« アイザック・アシモフの科学と発見の年表 (単行本) | トップページ | 第23話「降伏勧告」|明日なき戦いの果てに »

2024年7月 3日 (水)

映画「グリズリー」日本公開(1976年7月3日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 映画「グリズリー」は1976年5月16日にアメリカ合衆国で公開されたウィリアム・ガードラー監督、クリストファー・ジョージ、リチャード・ジャッケル出演のアメリカの生物パニック映画です。日本公開は1976年7月3日です。

 生物が人間を襲う生物パニック映画というとかつてはアルフレッド・ヒッチコック監督の映画「鳥」、作家ハーマン・メルヴィル原作の映画ジョン・ヒューストン監督の映画「白鯨」などが有名でした。

 1975年にスティーブン・スピルバーグ監督の映画「ジョーズ」が世界中で大ヒットすると、生物が人間を襲う生物パニック映画がたくさん制作されるようになりました。それらの作品の中で最初期に公開されたのが人間をハイイログマ(グリズリー
)が襲う恐怖を描いた本作品「グリズリー」です。「グリズリー」は低予算で製作されましたが「ジョーズ」の影響もあり世界中でヒットしました。

映画「グリズリー」
映画「グリズリー」

 「グリズリー」はそのストーリーが「ジョーズ」によく似ていることがわかります。海水浴場に出現するホオジロザメが国立公園のキャンプ場に出現するハイイログマに置き換えられた物語です。

 国立公園の森林で2人の女性が襲われ自然保護管のケリー(クリストファー・ジョージ)は検視結果からクマの仕業であることを知ります。動物学者のスコット(リチャード・ジャッケル)は凶暴なハイイログマ(グリズリー)の仕業であることを指摘します。しかし国立公園の管理者がグリズリーの存在を否定したことにより被害者が増えていきます。ケリーとパイロットはベトナム戦争を経験したヘリパイロットのドン(アンドリュー・プライン)の協力を得てグリズリーと戦うことを決意します。登場人物の設定も「ジョーズ」によく似ています。

 「グリズリー」はヒグマの恐ろしさを知っていたので見ていてとても怖かったです。

 「グリズリー」のヒットにより多くの生物パニック映画が制作されましたが、記憶に残っているのは「オルカ」と「テンタクルス」ぐらいです。動物が怪物化すると怪獣と変わりませんので記憶に残らなかったのかもしれません。

【関連記事】

映画「JAWS」公開(1975年6月20日)

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« アイザック・アシモフの科学と発見の年表 (単行本) | トップページ | 第23話「降伏勧告」|明日なき戦いの果てに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイザック・アシモフの科学と発見の年表 (単行本) | トップページ | 第23話「降伏勧告」|明日なき戦いの果てに »