« 人日の節句(1月7日) | トップページ | 有為転変の人生|渋沢成一郎と渋沢栄一 »

2024年1月 8日 (月)

宇宙飛行士ワレリー・ポリャコフが地球を出発(1994年1月8日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 ワレリー・ポリャコフはソビエト連邦おびロシアの宇宙飛行士です。1988年に「ソユーズTM-6」で出発し宇宙ステーション「ミール」を訪れ240日間滞在し1989年4月27日に「ソユーズTM-7」で地球に帰還しました。これがポリャコフの初めての宇宙飛行になりました。

ワレリー・ポリャコフ
ワレリー・ポリャコフ
ロシア連邦国防省による提供(attribute Mil.ru)

 ポリャコフの2度目の宇宙飛行は1994年1月8日です。この日「ソユーズTM-18」で「ミール」に向けて出発し1995年3月22日に「ソユーズTM-20」で地球に帰還しました。この宇宙飛行でポリャコフは「ミール」で約437日間滞在、この宇宙滞在記録は史上最長の有人宇宙飛行となりました。

 ポリャコフが「ミール」で長期滞在した背景には火星への有人飛行の現実性を探る目的がありました。ポリャコフの経験から得られたデータはヒトが長期間宇宙飛行しても地上と同様な健康な精神状態を維持できることを示しました。「ソユーズTM-20」で地球に帰還したとき、ポリャコフはソユーズカプセルから歩いて移動しました。ヒトが火星に向けて長期間の宇宙旅行をした後でも自力で動くことができる身体能力を有しているということを証明することが目的でした。

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 人日の節句(1月7日) | トップページ | 有為転変の人生|渋沢成一郎と渋沢栄一 »

今日は何の日」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人日の節句(1月7日) | トップページ | 有為転変の人生|渋沢成一郎と渋沢栄一 »