« ゴールデンバットとゴールドウルフ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則② | トップページ | 世界の人口と地球の表面積|1人あたりの面積は? »

2020年10月 5日 (月)

バイオレットサザエ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則③

 ロボット工学三原則はアイザック・アシモフの短編SF小説『われはロボット(I Robot)』で示された次のようなものです。ロボットはこの三原則の元に設計されなければならないということで、自律型のロボットについてはロボット自身の行動規範になるのだろうと思います。

第3回はキカイダーのバイオレットサザエについて考えます。

ロボット工学三原則
  • 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
  • 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
  • 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

 良心回路が搭載されておらず、ギル博士の悪の命令に服従するよう作られたダーク破壊部隊のロボットの中に、良心回路を持ちたいと思うロボットがいました。バイオレットサザエです。

 ジロー/キカイダーは良心回路の設計図を完成させた荒木博士に会うために温泉宿に向かいます。残念ながら、荒木博士はバイオレットサザエに殺されてしまいます。そこに駆けつけたジロー/キカイダーはバイオレットサザエを倒します。

 温泉宿の庭で故障したバイオレットサザエを発見したジロー/キカイダーは、バイオレットサザエを修理します。バイオレットサザエはジロー/キカイダーが自分を修理する理由を理解できませんでした。ジロー/キカイダーは、悪い人間の言うことだけ聞くように作られたアンドロイド自身に罪はないと言います。バイオレットサザエはジロー/キカイダーのその優しい言葉に対して、自分も良心回路が欲しいと訴えます。

 ミツコはダークのロボットを修理するジロー/キカイダーを見つけ非難しますが、ジロー/キカイダーは壊れかかった人造人間がどんな気持ちなのか分からないだろうと答えます。そして、ジロー/キカイダーはバイオレットサザエを匿い、バイオレットサザエのために良心回路の設計図を探しに出かけます。

 しかしながら、バイオレットサザエはすぐにダークのロボットに発見されてしまいます。粛清されそうになったバイオレットサザエは、自分はダークを裏切ったわけではなく、ジロー/キカイダーに一芝居打っただけだ答え、設計図のありかを吐けとミツコに迫ります。

 そこへ、ジロー/キカイダーが現れ、バイオレットサザエを説得します。しかし、説得がまったく通じないため、ジロー/キカイダーはやむなくデンジ・エンドでバイオレットサザエを倒します。バイオレットサザエは、自分が言ったことは本当だったが、プロフェッサーギルから逃れられないと言い残して絶命します。

 バイオレットサザエには良心回路は搭載されていません。悪の命令だけに服従するように作られたはずですが、悪い人間の言うことだけ聞くように作られたアンドロイド自身に罪はないというジロー/キカイダーの思いやりを理解し、できることなら自分も良心回路を搭載し、ダークから抜け出したいと考えるようになったのだと思います。

 刺客のダークロボットが現れると、悪の手先に戻ってしまいましたが、バイオレットサザエの一連の思考や行動を振り返ると、ギル博士の設計が不完全であったと言えるかもしれません。つまり、悪の命令だけに服従するように作られたロボットでも良心のようなものは芽生えるアンドロイドもいるということです。

 ダーク破壊部隊のロボットは、ロボット工学三原則に照らし合わせると第一条がありません。そして、第二条に基づいて、世界征服を成し遂げるための命令に服従し、目的を達成するためには人間への危害は制限になりません。そして、第三条に基づいて、目的を達するための自己防衛はします。

 良心回路が搭載されたジロー/キカイダー、ゴールデンバット、ゴールドウルフは、良心回路によって自ら思考し行動します。バイオレットサザエは上述のように作られたものの、人工知能が悪への服従に対して疑問をもつようになりかけたのだと思います。その、きっかけを作ったのがジロー/キカイダーの思いやりのある言葉と行動で、その経験が記憶されたのでしょう。

 人工知能は記憶されたデータに基づいて、いろいろな判断をします。バイオレットサザエは、悪に服従するようには作られていたが、善に服従してはいけない、善を記憶に留めてはいけないようには作られていなかったのかもしれません。

 次回はハカイダーについて考えます。

人気ブログランキングへ

 

| |

« ゴールデンバットとゴールドウルフ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則② | トップページ | 世界の人口と地球の表面積|1人あたりの面積は? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンバットとゴールドウルフ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則② | トップページ | 世界の人口と地球の表面積|1人あたりの面積は? »