« 第1回全国自動車競走大会の開催(1936年6月7日) | トップページ | ドナルドダック登場(1934年6月9日) »

2022年6月 8日 (水)

けんもほろろの「けん」と「ほろろ」

 「けんもほろろ」を辞書で調べてみると、

・「頼みや相談などを,冷淡に断るさま。とりつくしまもないさま。「―な応対」「―に断る」

・冷淡で、とりつくしまもないさま

・無愛想に人の相談などを拒絶するさま。取りつくすべもないさま。

・すこしも〈同情の心/あたたかみ〉がないようす。「ーの あいさつ」「ーに ことわられる」

などと解説されています。よく耳にする表現ですが、けんもほろろの「けん」と「ほろろ」っていったい何でしょうか?

 実は辞書には、その語源が何か一きちんと解説されています。なんとなく「剣もぼろぼろ」的な印象もあるのですが、まったく違う語源でした。「けん」も「ほろろ」もキジの鳴き声だそうです。

Image1
キジ

 次の映像を見るとわかりますが、キジの鳴き声はケンには聞こえますが、ホロロとは聞こえません。「ほろ」はキジが鳴いた後によくする「母衣打ち(ほろうち)」からという説があります。その下の映像を見ると、母衣打ちするときの羽音がホロロに聞こえないこともないです。

 また、「けん」は「慳貪(けんどん)」をかけているという説明もあります。「剣突(けんつく)」にもかけているという説明もあり、必ずしも「剣」が無関係とは言えないようです。

 それでは、キジがどうして、けんもほろろの意味と結びついてのでしょうか。キジが鳴いてから母衣打ちするまでは、取りつく島もないほどの一瞬の動作です。取り付く島もないは「頼りにするところが何もないこと。何かを頼んだり相談しようとしても、相手の態度が冷たくて、きっかけがつかめないこと」ですので、けんもほろろの意味と同じです。あと、キジの鳴き声や鳴き方が無愛想だからという説もあるようです。

キジ鳴き声

野鳥撮影・ キジの母衣打ち(ホロ打ち)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| |

« 第1回全国自動車競走大会の開催(1936年6月7日) | トップページ | ドナルドダック登場(1934年6月9日) »

野鳥」カテゴリの記事

動物の豆知識」カテゴリの記事

You Tube」カテゴリの記事

国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回全国自動車競走大会の開催(1936年6月7日) | トップページ | ドナルドダック登場(1934年6月9日) »