« 舞浜の由来は「浦安の舞」だった | トップページ | 北海道の馬そり(昭和41年 1966年1月) »

2020年9月 4日 (金)

セブン セブン セブン(小学館文庫): アンヌ再び… by ひし美ゆり子

セブン セブン セブン(小学館文庫): アンヌ再び…

この文庫本は1997年の単行本「セブンセブンセブン―わたしの恋人ウルトラセブン」の続編で、もとの単行本に内容がずいぶん追加されています。ご自身のことに加えて、ウルトラセブンの第一話から最終話まで制作に関するエピソードや出演者のことなどにも触れられており、読み応えのあるエッセイ集となっています。単行本のときもあっという間に読んでしまいましたが、文庫本もあっという間に読み終えてしまいました。

ウルトラセブン55周年などで、カラー写真付きで再販されないだろうか・・・

Photo_20200831111301

出版社からのコメント

ウルトラセブンのアンヌ隊員が語るセブン全エピソード。

内容(「BOOK」データベースより)

永遠の特撮ヒロイン、アンヌ隊員がホンネで書いたあのころの真実。写真ページを刷新して待望の文庫化。

文庫: 254ページ
出版社: 小学館 (2001/03)
ISBN-10: 4094020764
ISBN-13: 978-4094020762
発売日: 2001/03
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm

目次

アンヌ誕生
『ウルトラセブン』の仲間たち
アンヌの見た『ウルトラセブン』
『ウルトラセブン』の生みの親
『ウルトラセブン』への回帰
60年代の青春
映画女優
テレビ女優
ひし美ゆり子と私
『セブンセブンセブン』刊行後の出来事

人気ブログランキングへ

| |

« 舞浜の由来は「浦安の舞」だった | トップページ | 北海道の馬そり(昭和41年 1966年1月) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ウルトラのネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セブン セブン セブン(小学館文庫): アンヌ再び… by ひし美ゆり子:

« 舞浜の由来は「浦安の舞」だった | トップページ | 北海道の馬そり(昭和41年 1966年1月) »