« 進化するGoogle Map(サンフランシスコ) | トップページ | タクシー代の値上げ »

2007年12月 3日 (月)

4号自動式電話機|昭和の風景

ココログ「夜明け前」公式サイト

昔は家庭の電話と言えば黒電話でした。下の写真は昭和25年(1950年)から使われはじめた4号自動式電話機です。この電話は子どもの頃はよく見かけましたが、最近では現役のものは見かけなくなりました。下の写真の電話機はかつて千歳空港の「ラーメン道場」の入り口に展示してあったものです。

4号自動式電話機
4号自動式電話機

 さて何が自動式だったかというと昔の電話は電話をかけて相手と通話するのに電話交換手による手動交換が必要でした。この方式は電話の普及とともに限界となり関東大震災の復旧をきっかけに人を介さずに自動交換機で行う自動交換方式が導入されました。最初に自動式電話機として開発された電話機は昭和2年(1927年)に登場した2号電話機です。その後、昭和8年(1933年)に3号自動式電話機が開発され、4号自動式電話機は昭和25年(1950年)に登場しました。

 4号自動式電話機の後に広く家庭で復旧したのは昭和37年(1962年)から使われた600型電話機です。このタイプはまだ現役のものを見ることができます。実家にはまだこの電話機があります。

Amazon.co.jp

電電公社 600-A ダイヤル式電話機 (黒電話/カラー電話) (くろ)

600a

 

ココログ夜明け前|Googleニュース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

Amazonアソシエイトとしてブログ「夜明け前」は適格販売により収入を得ています。

プライバシーポリシー

| |

« 進化するGoogle Map(サンフランシスコ) | トップページ | タクシー代の値上げ »

昭和の思い出」カテゴリの記事

一枚の写真」カテゴリの記事

昭和の風景」カテゴリの記事

コメント

ウチの電話機は未だに4号自動式だぜ!!

投稿: 名無し | 2010年12月24日 (金) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4号自動式電話機|昭和の風景:

« 進化するGoogle Map(サンフランシスコ) | トップページ | タクシー代の値上げ »