« 緊急事態宣言が解除 | トップページ | テレワーク・出張・お出かけに便利なグッズ 電源アダプタや充電器など »

2020年5月27日 (水)

Windows 10のCortana(コルタナ)を無効・停止する方法

 Windows 10のCortana(コルタナ)は使いこなすと便利なのかもしれませんが、あまり使用していない場合やパソコンのパーフォーマンスが低い場合は無効・停止にした方が良いでしょう。自分もParallels上のWindows 10はCortanaを停止しています。

 CornataはWindows 10の標準的な設定の機能では無効・停止にすることはできません。

 Cortanaを無効・停止するには2つの方法があります。ひとつはグループポリシーエディタを使う方法、もうひとつはレジストリエディタを使う方法です。グループポリシーエディタはWindows 10 Proでは使えますが、Windows 10 Homeではそのままでは使えません。Windows 10 Homeでグループポリシーエディタを使えるようにする方法もありますが、いったん設定すると元に戻すことは容易ではないので、ここではレジストリエディタを使った方法を紹介します。

  1. 検索ボックスに「regedit」と入力し、レジストリエディタを起動します。
  2. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search」を開きます。
  3. 「Windows Search」がない場合は、「Windows」を右クリックしてポップアップメニューを開き、[新規][キー]を選び、「Windows Search」を作成します。
  4. 「Windows Search」を右クリックしてポップアップメニューを開き[新規][DWORD(32bit)]を選び、「AllowCortana」を作成します。すでに「AllowCortana」がある場合は5へ進みます。
コルタナを無効にする方法
レジストリエディタ|コルタナを無効にする方法
  1. 「AllowCortana」をダブルクリックして値を0(16進法)に設定します。
コルタナを無効にする方法
レジストリエディタ|コルタナを無効にする方法
  1. Windowsからログアウトし、ログインしなおします。

 以上の操作で、Cortanaのアイコンがスタートメニューから消え、Cortanaを無効・停止することができます。Cortanaのアイコンが残っている場合はアイコンを右クリックし、非表示にしてください。

 なお、タスクマネージャーで確認すると、Cortanaのプロセスは残っていますが、作動はしていません。

人気ブログランキングへ

| |

« 緊急事態宣言が解除 | トップページ | テレワーク・出張・お出かけに便利なグッズ 電源アダプタや充電器など »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急事態宣言が解除 | トップページ | テレワーク・出張・お出かけに便利なグッズ 電源アダプタや充電器など »