« 【おもしろ映像】ドラえもん「未来のルームランナー」実現か | トップページ | アポロ11号打ち上げ(1969年7月16日) »

2021年7月15日 (木)

任天堂「ファミリーコンピュータ」を発売(1983年7月15日)

【訂正】日付が1985年7月15日となっておりました。正しくは1983年7月15日でタイトルおよび本文を訂正させていただきました。

 テレビゲームはアメリカで生まれました。日本では1970年代の中頃にエポック社から国産初の家庭用テレビゲームが登場しました。この頃のテレビゲームは画面上のバーを動かしてボールを打ち返すような単純なものでした。また、ひとつのゲーム機で遊ぶことができるゲームの種類が限られていたことあり、1970年代後半にはほとんど売れなくなりました。

任天堂 カラーテレビゲーム15 / Nintendo Color TV Game 15

 同じ頃、街のゲームセンターや喫茶店では、ブロック崩しやスペースインベーダーなどをはじめとする業務用ゲーム機が大流行していました。このゲーム機はROM(リードオンリーメモリ)を変えることによって、いろいろなゲームを動かすことができました。半導体の性能が向上し、ゲーム専用のLSIが大量生産できるようになっていました。

ゲームセンターの思い出 お子さまがパックマンに挑戦!

 1980年代に入ると、カセット交換式のゲーム機が登場しました。カセットを変えることで異なるゲームを動かすことができるため、家庭用テレビゲームが再び売れはじめました。多くのゲームカセットが販売されるようになり、この頃からソフトウェアが重視されるようになりました。

カセットビジョン「ギャラクシアン」 / Cassette Vision Galaxian

 1983年、アメリカの大手テレビゲームメーカー・アタリ社が日本に進出してきました。国内のメーカーはアタリに市場を奪われるのではないかと心配しましたが、アタリのゲーム機が陳腐だったこともあって、日本ではほとんど売れませんでした。

 そのような中で「家族そろってファミリー・コンピュータ」をキャッチフレーズに1983年7月15日に任天堂のファミリコンピュータが登場しました。

任天堂ファミリーコンピュータ
任天堂ファミリーコンピュータ

 他の機種よりも美しい画面、多様な音を出すことができる音源、人気ゲームの採用、低価格といった特徴で、わずか1年間で130万台を売り上げました。ファミリコンピュータは世界中で売れ、テレビゲームの世界のトップに躍り出たのです。

任天堂 ファミリーコンピュータ CM

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

人気ブログランキングへ

| |

« 【おもしろ映像】ドラえもん「未来のルームランナー」実現か | トップページ | アポロ11号打ち上げ(1969年7月16日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

ご指摘ありがとうございます。1983年に訂正させていただきました。

投稿: toshizo | 2021年7月18日 (日) 13時02分

発売は1983年ではないでしょうか・・?

投稿: | 2021年7月15日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂「ファミリーコンピュータ」を発売(1983年7月15日):

« 【おもしろ映像】ドラえもん「未来のルームランナー」実現か | トップページ | アポロ11号打ち上げ(1969年7月16日) »