« 粉ミルク飲んだどー!(昭和39年) | トップページ | ナリタブライアンが三冠馬に(1994年11月6日) »

2021年11月 5日 (金)

ジャイアントパンダ上野動物園で一般公開(1972年11月5日)

 1972年9月29日、当時の日本の田中角栄首相と中国の周恩来首相が北京で日中共同声明(日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明)に署名しました。この日中国交正常化を記念し中国人民から日本国民へパンダのオス・メスが贈られることになりました。

ジャイアントパンダ
ジャイアントパンダ

 1972年10月28日に日中国交の親善大使としてパンダのカンカンとランランが上野動物園に来園し、同年11月5日から一般公開されました。

 上野動物園にはパンダを一目見ようとたくさんの人が訪れ、パンダ見物の列は2 kmにも及びました。実際にパンダを見ることができるのは歩きながらの30秒程度、そこまでたどり着くまでに2時間もかかりました。自分も子どもの頃、上野動物園でパンダを見物しましたがパンダの背中しか見えず、顔が見られなかったとがっかりした記憶があります。

 当時、日本国内にはパンダの飼育法に精通している人はいませんでした。そもそもパンダは1869年に発見されたばかりの謎に包まれた幻の動物だったのです。カンカンとランランが来日したとき中国から飼育員は同行しておらず、パンダの習性や食べもなどが書かれた飼育の指示書しかありませんでした。日中親善大使としてやってきたパンダにもしものことがあったら大変です。情報が少ない中で飼育員をはじめとする関係者はエサとなる竹の調達、飼育環境の整備などでたいへん苦労されたようです。 

 野生パンダの生息数は激減していますが、最近は多少回復し1800頭を超えるぐらいです。パンダは中国で国家一級保護動物に指定されており、保護区には研究センターが設立されパンダの生態や繁殖について研究は行われています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

| |

« 粉ミルク飲んだどー!(昭和39年) | トップページ | ナリタブライアンが三冠馬に(1994年11月6日) »

動物の豆知識」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉ミルク飲んだどー!(昭和39年) | トップページ | ナリタブライアンが三冠馬に(1994年11月6日) »