 小説「雪国」は昭和43年(1968年)にノーベル文学賞を受賞した川端康成の長編小説です。川端康成は昭和10年(1935年)1月からいくつかの雑誌で雪国の物語を書き始め、昭和12年(1937年)6月12日に「雪国」として刊行しました。川端康成はその後も執筆に取り組み、「雪国」の完結本が刊行されたのは昭和23年(1948年)12月25日です。「雪国」の完成に13年もかけたのです。

川端康成
川端康成

 湯沢温泉を舞台とした「雪国」の冒頭は有目な「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」で始まります。国境は「くにざかい」と読むか「こっきょう」と読むのか意見が分かれていますが、国境の長いトンネルとは群馬県と新潟県の境い目にある清水トンネルのことです。清水トンネルが開通したのは昭和6年(1931年)で、川端康成は1934年から1937年まで湯沢温泉に滞在しています。

 小説では汽車に乗って長いトンネルを抜けたことになっていますが、清水トンネルを挟む水上駅と石打駅の路線は最初から直流電化されており、ここを汽車が通ることはありませんでした。長いトンネルに蒸気機関車を通すと煤煙による人的被害が生じるため、この区間は電気機関車が客車を牽引していたのです。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」と蒸気機関車が走る映像がありますが、蒸気機関車が長いトンネルを抜けることはなかったのです。

 さて、清水トンネルの路線を複線化する際に、新清水トンネルが作られました。昭和42年(1967年)に清水トンネルは上り専用となり、新清水トンネルが下専用となりました。川端康成がノーベル文学賞を受賞したときには「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を体験しようと上越線に乗っても、当時の国境の長いトンネル(清水トンネル)を通り抜けた主人公の島村の体験は再現できなくなっていたのです。

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年5月31日 (月)

特急おおとり(キハ183形100番台)

 「おおとり」は昭和39年(1964年)10月から昭和63年(1988年)3月まで北海道の函館駅ー網走駅・釧路駅を結んでいた特急列車です。昭和45年10月に釧路発着編成は「おおぞら」となり、「おおとり」は函館駅ー網走駅を運行しました。昭和63年3月(1988年)のダイヤ改正で函館駅-札幌駅を結ぶ列車が「北斗」、札幌駅-網走駅を結ぶ列車が「オホーツク」となり、「おおとり」は廃止となりました。

おおとり(キハ183形100番台)
おおとり(キハ183形100番台)

 「おおとり」には80系気動車が使用されましたが、この写真の「おおとり」は80系ではなくキハ183形100番台です。キハ183形100番台は国鉄末期の昭和60年(1985年)3月のダイヤ改正で、北海道の特急の増発にあわせて導入された気動車です。当時、先頭車が不足していたため、中間間のキハ184系に運転台を取り付け、キハ183形100番台としました。分割併合を可能とするため貫通ドアを備えた車両となっています。キハ183形100番台は4両だけ作られました。

 このことからこの写真は昭和60年から昭和63年の間に撮影されたものであることがわかります。撮影場所も定かではないのですが、おそらく函館駅と思われます。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

子供の科学別冊「紙で作る日本の蒸気機関車」

 実家で発見した古本です。1980年代に誠文堂新光社の子供の科学別冊として発売されたのペーパークラフト本の「紙で作る日本の蒸気機関車」です。紙型の部品を切り抜いて接着剤で貼り合わせて組み立てます。日本の蒸気機関車15台が紙型が収録されています。

子供の科学別冊「紙で作る日本の蒸気機関車」
子供の科学別冊「紙で作る日本の蒸気機関車」

 なかなか贅沢なペーパークラフト本で、当時この本を買ってもらったときに保存しておかなければと思い、手をつけずに本棚にしまってありました。この本は2004年に復刻版が販売されていたようです。復刻版の現在の入手価格は12,000円ぐらいのようです。

出版社 : 誠文堂新光社; 復刻版 (2004/4/1)
発売日 : 2004/4/1
言語 : 日本語
単行本 : 138ページ
ISBN-10 : 4416304080
ISBN-13 : 978-4416304082

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

三陸鉄道リアス線開業(2019年3月23日)

 三陸鉄道リアス線は岩手県大船渡市の盛駅と久慈市の久慈駅を結ぶ鉄道です。自分は仕事で釜石や三陸方面にいく機会が多く、よく三陸鉄道にはお世話になりました。しかし、三陸鉄道は2011年3月11日の東日本大震災で大打撃を受けて不通となり、自分も釜石や三陸方面での仕事の機会がなくなりすっかり出かけることはなくなってしまいました。復興を願ってGoogle Mapで鉄道や街の様子を見守っているのですが、街は少しずつ街が姿を取り戻しています。

釜石には先日紹介した先輩(ココログ 夜明け前「バーチャルに話の腰を折る男」)と出かけていたのですが、2019年3月23日に三陸鉄道リアス線が開業したニュースを小料理屋で見たときには涙目で手を叩いて喜んだことをよく覚えています。一番、釜石や三陸のことを心配していた先輩は2017年に他界してしまいました。元気でいたらこの日は小料理屋で祝杯をあげていたことでしょう。

Photo_20210322143401
三陸鉄道 盛行きの電車(釜石駅 2004年5月撮影)

・ココログ 夜明け前「三陸鉄道(2011年4月11日)
・ココログ 夜明け前「三陸大王杉(2011年4月12日)
・ココログ 夜明け前「アワビのステーキ@三陸海鮮料理 釜石 中村屋

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

バーチャルに話の腰を折る男

まだ昭和の余韻が残る平成一桁のある年の出来事。

都内で先輩と飲んで終電に飛びのった。

連結器近くの席に座れた。

先輩はずいぶん酔いが回っており、乗った瞬間にZzzz。

上を向いて、口を開けて、グァー。

さすが終電。同じような人が散見。

でも迷惑だよね。

終電だから降りるわけにもいかないし。

私はこの人知りませんモードになるしかない。

知りませんよ、私はこの人のことなんか。

それなのに。

3駅ほど過ぎたところで

むっくりと起きて私の肩を叩く。

「あにょね話の腰を折って申し訳ないが」

話なんかしてないぞ。

「ちょっとトイレ言ってくるわ」

と立ち上がって、連結器のドアを開けようとする。

もしもし、電車の中なんですが。

「あれまだ電車の中か」

と言って席に戻った瞬間にZzzz。

まわりの人たちに迷惑だよなと思ったら

ウケている。みなクスクス笑っている。

苦笑いするしかない。

それからまた3つほど先の駅に到着したとき

また私の肩を叩く

「あにょね話の腰を折って申し訳ないが」

またか。

「ちょっとトイレ言ってくるわ」

今度は電車のドアからホームに出てしまった。

クスクス笑っていた人たちが大慌てで引き戻してくれた。

「あれまだ電車の中か」

席に戻った瞬間にZzzz。

ごめんなさい、すみません、ありがとうございます

まわりの人に謝るしかない。

でも皆さん笑っている。

退屈な終電で面白い漫画を見ているよな感じなのかな。

もう起きないでくれと切に願う

しかし、その願いは通じることはなく

また3駅ほど先で、

「あにょね話の腰を折って申し訳ないが」

と言って立ち上がり、ベルトに手をかける。

いったい何が始まるんだ!

まわりの人は皆後ずさり

何事もなく

「ふぁー」

と言って席に座った瞬間にZzzz。

いったい何をしようとしていたんだ。

さすがにあせったぞ。

次の起きる事件を予知したのか

後ずさりした人たちは戻って来ない。

先輩と私の前にはぽっかりと空いた空間。

私も皆と一緒にそっちに行きたいよ。

そして、また3駅。

やったー目的地の駅である。

着いたよ!

何とか無事に辿り着いた。

皆さん本当にありがとう。

無事帰還のご協力に感謝いたします!

目礼して電車を降りる。

皆が笑っている。

電車を降りると先輩がいきなり走り出す。

どうやらトイレに向かったようだ。

シャーーーーずいぶんと長い。

だいぶたまっていたのだろう。

だいぶすっきりしたご様子。

2人で改札を出る。

自分は右側の出口、先輩は左側の出口だ。

ここでさようなら。

ずいぶん寝たので足元もしっかりしているご様子。

呂律もまわっているようだしタクシーで帰れるだろう。

酔いもだいぶさめているようだ。

お疲れ様でしたと言おうとしたところで

「電車でいろいろ話の腰を折って申し訳なかったよー」

なんと?酔いはさめてないのか?

「話の続きをしにバーでもに行こう」

帰れー!

左側の出口まで送りタクシーに乗せたたのであるが、

「今日はありがとね」

「運転手さん○○町の交差点を左に」

と的確に指示。

帰巣本能は失われていないようだ。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

JR新宿駅・渋谷駅が発車メロディを導入(1989年3月11日)

 昔は電車の発車時間になるとけたたましい金属や電子ベルの音がホームに響きました。大きな音を鳴らしていたのは電車発車時の危険通知や安全確保の目的と思いますが、この音を聞いてあわてて電車に乗り込む人もたくさんいました。

 1980年代の終わりに駅のホームの拡声器によるアナウンスや発車ベルの騒音が問題となりました。1987年11月13日付の朝日新聞では駅の騒音を話題にした記事が掲載されると、駅の音環境の改善を求める声が多くみられるようになりました。

 1988年8月にJR千葉駅は発車ベルを全面的に廃止とし、これがきっかけとなって発車ベルの見直しが進みました。そして、けたたましい発車ベルを穏やかなメロディに変更するというアイデアが採用されました。メロディに変更したことで、けたたましさがなくなったからと言って、電車発車時の危険通知や安全確保が損なわれては意味がありません。また、穏やかな音でも遠くまで聞こえるようにする必要がある、複数のメロディが重なっても不協和音にならず聞こえるようにする必要があるなど、様々な課題がありました。

 JR東日本は発車メロディのプロジェクトを立ち上げヤマハ株式会社に発車メロディのシステムの開発を依頼しました。様々な課題を乗り越えて、1989年3月11日にJR新宿駅・渋谷駅で発車メロディが導入されると、首都圏をはじめとする全国の駅で発車メロディの導入が進みました。

駅のホーム

 さてベルをメロディに変更するアイデアについては諸説ありますが、京阪電気鉄道が1971年8月15日に発車メロディを採用しています。ですから、JR東日本の発車メロディは発車メロディを広く世間に知らしめることには貢献しましたが、最初の発車メロディではありません。

 

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

山手線が「やまのてせん」に戻る(1971年3月7日)

 自分は1968年ぐらいまで関東に住んでいたのですが、当時、山手線は「やまてせん」と呼ばれていました。その後、関東から離れたのですが1970年代に東京に遊びに行ったときに山手線の呼び方が「やまのてせん」に変わったことを知りました。「やまてせん」の方がしっくりくるのにと感じたことを覚えていますが、そのとき呼び方の変更の由来もあまり考えませんでした。その後、名前が変わった理由を調べたところ、山手線はもともと「やまのてせん」であったことを知りました。

Photo_20210302100401
山手線 103系(1963-1988)

 山手線は都内の下町に対して山の手あたり走る電車だから「やまのてせん」と名付けられたようです。営業開始前は「山ノ手線」と表記する予定でしたが、営業開始時に「ノ」がとれた山手線が採用され、読み方は「やまのてせん」と決まりました。以降、山手線は「やまのてせん」と呼ばれていたのですが、第二次世界大戦後にGHQが交通の施設や標識などにローマ字を併記することを指示した際に、国鉄は山手線に「YAMANOTE」ではなく「YAMATE」と併記しました。これによって山手線は「やまのてせん」と呼ばれなくなり、「やまてせん」という呼び方が定着しました。「やまて」は国鉄職員の間での山手線の通称だったようです。

 1970年9月に大阪万博が終了すると、国鉄は旅客確保の取り組みとして個人旅行拡大のための「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを開始しました。このキャンペーンでは駅名や路線名をわかりやくする取り組みも行われ、駅名や路線名の誤読を避けるためふりがなをつけることになり、山手線の読み方を再考するきっかけになりました。

 山手線は本来の由来から「やまのてせん」とふりがなをつけることが決まり、1971年3月7日に「やまのてせん」という名前に戻りました。同日、群馬県の長野原線が吾妻線に改称されており「あづません」と誤読されることを避けるために「あがつません」とふりがながつけられていますが、これも山手線の読み方を見直すひとつの要因になったようです。

 さて、山手線というと環状の路線全体と思っている人が多いと思いますが、山手線とは品川駅から田端駅までの路線のことです。東京駅と品川駅の間は東海道線、東京駅と田端駅の間は東北線です。ですから、電車としての山手線は路線としての山手線と東北線と東海道線の3つの路線を走っている電車ということになります。

 ところで、いつも混んでいる山手線ですが、あまりの混雑で目的の駅で降りることができるかどうか心配になるときがあります。特に降りる駅でどちら側のドアが開くのかを知っていると便利です。各駅で開くドアの方向についてはココログ 夜明け前 「山手線の各駅でドアが開く方向」にまとめてあります。

  

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)