« ムクゲの花 | トップページ | 伊能忠敬の大日本沿海輿地全図を完成(1821年7月10日) »

2024年7月 9日 (火)

ミラード・フィルモアが第13代アメリカ合衆国大統領に就任(1850年7月9日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 ミラード・フィルモアはアメリカ合衆国の第13代大統領です。第12代大統領ザカリー・テイラーのもとで副大統領を務めていましたがテイラーが1850年7月9日にコレラで病死したため同日付で大統領に就任しました。

第13代アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモア
第13代アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモア

 フィルモアは大陸横断鉄道の建設を推進した人物として高く評価されています。または当時フランスの影響を受けていたイギリス保護領ハワイ王国を米国の影響下に置いたことも評価されいます。

 フィルモアの大きな成果として日本の開国があります。1851年5月29日(嘉永4年4月30日)、フィルモアは日本の開国と通商条約締結を目的として東インド艦隊司令官代将ジョン・オーリックに遣日特使の任務を与えました。同年6月8日にオーリックは蒸気フリゲート艦サスケハナで出発しました。サスケハナは東インド艦隊と合流しその旗艦となる予定でしたが、オーリックがサスケハナ艦長と問題を起こしたため更迭されました。1852年2月、代将マシュー・カルブレース・ペリーに遣日特使の任が与えられました。

蒸気フリゲート艦サスケハナ
蒸気フリゲート艦サスケハナ

 ペリーが率いる東インド艦隊が浦賀沖に現れたのは1853年7月8日(嘉永6年6月3日)午後5時頃です。ペリーは日本に対して開港と通常条約締結を求めるフィルモア大統領の親書を幕府に渡すためにやってきました。黒船来航と言われるこの事件で幕政は大混乱、日本は幕末を迎え新たな時代を迎えることになったのです。

【関連記事】

イギリス船ブラザーズ号が浦賀に来港(1818年5月14日)

異国船打払令(1825年2月18日)

モリソン号事件と7人の日本人(1837年6月28日)

米国捕鯨船マンハッタン号が日本に寄港(1845年4月18日)

東インド艦隊司令長官ジェームズ・ビドルが浦賀に来航(1846年5月26日)

イギリス軍艦マリーナ号が浦賀で測量開始(1849年4月9日)

ジョン万次郎が帰国(1851年1月3日)

黒船来航(1853年7月8日旧暦6月3日)

第3話「黒船が来た」|明日なき戦いの果てに

ペリー上陸記念日(1853年7月14日)

マシュー・ペリー提督の艦隊の再来航(1854年1月16日)

ペリーが日本初の電信の公開実験を行う(1854年の2月24日)

黒船来航から箱館戦争まで関わった中島三郎助

第4話「マシュー・ペリー箱館へ」|明日なき戦いの果てに

ペリー会見所跡|マシュー・ペリー提督の箱館来航

函館と黒船と日本最古の写真の関係

函館とホタテ貝と黒船ペリー提督の関係

ペリー提督日本遠征記 (角川ソフィア文庫)

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« ムクゲの花 | トップページ | 伊能忠敬の大日本沿海輿地全図を完成(1821年7月10日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

幕末・明治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクゲの花 | トップページ | 伊能忠敬の大日本沿海輿地全図を完成(1821年7月10日) »