« 昭和の懐かしの昆虫採集セット | トップページ | 【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ »

2021年6月15日 (火)

フランクリンが凧揚げの実験を行った日(1752年6月15日)

ココログ「夜明け前」公式サイト

 雷の正体が電気であることを証明したのはアメリカのベンジャミン・フランクリンとされています。フランクリンは雷が電気であることを証明するために、雷雨になりそうな雲をめがけて凧を飛ばす実験を1750年に発案しました。

 1752年5月10日、フランスの物理学者トマ・フランソワ・ダリバールはフランクリンの論文を参考に凧の代わりに高さ12メートルの金属の棒を使って実験を行いました。ワインボトルで棒を接地し、高度の低いところにできた雲から電気を取り出すことに成功したとされています。

 つまり、雷の正体が電気であることに最初に気がついたのはベンジャミン・フランクリンですが、実際に実験で確認したのはトマ・フランソワ・ダリバールだったということになります。

 フランクリンがフィラデルフィアで有名な凧揚げの実験を行ったのは1752年6月15日とされています。フランクリンは同年10月19日にこの実験を「ペンシルバニア・ガゼット」紙に報告していますが、実際に実験を自分で行ったとは記していませんでした。

10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図
10ドル紙幣に描かれたフランクリンの実験の図

 プランクリンの凧揚げの実験を詳細に伝えたのはイギリスのジョゼフ・プリーストリーです。1767年にプリーストリーはフランクリンが金属の棒は危険なため凧の麻ひもを利用して電気を取り出す実験を行うことにしたなど、実験の背景まで説明してます。プリーストリーはフランクリンから詳細な説明を受けていたと考えられています。

【関連記事】

・フランクリンの凧揚げの実験「雷の正体見たり静電気

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 昭和の懐かしの昆虫採集セット | トップページ | 【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ »

今日は何の日」カテゴリの記事

天気・気象」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和の懐かしの昆虫採集セット | トップページ | 【おもしろ映像】ベイダー卿のゴルフ »