カテゴリー「歴史」の36件の記事

2022年5月 1日 (日)

日本赤十字社創立記念日(1877年5月1日)

 明治10年(1877年)に大西郷こと西郷隆盛ら反乱士族による西南戦争が勃発しました。西南戦争は国内で起こった最大規模の内戦となり多くの人々が傷つき命を落としました。この悲惨な状況を鑑みて元老院議官の佐野常民らは「敵味方を区別することなく戦場で負傷した将兵を救護する」という赤十字社の精神を元にした博愛社を設立しようと政府に許可を求めました。しかしながら、西郷隆盛の実弟で陸軍卿の山縣有朋の代理を務めていた小西郷こと西郷従道は逆賊は犯罪者であり赤十字社の精神とは折り合わないとし博愛社の設立を許可しませんでした。

 佐野常民は博愛社の設立を諦めず熊本洋学校教師館ジェーンズ邸に滞在していた元老院議長で征討総督の有栖川宮熾仁親王に博愛社の設立と救護活動を直談判しました。熾仁親王はかつては同じ志を持つ志士で天皇の臣民である敵将兵を救護する博愛社の精神を称賛し設立を許可しました。これによって明治10年(1877年)5月1日に博愛社が設立されました。博愛社はさっそく救助活動を開始し多くの将兵を救護しました。しかしながら敵味方を助けるという精神が敵味方の兵に理解されておらず救護隊が敵味方から妨害や攻撃を受けることも多々あったようです。

Photo_20220427121401
博愛社創設許可の図(寺崎武男作)
有栖川宮熾仁親王から博愛社設立の許可を受ける佐野常民

 明治19年(1886年)、日本はジュネーヴ条約に参加しました。これによって明治20年(1887年)5月20日に「博愛社」は「日本赤十字社」と改称し万国赤十字社同盟に加盟した。

【関連記事】

上野公園の西郷隆盛像の除幕式(1898年12月18日)(西南戦争の経緯)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

米国捕鯨船マンハッタン号が日本に寄港(1845年4月18日)

 日本を公式に訪れた最初のアメリカ人はマーケイター・クーパーです。クーパーは捕鯨船マンハッタン号の船長として1843年11月9日にニューヨーク州ロングアイランドのサグハーバーを出港しました。

マーケイター・クーパー
マーケイター・クーパー

 マンハッタン号は南米のケープ・ホーンを回り太平洋に出て東へと向かいました。約1年間にわたり捕鯨活動を行い1845年2月に小笠原諸島の父島に補給のため立ち寄りました。同年3月14日にマンハッタン号は食糧としてウミガメの肉を入手するため父島から420キロメートル離れた鳥島を訪れました。このときクーパーは海岸で難破船を発見し、あたりを探索したところ遭難して漂着していた日本人11人を発見しました。

 クーパーは日本人を救出し日本に向かいましたが、翌日も江戸の帰路で難破していた小宝丸を発見し日本人11人を救出しました。マンハッタン号は救助した日本人22人を乗せて江戸に向けて針路をとりました。

 当時の日本は江戸幕府の政策によりいわゆる鎖国の状態にあったためマンハッタン号は江戸に立ち寄ることはできませんでした。房総半島沖で多くの日本の漁船と遭遇し、救助した日本人を引き渡したいというメッセージを持たせた日本人2人を一隻の漁船に託しました。その後、さらに2人の日本人を上陸させました。

 メッセージを受け取った幕府は1845年4月18日はマンハッタン号に対して日本に立ち寄ることを認め、約300隻の日本船がマンハッタン号を曳航し浦賀に入港させました。幕府はマンハッタン号が停泊中に全ての武器を取りあげましたが帰国時には返却しました。マンハッタン号を訪れた幕府高官は友好的だったようです。

 幕府はマンハッタン号を調べましたが、この時の幕府側の通訳は後にマシュー・ペリーの黒船来航時に活躍した森山栄之助が担当していました。幕府は嵐で壊れたマンハッタン号を修理する木材を提供し、さらに水、米20袋、麦20袋、小麦粉1箱、サツマイモ11袋、鶏50羽、薪2束、大量の大根、茶10ポンドを無償で提供しました。このときクーパーは幕府から書状を受け取っています。書状には難破した日本人を救助したことに対する礼が書かれていましたが、日本には二度と立ち寄らないようにというメッセージも書かれていました。

 マンハッタン号は4月21日、浦賀を出港しましたがアメリカにはすぐに戻らず太平洋を北上しカムチャッカ半島で捕鯨活動を行い大きな成果を得たのち帰国しました。このときクーパーは日本の難破船で発見した日本列島の詳細な地図を持ち帰っていました。クーパーが日本に帰国したことはアメリカで広く知られるようになりました。マシュー・ペリーが率いた黒船が1853年7月8日に浦賀沖に現れたときにはクーパーの地図が大いに役立ったと言われています。

【関連記事】

函館とホタテ貝と黒船ペリー提督の関係

ジョン万次郎が帰国(1851年1月3日)

函館と郵政記念日の関係(1871年4月20日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年3月28日 (月)

「八百屋お七」の物語(旧1683年3月28日)

 ときは天保2年12月28日(新暦1863年1月25日)の正午頃、江戸の駒込の大円寺からあがった火の手は辺りの建物を次々と飲み込みながら延焼し続けたのである。消火に至ったのは翌朝の5時頃、いわゆる天和の大火と呼ばれる江戸の大火である。

 この大火によって江戸本郷の八百屋八兵衛の店は焼け出され、八兵衛一家は檀那寺でしばらく避難生活をすることになったのである。避難生活が続く中で八兵衛の娘のお七は寺の小姓と恋仲になる。やがて店が再建され八兵衛の一家は檀那寺を引き払い元の日常生活へ戻る。お七もかつてのありふれた生活へと戻るが小姓を忘れることができずその思いは募るばかり。しかし、お七と小姓が再び会う機会もなく無情に時は過ぎていくばかりであった。

 どうしたら庄之介に会うことができるでしょう。思い詰めたお七は再び家が火事になって焼き出されれば檀那寺の生活を始められると考えるようになる。そしてある日のことついに自宅に放火してしまう。幸い近所の人がすぐに気が付いて火はすぐに消火されたのである。放火はぼや程度で済み大事には至らなかったものの、お七は放火の罪で捕縛され鈴ヶ森刑場で火あぶりの刑に処せられたという。天保3年(1683年)3月28日のことです。この顛末が市中に広まり「八百屋お七」の伝承が生まれることになったのである。天和の大火がなければお七が小姓と会うこともなかったはずであり、いつの頃から天和の火災はお七火事とも呼ばれるようになったのである。

八百屋お七(二代目 歌川国輝画)1867年
八百屋お七(二代目 歌川国輝画)1867年

 さて、

 「八百屋お七」の物語は井原西鶴の「好色五人女」をはじめとして文学、浄瑠璃、歌舞伎、浮世絵などの作品となりました。ところが、お七に関する詳細な記録は残っていません。天保3年の歴史的資料「御当代記」には「駒込のお七付火之事、此三月之事にて二十日時分よりさらされし也」と記載されていますが、江戸幕府の御仕置裁許帳にはお七という名前の女性が処罰されたという記載はありません。

 ですから「八百屋のお七」について言えることは、お七が放火して処刑されたことだけです。お七の放火の動機もわからなければ、火あぶりの刑に処せられたのかどうかもわかりません。お七が八百屋の娘だったのかどうかもわかりませんし、お七の年齢も不詳です。

 ところで丙午生まれの女性に関する迷信が古くからあります。これは江戸時代初期には「丙午には火事が多い」という言い伝えだったようです。しかし「八百屋のお七」の事件に後、お七が丙午生まれだったことから女性に関する迷信となったと考えられています。お七が本当に丙午生まれだとすると、お七の誕生年は1666年となり数え年で18歳となりますが他の伝承では16歳だったとあります。

 こうした食い違いは創作によるものと考えられていますが、たくさんの創作が生み出されています。その創作の中にはかつては史実とされたものもありますが現在のところ「八百屋のお七」についての詳細はわかっていません。

 しかし、「八百屋のお七」の物語は当時の人々から同情されたのは事実のようです。物語に脚色された部分が多いにしろ、元になった事件はあり、お七は実在していたのではないでしょうか。天和の大火がなければ「八百屋お七」の物語が生まれることもなく、丙午生まれの迷信もなかったでしょう。いろいろ調べていくとさらなる疑問も出てきますが、このあたりで筆を置くことにします。

【関連記事】

明暦の大火(旧暦 1657年1月18日)

歌舞伎十八番の勧進帳(かんじんちょう)

「今月今夜の月の日」はどんな月(1897年1月17日)

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

Made in Occupied Japan(1947年2月20日)

 第二次世界大戦後、日本は連合軍の占領下にありましたが1947年(昭和22年)に民間貿易が再開されました。同年2月20日、GHQ(連合国最高司令官総司令部)は「SCAPIN1535 輸出品のマーキング」を発令し日本からの全ての輸出品には「Made in Occupied Japan」(意味:占領下日本製)と表示するよう命令じました。SCAPINはScpreme Commander for the Allied Powers Index Numbers(連合国最高司令官索引番号)の略です。

Made in Occupied Japan
Made in Occupied Japan

 このSCAPIN1535は1949年12月5日に発令されたSCAPIN2061により廃止され日本からの輸出品には「Made in Occupied Japan」に加えて「Made in Japan」「Japan」の3種の表記が認められるようになりサンフランシスコ講和条約が発効した1952(昭和27)年4月28日まで義務づけられました。なお、SCAPIN1535およびSCAPIN2061は国立国会図書課に収録されています。原文は「国会図書館デジタルコレクション」で閲覧することができます。

 SCAPIN-1535

 SCAPIN-2061

 もし「Made in Occupied Japan」 と表示された製品があったら、それは戦後5年の間に日本から輸出されたものであることを意味しています。コレクターの間では「Occupied Japan品」「MIOJ品」などと呼ばれ、とりわけ陶磁器、玩具、カメラ、時計などは貴重品となっているようです。表示のある製品は国内でも販売されていたようです。家に骨董品があったら「Made in Occupied Japan」の表示があるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへ

| | | コメント (0)

2022年1月28日 (金)

白瀬南極探検隊が大和雪原に到着(1912年1月28日)

 日本初の南極観測隊は白瀬矗陸軍中尉が率いる白瀬南極探検隊です。白瀬隊は1910年11月29日にわずか204トンの開南丸で芝浦ふ頭を出港しました。1912年2月8日、開南丸はニュージーランドのウェリントンに到着し物資を調達し南極を目指して出港しました。しかし南極の夏が終わりに近づき船の安全な航行に支障をきたすため5月初めにオーストラリアのシドニーに入港しました。書記長の多田恵一と船長の野村直吉が資金調達のために一時帰国しました。

 シドニーに至るまで開南丸ではいくつかの事件が起きていました。まず航海中に犬ぞりを引く樺太犬たちが原因不明で死にました。また、白瀬隊長と多田恵一書記長、野村直吉船長と隊員の間で確執が生じ、隊員による白瀬隊長の毒殺未遂事件まで起きる事態となっていたのです。

 やがて多田らが樺太犬を連れてシドニーに戻ってくると白瀬隊は内紛を和解し、開南丸は1911年11月19日に南極に向けて出港しました。1912年1月16日に南極大陸に上陸し、その地点を「開南湾」と名付けました。しかしながら、開南湾は拠点として環境が悪くグレート・アイス・バリアのクジラ湾から再上陸しました。

 同年1月20日、白瀬隊は南極点に向けて出発しましたが悪天候に遭い、さらに装備や食料の不足からそれ以上の前進は断念しました。1912年1月28日、もっとも南極点まで近づいた南緯80度05分西経156度37分付近を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名し「南極探検同情者芳名簿」を埋めて引き返しました。

Photo_20220124144001
海南丸と大和雪原(中央が白瀬隊長)

 開南丸は同年2月4日に南極を出向し6月20日に芝浦ふ頭に無事生還しました。白瀬隊は南極点到達は果たせませんでしたが後の南極探検の礎となったのです。しかし、日本が再び南極探検隊を派遣することができたのは第二次世界大戦後の1956年のことでした。

【関連記事】

北極の日(1909年年4月6日)

南極の日(1911年12月14日)

白瀬南極探検隊が大和雪原に到着(1912年1月28日)

南極観測船「宗谷」が南極に向けて初出航(1956年11月8日)

南極探検隊タロ・ジロの日(1959年1月14日)

日本人が初めて南極点に到達(1968年12月19日)

白瀬南極探検隊が大和雪原に到着(1912年1月28日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2022年1月24日 (月)

ゴールドラッシュデー(1848年1月24日)

 1830年代の終わりに当時メキシコの一部であったカリフォルニアにヨーロッパからジョン・オーガスト・サッターがやってきました。サッターはこの地に農園を造成するため知事の許可を得て広大な土地を入手し開拓を始めました。サッターは周囲からの襲撃を避けるため砦を設け「サッター砦(フォート・サッター)」と名付けました。サッターの農園は多くの人々が働き繁栄しました。

 1845年7月、ニュージャージー州出身の大工ジェームズ・ウィルソン・マーシャルがサッター砦にやってきました。マーシャルはサッターからサクラメント川沿いの土地と牛を入手し農民として働くことになりました。1846年に米墨戦争(アメリカ・メキシコ戦争)が始まり、サッターは従軍しました。1847年初頭、マーシャルがサッター砦に戻ると牛が一頭も残っておらず収入源をなくしたマーシャルは土地を失ってしまいました。

 全てを失ったマーシャルは大工の経験を活かしサッターと製材所建設の提携を結びました。工場の建設地はサッター砦から64 km離れたコロマのアメリカン川沿いが選ばれました。工事は1847年8月下旬に着工し1848年1月まで続きました。製材所のノコギリは水車によって稼働するようになっていましたが、水車の放水路が狭くて浅いため十分な水量が得られませんでした。そこでマーシャルは水路の拡張工事に着手しました。この水量を変える工事はノコギリの動作に影響し危険なため作業時間外の夜間に段階的に行われました。マーシャルは毎朝工事の結果を確認する日々が続きました。

 1848年1月24日の朝、マーシャルは水車の下の水路にいくつかの小さい輝くものを発見。マーシャルはすぐに金であることに気が付きました。マーシャルはサッターに金を発見したことを報告、2人で詳しく調べたところ23 カラット(23金、K23、純度96%)の高品質の金であることがわかりました。ちょうどこの頃、米墨戦争が終結しサッター砦を含むカリフォルニアは米国の領土となりました。金の発見の噂はすぐに全米に広がりました。多くの人々が一攫千金を夢見てカリフォルニアに金を求めてやって来るようになり「カリフォルニアゴールドラッシュ」が始まりました。

マーシャル(左上)とサッター(右上)砂金を探す人々(下)
マーシャル(左上)とサッター(右上)
砂金を探す人々(下)

 さて、このゴールドラッシュの時代にカリフォルニアにやってきた一人の日本人がいます。土佐の足摺沖で遭難し米国の捕鯨船に救出され米国にやって来ていたジョン万次郎こと長濱萬次郎です。萬次郎が遭難・救出されたのは1841年ですが、米国本土にやって来たのは1843年5月です。萬次郎は米国で英語を学び捕鯨船の船乗りとなりましたが、1849年に帰国することを決意し帰国の費用を稼ぐために金鉱山で働いたのです。萬次郎は稼いだ金で1850年にホノルルに渡り日本に帰国する準備を整え、1851年に10年振りに日本に戻ってきたので。

【関連記事】

ジョン万次郎が帰国(1851年1月3日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

明暦の大火(旧暦 1657年1月18日)

 ときは明暦3年1月18日(新暦1657年3月2日)、長らく雨が降らず乾燥した日々が続いていた江戸の町。この日は朝から強風で江戸の町は人出もまばらで風の音が鳴り響いていたという。強風は午後になっても止まず、末の刻(14:00)あたりに本郷丸山(文京区本郷)の本妙寺が俄にざわついたと思ったら寺から出火。折からの強風により火は瞬く間に広がり、神田、京橋を超えて隅田川の対岸までが炎に包まれたのである。この火事がようやく鎮火して間もない翌19日巳の刻(10:00)、小石川伝通院表門下 (文京区春日)新鷹匠町の大番衆与力の宿所から再び出火、飯田橋から九段あたりが延焼し江戸城までもが炎に包まれた。江戸城の天守が失われたのもこの大火によるものである。そして、この大火が未だ鎮火に至っていない申の刻(16:00)、麹町5丁目の町家から3度目の出火があり永田町、桜田門外、芝一帯が延焼し、炎は新橋の海岸に至ったところで鎮火。「明暦の大火」と呼ばれる一連の大火は江戸城を含めた江戸の町の大部分を焼失し、数万人以上、一説では十万人の尊い命を奪ったのである。

田代幸春「江戸火事図巻」(1814年)
田代幸春「江戸火事図巻」(1814年)

 「明暦の大火」の出火原因には諸説あるが有名なものは「振袖火事」の伝承である。この伝承とは以下の通り。

 遠州屋の16歳の娘が母親と本妙寺に墓参りに行った帰りにすれ違った寺の小姓に一目惚れ。娘は小姓のことが忘れられなくなり、恋の病となって寝込んでしまう。見かねた両親が小姓が着ていた振袖を作ると、娘は振袖を大事に抱いて小姓に思いを馳せる日々を送るようになる。しかし、娘の病が回復することはなくついに若い命を落とす。葬儀は本妙寺で執り行われ、両親は振袖を娘の棺にかけて見送ったのである。

 当時は棺にかけられた遺品は寺男衆がもらう風習があり、寺男衆は娘の振袖を売却。振袖は16歳の町娘のものとなったが、どういうわけかこの娘も病にかかり若い命を落とす。葬儀は最初の娘の命日にあたる日に本妙寺で執り行われ、振袖は最初の娘のときと同様に娘の棺にかけられたのである。

 寺男衆はいつものように振袖を売却、振袖は別の16歳の町娘のものとなるがこの娘も病にかかって若い命を落としてしまう。振袖は娘のお棺にかけられ三度本妙寺に持ちこまれたのである。3人の娘が若い命を落としたことで寺男衆は振袖に何らかの因縁があると考え住職に相談。住職は振袖をお焚き上げして供養、読経をしながら御護摩の火に振袖を投じた瞬間に強風が吹きあれ火のついた振袖がまるで人が立ち上がったように舞い上がり寺の軒先のところで燃え上がった。あっという間に寺は炎に包まれ、炎は強風で辺りへと広がり、江戸の町を焼き尽くしたのである。この伝承は作り話とされているが3人の娘の命を奪った振袖、そして三カ所からの出火。作り話では収まらなさそうなのである。

 さて本妙寺の隣には徳川家光と家綱の2代にわたって老中を務めた阿部忠秋の武家屋敷があったという。実は「明暦の大火」の出火元は阿部忠秋の武家屋敷だったという説がある。この説によれば江戸幕府の老中の家から出た火が江戸の町を焼き払ったという不祥事を隠蔽するため、前述の伝承とともに本妙寺を出火元としたのである。これは本妙寺火元引受説と呼ばれる。大火の後、火元の本妙寺にはお咎めはなく以前より大きな寺社が再建され、地域の寺院を統制する触頭(ふれがしら)に取り立てられている。また阿部家は本妙寺に大正時代まで毎年多額の奉納を続けていた。このようなことから本妙寺火元引受説が有力視され、当の本妙寺もこの説を支持している。

「明暦の大火」によって江戸の町の区画整理が進んだという。当時の江戸の町は過密化、衛生状態も悪く治安も悪化していた。江戸幕府は区画整理をしようと考えていたが住民と立ち退きの交渉をしたり、立ち退き後の生活を補償したりする必要がある。そこで幕府が放火し江戸の町を焼き払ったという幕府放火説がある。放火は最初の本妙寺の火事からか、2回目あるいは3回目の火事からかなのかはわからないが、「明暦の大火」は江戸城まで失うほどのものであったことからこの説は考えにくいのではないか。

 そもそも「明暦の大火」で都市改造が進んだという説は誤りだったという話もある。

明暦の大火: 「都市改造」という神話 (532) (歴史文化ライブラリー 532)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

シェイクスピアの悲劇リア王の初演(1606年12月26日)

 12世紀の「ブリタニア列王史」は中世イングランドのキリスト教聖職者で歴史家でもあったジェフリー・オブ・モンマスが書いた2000年に及ぶグレートブリテン島を支配してきた王たち生涯を綴ったものです。この列王史から生まれた有名な物語には「アーサー王物語」があります。

 アーサー王は伝説上の人物で実在していません。実は「ブリタニア列王史」はいかにも歴史書のように書かれていますがほとんどフィクションです。歴史書としては偽史書ということになりますが、中世文学としては評価されています。

 この「ブリタニア列王史」の中にブリテンのレイアという伝説の王の物語があります。レイアは父の後を継いでブリタニア王となり60年間君臨しました。レイア王には王位を継承する息子がいませんでしたが、3人に娘ゴルノリラ・レガウ・コルデイラがいました。

 レイア王は王位を退くにあたり国を3人の娘とその婿となる者に分配すると決めました。長女ゴルノリラと次女レガウはレイア王のご機嫌を取ろうとレイア王を愛していると表明しました。しかし、三女コルデイラは娘が父を愛しているのは当然であり口に出すようなものではないと率直な応答をしました。レイア王は末っ子であるコルデイラを最も溺愛していましたがこの応答に激怒しました。

 レイア王はゴルノリラとレガウに婿を取らせ国を二分して与え、コルデイラには何も与えませんでした。やがてコルデイラは結婚しイギリス海峡を渡った先にあるガリア(フランス)に移住することになりましたが、レイア王は結婚を認めたものの祝い金は持たせませんでした。

 やがて年老いたレイアは娘を頼り長女ゴリノリアの元を訪れます。ゴルノリアラの夫はレイアを歓迎しましたが、ゴルノリアは冷たい対応をしました。レイアはゴリノリアに失望し、次女レガウの元を訪れます。するとレガウはレイアをゴルノリアより冷遇しました。

 2人の娘に失望したレイアは身の危険を感じるようにもなり、三女コルデイラを頼ってガリアに向かいます。コルデイラと夫はレイアを厚遇し、父親を復権させることを約束します。コルデイラ夫婦とレイアは大軍を率いてブリテン島に向かいゴリノリアとレガウから国を取り戻しました。その後、レイアは王に復権し3年に渡ってブリテンを統治し、その後はコルデイラが王位を継承しました。こうしてレイア王の物語は大団円(ハッピーエンド)で終わります。

 この「ブリタニア列王史」のレイア王の物語を元に創作されたのがウィリアム・シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「リア王」でした。レイア王の物語と同様に、リア王は長女ゴネリルと次女リーガンに冷遇され三女コーディリアとともに国を取り戻そうとしますが返り討ちに遭います。コーデリアは処刑されリア王はコーデリアを抱きながら失意のもとに狂乱しこの世を去るという悲劇的な結末を迎えます。

シェークスピアと「リア王」四折版(1608年)
シェークスピアと「リア王」四折版(1608年)

 「リア王」は1607年11月26日に出版されましたが、初演は前年の1606年12月26日に行われたと記録が残っています。初演はロンドンのテムズ川南岸にあったグローブ座で上演されたと考えれています。

 ところで1594年に作者不詳の「レア王」という物語が登録され同年に劇は上演されたという記録が残っています。この「レア王」は「リア王」と異なり悲劇ではなく、レアは王位に復権しています。「レア王」が出版されたは1605年でシェークスピアの「リア王」は「レア王」を材源に創作されたものと考えられています。シェークスピアは当時の英仏戦争や宗教的な争いを背景に「リア王」の結末をイギリスが勝利を収める悲劇としたのです。

シェイクスピア 映画大全集 DVD10枚組 BCP-057

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

日本人が初めて南極点に到達(1968年12月19日)

 世界で初めて南極点に到達したのはノルウェーの探検家ロアール・アムンセンと4人の隊員です。1911年12月14日のことでした。この日は「南極の日」とされています。同じ頃、イギリスのロバート・ファルコン・スコットも南極点到達を目指していましたが、スコットの隊が名極点に到着したのはアムンセンの隊より1ヶ月後でした。1956年、米国は南極点付近に観測基地を建設しましたが、アムンセンとスコットの偉業に敬意を払いこの基地を「アムンセン・スコット基地」と名付けました。 

 日本の南極観測隊が初めて南極を訪れたのは1912年(明治45年)1月のことでした。白瀬矗(しらせすぐ)陸軍中尉が率いる白瀬隊は木造の漁業用帆船を改造した「開南丸」で1911年11月29日に芝浦ふ頭を出発、1912年1月16日に南極大陸に上陸し、その地点を「開南湾」と名付けました。開南湾は拠点とするには不向きだったため再出発してグレート・アイス・バリアのクジラ湾に移動し上陸しなおしました。このとき、南極点探検から戻ったアムンセン隊のフラム号と遭遇しています。

 白瀬隊は同年1月20日に南極点に向けて出発しますが、悪天候や装備・食料の不足から南極点到達は断念しました。1912年1月28日、南緯80度05分西経156度37分付近を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名し「南極探検同情者芳名簿」を埋めて引き返しました。

 開南丸は同年2月4日に南極を離れ6月20日に芝浦ふ頭に帰着しました。白瀬隊は南極点到達は果たせませんでしたが、学術部長として参加した武田武田輝太郎が南極の詳しい学術調査を行い現在の南極観測の礎となる貴重な調査結果を残しました。しかしながら、日本は第二次世界大戦で南極探検に関する権利をすべて失ってしまいました。

 日本が南極観測を再開できるようになったのは1956年のことでした。1957年1月24日、第一次南極地域観測隊が南極観測船「宗谷」で45年ぶりに南極大陸への上陸を果たしました。そして1968年12月19日に村山雅美隊長率いる第9次越冬隊の極点調査旅行隊が日本人として初めて南極点に到達しました。この南極点到達には雪上車が使われ、向かった先にはアムンセン・スコット基地がありました。アムンセン隊・スコット隊に比べれば楽な行程だったに違いありませんが、凍傷になったり、怪我をしたり、立ち往生した雪上車を掘り起こしたりとたいへんな苦労がありました。そして日本人として初めて白瀬隊が果たせなかった南極点到達を達成したのです。

 さて南極点とは天体の最南端である南緯90度の地点と定義されており、アムンセン・スコット基地の敷地内に位置します。南極点はあくまでも地理学的に定義される南緯90度の地点です。一般に方位磁石のS極は南極を向くと言われていますが、地磁気の南磁極は南緯90度ではなく南極点と一致していません。南極点は大陸移動や地震などによる地殻変動によって地球の自転軸が変化するとその位置が変化します。

 そのためアムンセン・スコット基地では継続的に地理学的な南極点の位置を測定し毎年1月1日にその地点に「ジオグラフィック・ポール」と呼ばれる標識を立てています。この標識には南極点の標高とともに米国の星条旗、アムンセンとスコットに関する簡単な説明が記載されています。過去の南極点の標識も残されるため南極点に移動の様子がわかります。

アムンゼン・スコット基地とジオグラフィック・ポール
アムンゼン・スコット基地とジオグラフィック・ポール

【関連記事】

北極の日(1909年年4月6日)

南極の日(1911年12月14日)

南極観測船「宗谷」が南極に向けて初出航(1956年11月8日)

南極探検隊タロ・ジロの日(1959年1月14日)

南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美 (ポプラ社の絵本 61)

地球で一番南の地点、南極点。1968年、日本の南極観測隊は、日本人としてはじめて南極点にたどりついた。この偉業は、隊長の村山雅美をはじめ、多くの男たちの情熱なくしては果たせないものであった。ただひたすら、夢をおいつづけた「南極野郎」の物語。

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

南極の日(1911年12月14日)

 1911年12月14日、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセンと4人の隊員が世界で初めて南極点に到達しました。このことを記念して12月14日は「南極の日」とされています。

 アムンセンはもともと北極探検と北極点到達をめざして資金集めなどの準備を進めていまいたが、1909年にアメリカの探検家が北極点に到達したというニュースを聞いて計画を変更し目的地を南極点にしました。この計画変更に対して継続して支援が得られるかどうか不透明だったためアムンセンは目的地を変更したことを公表しませんでした。

 1910年6月、極圏探検船フラム号が試験航海に出発したとき、多くの乗組員は目的地は北極と信じていました。同年7月末にフラム号はノルウェーのクリスチャンサンでぞり用の犬を乗せ北極点に向かう準備を整えました。同年9月初め、最後の寄港地マディラ諸島のフンシャルに到着したとき、アムンセンは乗組員に計画の変更を説明しました。乗組員に南極に同行するか意思確認を行ったところ全員が同意しました。

 フラム号はフンシャルを出発して約4か月後の1911年1月にグレート・アイス・バリアのクジラ湾に入りました。アムンサンは上陸し船から約4 km離れた場所にフラムハイム基地を設営しました。ここで周辺の調査を行いながら南極点に向かう準備をしました。時は過ぎて越冬の時期が近づきます。フラムハイムは4月に太陽が沈み4カ月間続く極夜となりました。

 アムンセンは越冬しながら南極に向かう計画を立て太陽が昇る8月にフラムハイムを出発することに決めました。太陽の光は8月27日に蘇りましたが8月の南極は摂氏マイナス60度近い極寒であり出発を断念せざるを得ませんでした。そして1911年9月8日、気温が摂氏マイナス27度になったときアムンセンは出発を決意し7人の隊員とともにフラムハイムを後にしました。最初は順調に南極点に向かっていましたが寒さが増し犬などが凍傷にかかるようになりました。9月12日に気温が再び摂氏マイナス60度近くまで下がると、アムンセンはフラムハイムに帰還することを決断しました。ソリを軽くするため途中の補給所に多くの装備を置き、9月17日までには全員が帰還しました。このとき部下の一人がアムンセンに抵抗したため、3名が南極探検の別動隊となりました。これによって南極点に向かう隊員はアムンセンを含めて5名になりました。

 アムンセンは早すぎた出発の反省から春が訪れるのを待ち、1911年10月19日にアムンセンは4人の隊員とともに4台のソリを52匹の犬に日笠てフラムハイムを出発しました。天候が悪化し途中でクレバスに迷い込みましたが、その後は順調に南極点に向かいました。標高3200メートルの氷河の山を越えて、1911年12月14日に世界で初めて南極点到達に成功しました。アムンセンは南極点に国旗を立てその場所を「ノルウェー王ホーコン7世の台地」と名付けました。そして測量を行い南極点の位置を求めそこにテントを張ってポールハイムと名付けました。そして、12月18日に南極点を出発し翌1912年1月25日にフラムハイムに帰還しました。当初、北極点をめざしていたアムンセンは南極点到達をこれほど全く反対の目標を達成したものは他にいないと振り返っています。

アムンセンとポールハイム
アムンセン(1913年)とポールハイム

 アムンセンが南極点への旅を急いだのはイギリスのロバート・ファルコン・スコットの隊と南極点到達の競争をしていたからです。スコットの隊はアムンセンの隊より1ヶ月後の1月17日に南極点に到達しました。アムンセンの隊は全員無事で帰還しましたが、スコットの隊は帰途に遭難し全員が死亡してしまいました。1956年、米国は世界初の南極点到達を達成したアムンセンとスコットに敬意を表し、南極点付近に建設した観測基地に「アムンセン・スコット基地」と名付けました。

【関連記事】

北極の日(1909年年4月6日)

南極観測船「宗谷」が南極に向けて初出航(1956年11月8日)

南極探検隊タロ・ジロの日(1959年1月14日)

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧