« ノーベル賞制定記念日(1895年11月27日) | トップページ | 日本初の火力発電所が日本初の送電を開始(1887年11月29日) »

2021年11月28日 (日)

アオノリュウゼツランは枯れない植物?

 アオイ竜舌と札の付いた植物。これはアオノリュウゼツラン(Agave americana)といいます。

アオノリュウゼツラン
アオノリュウゼツラン

 草(多年草)は樹木と異なり花を咲かせると枯れてしまいます。草は根を残して枯れ季節になると再び成長し花を咲かせます。これの繰り返しです。ところがアオノリュウゼツランはいつ見ても青々としていて葉が枯れているところを見ることがありません。

 実はアオノリュウゼツランは成長期が非常に遅く熱帯地域では10~20年かけて成長します。やがて株の真ん中あたりから長い枝を伸ばし、たくさんの花を咲かせて枯れてしまいます。

アオノリュウゼツランの花
アオノリュウゼツランの花

 ですからアオノリュウゼツランが花を咲かせているところや枯れているところを見ることができるのは10~20年に1度ということになります。

【関連記事】

アロエはどのような植物か?ーアロエの花はどんな花

スコヴィル値とは|ハバネロを超える辛子

ウツボカズラ|光合成できるが食虫植物

長ネギの白い部分と緑の部分は何か?

レンコンの穴はなんだろう?

人気ブログランキングへ


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

| |

« ノーベル賞制定記念日(1895年11月27日) | トップページ | 日本初の火力発電所が日本初の送電を開始(1887年11月29日) »

植物」カテゴリの記事

知る人ぞ知る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオノリュウゼツランは枯れない植物?:

« ノーベル賞制定記念日(1895年11月27日) | トップページ | 日本初の火力発電所が日本初の送電を開始(1887年11月29日) »