« 長嶋茂雄引退「わが巨人軍は永久に不滅です」(1974年10月14日) | トップページ | がっくりするタイタニックなカワウ »

2023年10月15日 (日)

ランボルギーニ・ミウラ(Lamborghini Miura)

 ランボルギーニ・ミウラ(Lamborghini Miura )はイタリアのアウトモービリ・ランボルギー社のV型12気筒エンジンをミッドシップに横置きした2シータークーペのスポーツカーです。流線形をしたミウラのデザインはベルトーネ社のマルチェロ・ガンディーニが手掛けました。点灯時に浮き上がるポップアップ・ヘッドライトが特徴的でした。ミウラの名前はスペインの闘牛飼育家ドン・アントニオ・ミウラに因み命名されました。

ランボルギーニ・ミウラS
ランボルギーニ・ミウラS

 ミウラは1966年3月にスイスのジュネーヴで開催されたサロン・アンテルナショナル・ド・ロト(ジュネーヴ国際モーターショー)でP400が発表され同年から1973年までの7年間に759台(747台という説もある)生産されました。発表時の仕様では350馬力、980kg、最高速度300km/hとなっています。当時、実際に計測された最高速度で残っているデータはミウラSで278km/hです。

 ミウラの原型は1965年11月にイタリアのトリノで開催されたトリノ・オートショーに展示されたTP400です。TP400はミウラという名前も付けられておらず、ボディのないシャーシにV型12気筒エンジンをミッドシップに横置きしたコンセプトモデルでした。

 日本では1970年代のスーパーカーブームで人気となりました。池沢さとし先生の「サーキットの狼」では主人公の風吹裕也のお姉さんの恋人でプロレーサーの飛鳥ミノルがミウラに乗っていました。

 次の写真はトミカミュージアム M-15 ランボルギーニミウラです。これは現在は中古品でしか手に入りません。

トミカミュージアム M-15 ランボルギーニミウラ
トミカミュージアム M-15 ランボルギーニミウラ

 こちらは入手可能です。

トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 LV ランボルギーニ ミウラS 黄緑 完成品 318880

 

【関連記事】

トミカの日産スカイライン

ポンティアック・ファイヤーバード1968(Pontiac Firebird 1968)

ロータス・ヨーロッパ

スーパーカー全国縦断フェスティバル(1977年)|カウンタックLP-400

ロールス・ロイス社の創業(1906年3月15日)

快進社創立(1911年7月1日)

東京モーターショーの始まり(1954年4月20日)|自動車産業展示会 と第1回全日本自動車ショウ

スバル360発表(1958年3月3日)

日産自動車フェアレディZを発表(1969年10月18日)

HOND CVCCエンジンを開発(1972年10月11日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 長嶋茂雄引退「わが巨人軍は永久に不滅です」(1974年10月14日) | トップページ | がっくりするタイタニックなカワウ »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長嶋茂雄引退「わが巨人軍は永久に不滅です」(1974年10月14日) | トップページ | がっくりするタイタニックなカワウ »