« コガモの雄と雌の違い(性的二形) | トップページ | 【おもしろ映像】サンフランシスコにデススター出現 »

2023年2月 8日 (水)

インドサイ

 サイは非常に分厚い鎧のような皮膚をもっています。まるで装甲車両のようです。次の写真は多摩動物公園で飼育されているインドサイです。多摩動物公園は日本で初めてインドサイを飼育した動物園だそうです。

インドサイ
インドサイ

 まるでトリケラトプスなどの恐竜のようです。こうみるとちょっと優しそうな顔をしているようにも見えます。

 これだけの鎧なので、サイは猛獣に襲われることはないのだそうですが、インドサイは別で成獣でもトラに襲われることが良くあるそうです。インドサイはシロサイやクロサイよりも若干小型です。固そうな皮膚ですが、他の大型のサイに比べると弱いのかもしれません。またサイの角は骨ではなくて毛や爪に近いのだそうです。つまり角質ということです。

 少し離れたところにいるサイの写真を撮影したら、こちらを睨んでいます。前脚が突進モードのような感じが。自然の中でサイに会ったら要注意というのがわかります。突っ込んできたらひとたまりもありません。

Photo
インドサイ

 ところでインドゾウはアジアゾウと呼ばれることが多くなってきましたが、アジアサイというのはあまり聞いたことがありません。英語ではIndian Rhinocerosのようですが、Asian One-horned Rhinocerosという名前もあるようです。

【関連記事】

サイの角(ツノ)は毛

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| |

« コガモの雄と雌の違い(性的二形) | トップページ | 【おもしろ映像】サンフランシスコにデススター出現 »

動物の豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドサイ:

« コガモの雄と雌の違い(性的二形) | トップページ | 【おもしろ映像】サンフランシスコにデススター出現 »