« 函館と郵政記念日の関係(1871年4月20日) | トップページ | NCSA Mosaic がリリース(1993年4月22日) »

2021年4月21日 (水)

「月面X」をかろうじて捉えることに成功(2021年4月19日)

 4月19日は月の明るい部分と暗い部分の境目あたりに光の加減で「X」の文字が見える「月面X」という現象がありました。撮影した映像を良く見ると、かろうじて「月面X」が写っていました。パナソニックのFZ85に純正のテレコンバージョンDMW-LT55を装着して撮影しました。

月齢7の月と月面X(f:8 ss:1/100 ISO:800)
月齢7の月と月面X(f:8 ss:1/100 ISO:800)

 

赤く囲んだ部分を拡大してみると「月面X」が確認できます。撮影時間が「月面X」が綺麗に見える時間より1時間ほど早めだったため、Xの右半分が欠けています。

月面X(f:8 ss:1/100 ISO:800)
月面X(f:8 ss:1/100 ISO:800)

「月面X」についてはココログ 光と色と と「月齢7の月に「月面X」(2021年4月19日)」に説明があります。今年(2021年)は「月面X」をあと4回見ることができます。その日時も掲載してありますのでご一読ください。

人気ブログランキングへ

 

| |

« 函館と郵政記念日の関係(1871年4月20日) | トップページ | NCSA Mosaic がリリース(1993年4月22日) »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館と郵政記念日の関係(1871年4月20日) | トップページ | NCSA Mosaic がリリース(1993年4月22日) »