« ハイなペンギンとorzなシロクマ | トップページ | ソメイヨシノ(なごり雪の後は) »

2007年4月 7日 (土)

複眼の見え方|昆虫の目で見える世界

 昆虫の眼は、個眼という小さな眼がたくさん集まった複眼と単眼の二種類があります。複眼を構成する個眼の数は昆虫の種類によって異なりますが、アリで約100~1000個、ショウジョバエで約1000個、ミツバチで数千個、チョウやトンボでは1万個以上にもなります。多くの昆虫は複眼の間にいくつかの単眼をもっていますが、単眼をもたないものもいます。複眼はものをも見るための眼ですが、単眼は光の明るさを感じる働きをします。

 下の写真は、アリの顔を電子顕微鏡で拡大した写真と、アリの複眼の透明標本の写真です。この写真は知人に提供してもらいました。

アリの顔の電子顕微鏡写真とアリの複眼の透明標本
アリの顔の電子顕微鏡写真とアリの複眼の透明標本

 アリの眼は5つあり、複眼が2つ、頭頂部に3つの単眼をもっています。複眼の拡大写真を見ると個眼ひとつひとつの形が六角形になっていることがわかります。もし個眼が丸い形だとすると、光を取り入れることができない隙間ができてしまうことになります。六角形では隙間なく個眼が並ぶため効率的に光を捉えることができるのです。

 昆虫は複眼でどのようにものを見えているのでしょうか。よく複眼の見え方の例として、ひとつひとつの個眼に物体の像をひとつずつ描いた図を見ることがあります。しかし、実際には、ひとつひとつの個眼で物体を見ているのではなく、物体全体を複眼全体で捉えています。つまり、個眼ひとつひとつには、物体の各部分の倒立した像ができていることになります。あるいは、もっと単純に、まるでデジタルカメラのイメージセンサーのように個眼ひとつひとつで物体の各部からやってくる光を捉えていると言った方がわかりやすいかもしれません。

 昆虫の複眼は視細胞のひとつひとつにレンズが付いたものと考えることができます。次の写真は昆虫が花を見たときにどのように見えるかを想像して描いたものです。昆虫の複眼はものをはっきりと見ることはできませんが、複眼の大きさや、個眼の配置を考えると視野がかなり広いはずです。また、動く物への反応が高いと考えられています。

複眼の見え方
複眼の見え方

人気blogランキングへ

| |

« ハイなペンギンとorzなシロクマ | トップページ | ソメイヨシノ(なごり雪の後は) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複眼の見え方|昆虫の目で見える世界:

« ハイなペンギンとorzなシロクマ | トップページ | ソメイヨシノ(なごり雪の後は) »