« 素晴らしい音色の「食琴 DishPhone」 | トップページ | 2020年の初サンマのサンマ焼き with サンマの漁獲量の推移 »

2020年9月 2日 (水)

昭和39年(1964年)の静岡駅

実家の写真を整理していたら昭和39年(1964年)の静岡駅の写真が出てきました。

静岡駅(昭和39年)
静岡駅(昭和39年)

昭和39年8月と記載されているので、まだ新幹線は開業前ですが、既に試運転は行われています。駅の後ろに新幹線の高架が写っています。

ですので、このときの旅行は在来線です。

当時の静岡駅の駅名標の写真もありました。静岡駅の下り側の駅は用宗(もちむね)駅、上り側は草薙(くさなぎ)駅とあります。

現在は静岡駅と用宗駅の間に阿部川駅がありますが、阿部川駅は昭和60年(1985年)開業ですから、当時はなかったのです。また、静岡駅と草薙駅の間には東静岡駅がありますが、東静岡駅は1998年開業です。

静岡駅の駅名標(昭和39年、1964年)
静岡駅の駅名標(昭和39年、1964年)

さて、駅の全体の写真を

光と色と Color Images|白黒写真をカラー写真にするアプリ

で紹介されているアプリでカラー化してみたところ、こんな感じになりました。

AIによるカラー化ですので、実際と色が異なるところはたくさんあろうかと思いますが、色が加わるとだいぶイメージが変わります。

静岡駅(昭和39年)カラー化
静岡駅(昭和39年、1964年)カラー化

 さて、この写真、ずいぶん高いところから撮影しています。駅舎の後ろに在来線、その後ろに新幹線の高架ですから、静岡駅北口です。当時、この高さから写真が撮れた場所というと松坂屋静岡店でしょうか。松坂屋静岡店は当時も存在しました。

Photo_20200902141701
現在の静岡駅周辺

人気ブログランキングへ

| |

« 素晴らしい音色の「食琴 DishPhone」 | トップページ | 2020年の初サンマのサンマ焼き with サンマの漁獲量の推移 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅の空から」カテゴリの記事

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素晴らしい音色の「食琴 DishPhone」 | トップページ | 2020年の初サンマのサンマ焼き with サンマの漁獲量の推移 »