« 波状雲 | トップページ | ノコギリエイ »

2008年5月28日 (水)

タツノオトシゴ

 タツノオトシゴはトゲウオ目ヨウジウオ科タツノオトシゴ属の総称です。どう見ても魚には見えませんが、タツノオトシゴは魚類です。別名では、ウミウマ(海馬)、カイバ(海馬)、ウマノコ(馬の子)、リュウノコマ(竜の駒)、リュウグウノコマ(竜宮の馬)、タツノコ(竜の子)などと呼ばれます。英語ではSeahorse(海の馬)と呼ばれます。

 タツノオトシゴのオスの腹部には育児嚢があり、メスが産んだ卵を稚魚になるまで育てます。

上海水族館にいたタツノオトシゴがいました。水槽の中にたくさんいました。

タツノオトシゴ

タツノオトシゴの仲間にはいろいろな種類がいます。これは何という名前なのでしょうか。

タツノオトシゴ

 

人気ブログランキングへ

 

 

|

« 波状雲 | トップページ | ノコギリエイ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タツノオトシゴ:

« 波状雲 | トップページ | ノコギリエイ »