« 日本初のクリスマス(1553年12月24日) | トップページ | キュリー夫人がラジウムを発見(1898年12月26日) »

2023年12月25日 (月)

スケートの日(1861年12月25日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 12月25日は「スケートの日」です。昭和57年(1982年)に日本スケート場協会が創設したものとされいます。

 「スケートの日」は文久元年(1861年)12月25日に函館に滞在していたイギリスの軍人で探検家・動物学者・実業家でもあるトーマス・ライト・ブラキストンが日本で初めてスケートを滑ったことに由来するとされています。ブラキストンは函館で気象観測を行ったり、津軽海峡の動物学的分布境界線ブラキストン線の存在を発見したりしたことでも有名です。

スピードスケートの練
スピードスケートの練習

 「スケートの日」についていろいろ調べてみましが日本スケート場協会の存在は確認することができませんでした。一般社団法人「日本記念日協会」のサイトを調べても「スケートの日」の登録はありませんでした。ブラキストンがスケートを滑ったという記録も調べてみましたがよくわかりませんでした。

 日本で初めてスケートを滑った記録としてはロマノフ朝ロシア帝国の軍人でロシアの最初の遣日使節アダム・キリロヴィチ・ラクスマンが1792年にエカテリーナ号で北海道の根室を訪れたときとされています。刈谷市図書館所蔵の「魯西亜」にエカテリーナ号の乗組員が凍った海面を鉄の刃のついた靴を履いて滑った様子が絵図と文章で書き記されています。また明治10年(1877年)に札幌農学校のアメリカ人教師ウィリアム・ブルックスが日本人にスケートを教えたという記録も残っています。

 12月25日にブラキストンが函館でスケートを滑ったというのが事実だったとしてもこの日を「スケートの日」とするには無理があるような感じもします。

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 日本初のクリスマス(1553年12月24日) | トップページ | キュリー夫人がラジウムを発見(1898年12月26日) »

スポーツ」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本初のクリスマス(1553年12月24日) | トップページ | キュリー夫人がラジウムを発見(1898年12月26日) »