« 映画「インディペンデンス・デイ」日本公開(1996年12月7日) | トップページ | 王政復古の大号令で明治政府樹立(1867年12月9日) »

2023年12月 8日 (金)

西郷隆盛と函館の関係

ココログ「夜明け前」公式サイト

 明治維新の立役者となったものの新政府で袂を分かち西南戦争で散った西郷隆盛。

2_20201217160801
上野恩賜公園の西郷隆盛像

 明治元年(1868年)8月、戊辰戦争の北越戦争の戦況が思わしくないことから西郷隆盛は薩摩藩北陸出征軍の総差引(司令)として越後(新潟)に向かいました。同年9月、新政府軍が戊辰戦争の東北戦争に勝利すると、西郷隆盛は総督府下参謀の黒田清隆に最後まで戦った庄内藩に対して寛大な処分とするよう命じて東京、京都、大坂に立ち寄ったあと湯治のため鹿児島へ向かいました。

 明治2年(1869年)2月、薩摩藩主の島津忠義の要請により薩摩藩に戻り藩の改革を行いました。明治元年(1868年)10月から開戦した箱館戦争の支援のため同年5月1日に薩摩藩の総差引として兵を率いて鹿児島を出港しました。途中、東京に立ち寄り箱館に到着したのは同年5月25日でしたが、箱館戦争は同月18日に新政府軍の勝利で終結していました。榎本武揚は18日に五稜郭を開城し武装解除して黒田清隆のもとに投降しました。

 このとき西郷隆盛は箱館湾を視察しましたが函館には上陸しませんでした。西郷隆盛が箱館を訪れたのは新政府軍の支援の他に黒田清隆と袂を分けた榎本武揚の双方を気遣ったからとも言われています。箱館に上陸しなかったのは黒田清隆らが尽力した箱館戦争終結に介入することを避けるためとも言われています。西郷隆盛は箱館から鹿児島への帰路で東京に立ち寄りました。同年6月2日に明治維新の功労として賞典禄という恩賞を受け、新政府に留まるよう求められましたが鹿児島へ帰りました。

 ところで坂本龍馬は蝦夷地開拓を目指していました。たとえ1人でも蝦夷地に新国を開く覚悟で蝦夷地への移住を考えていました。何度か実際に計画を立てましたが暗殺によって叶いませんでした。坂本龍馬と親交のあった西郷隆盛も明治4年(1871年)頃から蝦夷地の開拓と防衛に取り組むことを主張しました。西郷隆盛は明治6年(1873年)に征韓論をきっかとする対立で下野し鹿児島に戻りました。西郷隆盛と坂本龍馬の蝦夷地開拓の夢は北海道開拓次官となった黒田清隆が引き継ぎました。黒田清隆は同年11月に太政官に屯田制を建議、明治7年(1874年)に屯田兵例則が定められ、明治8年(1875年)5月に札幌郊外の琴似で屯田兵が設置されたのです。

【関連記事】西郷隆盛と函館の関係

上野公園の西郷隆盛像の除幕式(1898年12月18日)

函館と黒船と日本最古の写真の関係

土方歳三を撮影した写真師|田本研造の命日(1912年10月21日)

函館夜景の日(8月13日)

旧函館郵便局(はこだて明治館)

函館とホタテ貝と黒船ペリー提督の関係

開陽丸が横浜に入港(慶応3年 1867年4月30日)

榎本武揚らが日本初の公選入札を行う(1868年12月15日)

函館と郵政記念日の関係(1871年4月20日)

函館と赤とんぼの関係

日本最古のコンクリート電柱|函館と電柱の関係

天使の聖母トラピスチヌ修道院が設立(1898年4月30日)

四代目函館駅が落成(1942年12月20日)

松前城(福山城) 天守を焼失(1949年6月5日)

青函連絡船「洞爺丸」沈没(1954年9月26日)

函館港と母船式北洋漁業

五稜郭公園の航空写真(昭和37年6月)

青函連絡船「津軽丸」進水式 昭和38年(1963年)11月15日

ソ連戦闘機が函館空港に強行着陸(1976年9月6日)

函館ハリストス正教会が重要文化財に指定される(1983年6月2日)

青函トンネル営業開始(1988年3月13日)

函館カール・レイモンのショルダーハム

函館と月光仮面の関係

函館とハーバー(ノーベル化学賞)の関係

函館と天気予報の話

函館と禁酒の関係

五稜郭タワーズ

函館の八幡坂

函館の野球の球聖 久慈次郎

函館山と函館どっくゴライアスクレーン

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 映画「インディペンデンス・デイ」日本公開(1996年12月7日) | トップページ | 王政復古の大号令で明治政府樹立(1867年12月9日) »

函館の話」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「インディペンデンス・デイ」日本公開(1996年12月7日) | トップページ | 王政復古の大号令で明治政府樹立(1867年12月9日) »