« ゴーヤーの中身は赤かった | トップページ | お勧めの英語翻訳サイト-複数の翻訳エンジンの癖をつかんで便利に使いこなす »

2020年7月12日 (日)

ローリング・ストーンズ記念日

1962年7月12日、イギリスのロック・バンドのローリング・ストーンズがロンドンのマーキージャズクラブでデビューしました。

ローリング・ストーンズは1962年4月に結成され、 7月のデビューのメンバーは、ボーカルのミック・ジャガー、ギタリストのブライアン・ジョーンズとキース・リチャード、ピアニストのイアン・スチュワート、ベイシストのディック・テイラー、ドラマーのミック・エイヴォリーだったようです。ドラマーはトニー・チャップマンという説もあるのですが、キース・リチャードが2010年にミック・エイヴォリー(元キンクス)だったと語っています。

ストーンズのファンサイトの「 It’s Only Rock and Roll によると、1962年のストーンズが演奏したのは次の曲だったとのことです。

  1. Kansas City
  2. Baby What’s Wrong
  3. Confessin’ the Blues
  4. Bright Lights, Big City
  5. Dust My Broom
  6. Down the Road Apiece
  7. I’m a Love You
  8. Bad Boy
  9. I Ain’t Got You
  10. Hush-Hush
  11. Ride ‘Em on Down
  12. Back in the U.S.A.
  13. Kind of Lonesome
  14. Blues Before Sunrise
  15. Big Boss Man
  16. Don’t Stay Out All Night
  17. Tell Me You Love Me
  18. Happy Home

最初の頃はチャック・ベリーのカバー曲なども演奏していました。

The Rolling Stones Johnny B Goode 1962

 

 下記のアルバムは1981年の北米ツァーを収めたスティル・ライフというアルバムです。ステージ録音とライブではここまで盛り上がり方が違うのかということを実感できます。

  1. A列車で行こう (イントロ)
  2. アンダー・マイ・サム
  3. 夜をぶっとばせ
  4. シャッタード
  5. トゥエンティ・フライト・ロック
  6. ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー
  7. レット・ミー・ゴー
  8. タイム・イズ・オン・マイ・サイド
  9. ジャスト・マイ・イマジネーション
  10. スタート・ミー・アップ
  11. サティスファクション
  12. 星条旗 (アメリカ国歌) (アウトロ)

人気ブログランキングへ

|

« ゴーヤーの中身は赤かった | トップページ | お勧めの英語翻訳サイト-複数の翻訳エンジンの癖をつかんで便利に使いこなす »

音楽」カテゴリの記事

You Tube」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーヤーの中身は赤かった | トップページ | お勧めの英語翻訳サイト-複数の翻訳エンジンの癖をつかんで便利に使いこなす »