« IE11 「このページのスクリプトでエラーが発生しました」を非表示にする方法 | トップページ | 緊急事態宣言が解除 »

2020年5月22日 (金)

賞味期限と消費期限の違い

 食品のラベルに賞味期限や消費期限が印刷されていますが、賞味期限と消費期限にはどのような違いがあるのでしょうか。

賞味期限とは

 賞味期限は、食べ物をおいしく食べることができる目安としての期限を意味しています。ですから、賞味期限が過ぎてしまったからといって、食品が食べられなくなるわけではありません。商品のパッケージに記載されている決められた方法で保存されている限り、賞味期限まではおいしく食べることができます。賞味期限がつけられるのは、劣化の進み具合が比較的おだやかな食品で、清涼飲料水、冷凍食品、レトルト食品、インスタントの麺類などがあげられます。賞味期限は、あくまでも商品を未開封の状態で、決められた方法で保存した場合のものです。商品の口を開けてしまうと無効です。

Photo_20200523153301

消費期限とは

 消費期限は、食べ物をその期日までに食べなければならないことを意味しています。消費期限は、肉や刺身、コンビニのおにぎりや弁当などのように傷みの早い食べ物に印刷されます。消費期限を過ぎると、食品が腐ったり、変質したりします。また、食品添加物がある期間で変質し、健康に害を及ぼす可能性がある場合にも消費期限の記載が義務づけられます。ですから、消費期限を過ぎたものは食べてはいけません。

Photo_20200523152301

消費期限や賞味期限はどのようにして決められるのか

 賞味期限や消費期限は食品表示法でその表示が義務づけられています。この法律では期限の設定については具体的に規定されていませんが、消費庁の食品表示基準に関するガイドラインにおいて「消費期限又は賞味期限については、食品の特性等を十分に考慮した上で、客観的な試験・検査を行い、科学的・合理的に設定すること」とされています。

 食品の製造メーカーでは、その食品に望ましい保存方法だけではなく、さまざまな条件下で保存した場合での食品の変質などを調べて、賞味期限を設定します。賞味期限を過ぎたからといって、すぐに食べられなくなるというわけではありませんが、味が変質したり、劣化が始まっていますので、なるべく食べないようにしましょう。

 消費期限は食べ物が腐ったり、変質したりする期限で決まりますので、製造メーカーでまちまちということはありません。消費期限は、製造・加工日から、おおむね五日以内とすることが法律で定められています。

 いずれにしても、賞味期限や消費期限で重要なことは、食品が指定された方法で保存されていることです。

 ところで、賞味期限が消費期限に変わるものもあります。たとえば、肉は生ものですが、工場で熟成され、出荷された直後は、1ヶ月ぐらいの賞味期限がつけられます。スーパーや小売店に入荷すると冷凍庫に保存されますが、パッケージにつめて店頭に並べる時点で消費期限がつけられます。消費期限1日前になると、安売りが始まりますね。売れなかったものはお惣菜の材料などに使われます。

人気blogランキングへ

| |

« IE11 「このページのスクリプトでエラーが発生しました」を非表示にする方法 | トップページ | 緊急事態宣言が解除 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

身近なもののしくみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賞味期限と消費期限の違い:

« IE11 「このページのスクリプトでエラーが発生しました」を非表示にする方法 | トップページ | 緊急事態宣言が解除 »