« ニュートン別冊「光とは何か?」 | トップページ | 死亡遊戯 »

2007年10月 2日 (火)

金・銀・銅の元素記号はなぜAu・Ag・Cuなのか

金はゴールド(Glod)、銀はシルバー(Silver)、銅はカッパー(Coppeer)

 金属の金は英語ではgold、銀はsilver、銅はcopperですが、元素記号はそれぞれAu・Ag・Cuです。

 なぜ、金の元素記号、銀の元素記号、銅の元素記号は英語とは異なりそれぞれAu、Ag、Cuなのでしょうか。

金・銀・銅の元素記号
金・銀・銅の元素記号(写真:RikaTan 2012年夏号)

元素記号AuとAgとCuの由来、その他の金属の元素記号は?

 金のAuはラテン語のaurum(金)、銀のAgはラテン語のargentum (銀)、銅のCuはラテン語のcuprum(銅)に由来しています。

 鉄は英語ではIronですが、元素記号ではFeです。これもラテン語のferrum(鉄)に由来しています。

 白金はラテン語のplatinum(白金)ですが、英語でもplatinumです。

 身近な貴金属というと、金・銀・銅・白金ですが、白金だけが英語と同じ呼び方というわけです。

 ところで水銀は英語ではmercuryですが、元素記号はHgです。これはラテン語のhydrargyrum(水銀)に由来しています。

 元素記号の多くはラテン語ですが、ギリシア語、英語、ドイツ語由来の元素もあります。

人気blogランキングへ

| |

« ニュートン別冊「光とは何か?」 | トップページ | 死亡遊戯 »

化学」カテゴリの記事

コメント

fe

投稿: | 2021年11月29日 (月) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金・銀・銅の元素記号はなぜAu・Ag・Cuなのか:

« ニュートン別冊「光とは何か?」 | トップページ | 死亡遊戯 »