« 飛行機から見た飛行機雲 | トップページ | おめでとう!紀平梨花選手が4回転サルコー成功 »

2020年12月28日 (月)

シネマトグラフの日(1895年12月28日)

 シネマトグラフはフランスのオーギュスト・リュミエール、ルイ・リュミエールのリュミエール兄弟が1895年に発明した動画をスクリーンに映し出すことができる映写機です。リュミエール兄弟は1894年にシネマトグラフで世界初の映画「工場の出口」を制作し、試写会を行いました。

上映中のシネマトグラフと映画「工場の出口」
上映中のシネマトグラフと映画「工場の出口」

 そして、1895年12月28日にパリのサロン・ナンディアン(現ホテル・スクリーブ・パリ)で「工場の出口」を含む10本の映画が観客を集めて上映されました。これが世界初の映画の商業公開となりました。下記はドイツでの興業の際の宣伝ポスターです。

Photo_20201223132301
ドイツのシネマトグラフのポスター

 シネマトグラフは日本には1897年にやってきました。同年2月15日に大阪で自動写真という名前で上映されました。自動写真の噂は瞬く間に広がり、連日の上映は人が並ぶほど大人気となりました。

 活動写真や映画がどのように開発されたのかについては、ブログ「光と色と THE NEXT」の「活動写真と映画の始まり|ゾエトロープからシネマトグラフへ」をご一読ください。

【関連記事】

映画の日(1896年12月1日)

活動写真と映画の始まり|ゾエトロープからシネマトグラフへ</a

人気ブログランキングへ

| |

« 飛行機から見た飛行機雲 | トップページ | おめでとう!紀平梨花選手が4回転サルコー成功 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

今日は何の日」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛行機から見た飛行機雲 | トップページ | おめでとう!紀平梨花選手が4回転サルコー成功 »