« 昭和39年(1964年)の静岡駅 | トップページ | 舞浜の由来は「浦安の舞」だった »

2020年9月 3日 (木)

2020年の初サンマのサンマ焼き with サンマの漁獲量の推移

 今年も不漁で始まったサンマ漁ですが、やっと店頭で生サンマを見かけるようになりました。価格は一尾500円以上します。少し良さそうなものは700円以上の値段がついていました。

 これはしばらくは居酒屋さんで食べる機会もないかなと諦めていたところ、いつものお店にありました。サンマ焼きで頂きました。

2020年の初サンマのサンマ焼き
2020年の初サンマのサンマ焼き

 まだ小振りで脂も乗っていません。苦みと融和する美味しさがでそうにないので内臓は取ってもらいました。なので写真ではさらに貧弱に見えてしまいます。このブログに2014年の初サンマの記事があります。写真の倍率が異なりますが、同じお皿です。2014年のサンマはお皿からはみ出しています。だいぶ大きさが違います。

今季初のサンマ焼き

今季初のサンマ焼き(2014年8月27日)
今季初のサンマ焼き(2014年8月27日)

漁獲量の推移

 この後、サンマ漁が進めば少しは価格は下がると思いますが、今のところの漁獲量の見通しは厳しいようです。

 サンマの漁獲量は2019年は4万517トンしかありませんでした。1990年は31.1万トン、2000年は21.2万トン、2008年には34.3万トンです。バラツキもありますが、それなりに漁獲できていました。ところが、上の写真のサンマが獲れた2014年に22.5万トン獲れていたものが、2015年には11.2万トン、そこから有意に漁獲量が下がっています。今年はどれぐらい獲れるのでしょうか。

サンマの漁獲量推移データ

全国サンマ棒受網漁業協同組合さんのデータを参考に作成

万トン 万トン 万トン 万トン
1981 15.9 1991 29.9 2001 26.6 2011 20.8
1982 19.3 1992 25.9 2002 20.5 2012 21.8
1983 23.3 1993 27.4 2003 26.0 2013 14.8
1984 22.4 1994 25.1 2004 20.5 2014 22.5
1985 25.9 1995 27.3 2005 23.0 2015 11.2
1986 22.6 1996 23.1 2006 24.0 2016 11.0
1987 21.0 1997 28.5 2007 29.6 2017 7.7
1988 28.8 1998 14.0 2008 34.3 2018 12.0
1989 24.7 1999 13.5 2009 30.8 2019 4.05
1990 31.1 2000 21.2 2010 19.3 2020 ???

全国サンマ棒受網漁業協同組合

 今年も厳しい漁獲量になると思いますが、秋が深まれば脂の乗った美味しいサンマが食べられるでしょう。刺身も楽しみにしています。

人気ブログランキングへ

| |

« 昭和39年(1964年)の静岡駅 | トップページ | 舞浜の由来は「浦安の舞」だった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和39年(1964年)の静岡駅 | トップページ | 舞浜の由来は「浦安の舞」だった »