« Mac Book Pro(OS X)がフリーズしたときの強制終了のキー操作 | トップページ | Windowsで「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールができない »

2020年6月10日 (水)

MIcrosoft Officeでフォントを瞬時に上付き・下付き文字にするショートカット 

 Microsfot Office を使っていて、文字を上付き文字や下付き文字にする場合、対象となる文字を反転表示させて、フォントのプロパティを呼び出します。

 このとき、フォントのプロパティを開くには、[書式]メニューを開いて[フォント]を選ぶか、右クリックしたときに表示されるポップアップメニューから[フォント]を選びます。

すると、次のようなフォントのプロパティを設定するダイアログボックスが表示されます。

Fontproperty

 赤枠で囲んだ「文字飾り」のカテゴリ内の「□上付き」「□下付き」にチェックを入れると、対象の文字を上付き文字にしたり、下付き文字にしたりすることができます。

 実際に、この一連の作業をやってみるとずいぶん面倒です。いちいちプロパティのダイアログボックスを表示しなければいけません。

 そこで便利なのがショートカットキーです。下記ショートカットキーを使うと文字を一発で上付き文字、下付き文字、太字などにすることができます。

これだけ覚えておくだけでも文字のプロパティの設定がずいぶん楽になります。

ショートカットキー 機能 備考
[Ctrl][Shift][;] 上付き文字 セミコロン
[Ctrl][Shift][-] 下付き文字 テンキーの-は不可
[Ctrl][B] 太字  
[Ctrl][I] 斜体文字  
[Ctrl][U] 下線をつける  
[Ctrl][>] サイズを一段階大きくする  
[Ctrl][<] サイズを一段階小さくする  

人気ブログランキングへ

| |

« Mac Book Pro(OS X)がフリーズしたときの強制終了のキー操作 | トップページ | Windowsで「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールができない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIcrosoft Officeでフォントを瞬時に上付き・下付き文字にするショートカット :

« Mac Book Pro(OS X)がフリーズしたときの強制終了のキー操作 | トップページ | Windowsで「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールができない »