« 八王子「桑都物語」日本遺産認定記念番組|J:COMチャンネル | トップページ | 世界最大のダイヤモンド原石を発見(1905年1月26日) »

2021年1月25日 (月)

日本で一番寒かった日(1902年1月25日)

 気象台が観測を開始してから、日本で一番寒かった日は明治35年(1902年)1月25日です。北海道の旭川で気温マイナス41.0度が観測されました。翌26日は帯広で気温マイナス38.2度が観測されました。このことから1902年1月25日と26日は大寒波に見舞われたことがわかります。

Photo_20210122124401
極寒の北海道(昭和41年十勝地方)「凍つく大地と日高山脈」(上)と「薪ストーブとお婆さんと猫」(下)

 ところで、この記録はあくまで気象台による公式記録です。その他の記録を調べてみると、昭和53年(1978年)2月17日に北大農学部付属演習林(幌加内町母子里)においてマイナス41.2度が観測された記録が残っています。また、昭和6年(1931年)1月27日に稚内と旭川の真ん中ぐらいにある北海道美深町でマイナス41.5度が観測された記録があります。

 ですから日本で一番寒かった日は本当は昭和6年1月27日のマイナス41.5度なのですが、公式記録として認められているのは1902年1月25日のマイナス41度になっています。さて、この日にあやかって制定された記念日があります。ひとつは「中華まんの日」、もうひとつは「ホットケーキ」の日です。どちらも寒い日に食べてもらって暖まってもらおうという意味で制定されたそうです。

 なお、現在は地球温暖化の影響もあり平均気温が上昇しているので、これらの最低気温の記録が破られることはないだろうと考えられいます。

人気ブログランキングへ

|

« 八王子「桑都物語」日本遺産認定記念番組|J:COMチャンネル | トップページ | 世界最大のダイヤモンド原石を発見(1905年1月26日) »

今日は何の日」カテゴリの記事

天気・気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八王子「桑都物語」日本遺産認定記念番組|J:COMチャンネル | トップページ | 世界最大のダイヤモンド原石を発見(1905年1月26日) »