« 男子100メートル決勝 出場選手|第107回 日本陸上競技選手権大会 | トップページ | アメリカザリガニとミシシッピアカミミガメが条件付特定外来生物に指定される(2023年6月1日) »

2023年6月 4日 (日)

坂井 隆一郎選手が初制覇|男子100メートル第107回 日本陸上競技選手権大会

 第107回 日本陸上競技選手権大会の男子100メートル決勝は坂井 隆一郎選手(大阪ガス)が10.11秒(追い風+0.2 m、リアクションタイム0.155秒)で初優勝しました。2着は栁田 大輝選手(東洋大)10.13秒(+0.2 m、0.171秒)、3着は住小池 祐貴選手(住友電工)10.18秒(+0.2 m、0.171秒)でした。注目のサニブラウン・アブデル・ハキーム選手は足を吊ってしまったようで10.59秒(+0.2 m、0.175秒)で8着となりました。

107100

 着順とタイムは次の通りです。なかなか10.0秒台は難しいですね。

レーン 競技者名 所属
所属地
Time
Reaction Time
坂井 隆一郎 大阪ガス
大阪
10.11秒
0.155秒
栁田 大輝 東洋大
学連
10.13秒
0.171秒
小池 祐貴 住友電工
大阪
10.18秒
0.169秒
水久保 漱至 第一酒造
栃木
10.20秒
0.155秒
本郷 汰樹 オノテック
愛知
10.21秒
0.183秒
鈴木 涼太 スズキ
静岡
10.26秒
0.162秒
灰玉平 侑吾 八戸学院大
学連
10.29秒
0.179秒
サニブラウン・アブデル・ハキーム 東レ
在外
10.59秒
0.175秒

 ウサイン・ボルト選手の世界記録は前人未踏ですが、日本選手権の決勝も9秒台になることを期待しています。

 【世界記録】 ウサイン・ボルト選手の最高速度は時速44.72か|ラップタイムと瞬間速度

【第107回日本選手権】男子 100m 決勝

【関連記事】

サニブラウン選手 初戦は追い風参考記録ながら10.13秒(2023年4月22日)

ウサイン・ボルト選手の最高速度は時速44.72 kmか44.44 kmか

ウサイン・ボルト選手が男子100 mで9.58を記録(2009年8月16日)

 

ココログ夜明け前

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| |

« 男子100メートル決勝 出場選手|第107回 日本陸上競技選手権大会 | トップページ | アメリカザリガニとミシシッピアカミミガメが条件付特定外来生物に指定される(2023年6月1日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男子100メートル決勝 出場選手|第107回 日本陸上競技選手権大会 | トップページ | アメリカザリガニとミシシッピアカミミガメが条件付特定外来生物に指定される(2023年6月1日) »