« 灯台記念日(1868年11月1日) | トップページ | ソ連がスプートニクス2号を打ち上げ(1957年11月3日) »

2021年11月 2日 (火)

恐竜の色は何色?

 ひと昔前の図鑑に描かれている恐竜の多くは茶色や濃い緑色の体をしています。最近の図鑑を見てみると、恐竜の体が比較的鮮やかな色を使って描かれており、模様がつけられている恐竜もいます。また、色々な図鑑を見比べてみると、同じ種類の恐竜なのに違う色で描かれていることもあります。恐竜の色はどのように決められるのでしょうか。

恐竜の色は何色?
恐竜の色は何色?

 恐竜はほとんどが骨の化石として見つかります。骨の化石から恐竜の体の形はわかりますが、体の色はわかりません。恐竜の皮膚の化石も見つかっていますが、皮膚の化石に色は残っていませんから恐竜がどんな色をしていたのかはわかりません。ですから、恐竜の体が何色だったのかは本当はわかっていないのです。

 図鑑などに描かれている恐竜は、現在生きている爬虫類や鳥類を参考に描かれたものです。学者同士で相談することはありますが、恐竜の体の色についての決まりはありません。そのため、同じ種類の恐竜でも図鑑によって色が違うのです。時代とともに体の色が鮮やかになってきているのは、恐竜のことがいろいろとわかってきたからです。

 昔は恐竜は大型の爬虫類で、頭が悪く、動きも鈍い動物と考えられていました。しかし、最近では恐竜は頭が良く、動きも素早かったのではないかと考えられています。また、恐竜と鳥類が近い関係にあるという説も、恐竜の見方を大きく変えています。羽毛のような毛が生えていた恐竜も発見されています。

 一般に爬虫類や鳥類は色を見分ける能力が高いといわれています。鮮やかなヘビや鳥を見たことがあるでしょう。色覚が高いと体の色が鮮やかになるという説もあります。ですから、恐竜も鮮やかな色をしていたのではないかと考えられるようになってきたのです。

 しかし、それらはあくまでも想像にすぎません。恐竜が本当に何色の体をしていたのかは未だわかっていないのです。例外として一部の羽毛恐竜では羽毛部分に色素の細胞小器官が確認されておりその色が判明しています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| |

« 灯台記念日(1868年11月1日) | トップページ | ソ連がスプートニクス2号を打ち上げ(1957年11月3日) »

動物の豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜の色は何色?:

« 灯台記念日(1868年11月1日) | トップページ | ソ連がスプートニクス2号を打ち上げ(1957年11月3日) »