« 沈没したタイタニック号を発見(1985年9月1日) | トップページ | 「ノアの神」と「バラージの青い石」|ウルトラマン第7話 »

2022年9月 3日 (土)

遭難信号「SOS」の意味は?

 SOSと言えば助けを求める合図として使われますが、かつては船舶などで用いられていたモールス信号による遭難信号です。

 この遭難信号が定められたのは1906年にドイツのベルリンで開催された第1回国際無線電信会議です。この会議で世界共通の遭難信号としてモールス信号の「・・・― ― ― ・・・」を1908年7月1日から使用することが定められました。

 モールス信号でSは「・・・」、Oは「ーーー」ですから「・・・― ― ― ・・・」はSOSになりますが、「SOS」という言葉そのものは国際無線電信条約には使われていません。その後、遭難信号の通称が「SOS」と呼ばれるようになり、1595年に条文中に「SOS」という言葉が使われるようになり1961年1月1日から遭難信号の正式名称がSOSとなりました。

 このSOSそのものには特に意味があるわけではありません。SOSが「Save Our Souls(我らを救え)」「Save Our Ship(我が船を救え)」を略したものであるという説がありますが、これは1912年に氷山と衝突したタイタニック号の事故の後に考案されて伝わったものです。

 モールス信号による「SOS」は廃止となりましたが、「SOS」の文字は救難を求める合図として使われています。災害時に分断された地域の道路に巨大な「SOS」の文字を書いて助けを求めるなど方法で利用されています。

東日本大震災時に路上に描かれたSOS(宮城県女川町江島)
東日本大震災時に路上に描かれたSOS(宮城県女川町江島)

【関連記事】遭難信号「SOS」の意味は?

沈没したタイタニック号を発見(1985年9月1日)

タイタニック号が氷山に衝突(1912年04月14日)

豪華客船オリンピック号がUボートを撃沈(1918年5月12)

青函連絡船「洞爺丸」沈没(1954年9月26日)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| |

« 沈没したタイタニック号を発見(1985年9月1日) | トップページ | 「ノアの神」と「バラージの青い石」|ウルトラマン第7話 »

知る人ぞ知る」カテゴリの記事

国語」カテゴリの記事

船舶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈没したタイタニック号を発見(1985年9月1日) | トップページ | 「ノアの神」と「バラージの青い石」|ウルトラマン第7話 »