« がっくりするタイタニックなカワウ | トップページ | アオサギ »

2007年3月20日 (火)

ウシとウマの蹄の違い(偶蹄目と奇蹄目)

ウシの蹄とウマの蹄をよく見てみたことがありますか。

下の写真はウシの足です。ウシ目は偶蹄目ともいいます。蹄が2つに割れています。これは中指(第3指)と薬指(第4指)が変化したものです。この部分を主蹄といいます。かかとのところに、爪のようなものが見えますが、これは副蹄といいます。副蹄は人差し指(第2指)と小指(第5指)ですが、ウシはあまり大きくありません。

Photo_55

下の写真はウマの足です。ウマ目は奇蹄目といいます。ウマの蹄はウシのようにふたつにわかれていません。

Photo_56

これはウマの蹄が中指(第3指)だからです。他の指は退化しています。どんなふうになっているのでしょうか。

次の写真はウマの ウマの中手骨の写真です。太いのが第三中手骨、細いのが第二中手骨と第四中手骨です。

Photo_20200906003701

 ここで自分の手や足を見てみましょう。人間は、かかとを地面につけて歩きますが、ウシやウマは指先で歩いていることになります。中指と薬指だけを立てた手で歩いているのがウシ、中指だけを立てた手で歩いているのがウマです。人間でも、指数本で腕立て伏せをする人がいますが、歩くのは無理ですね。

そういえば指で逆立ちしていた人いたような。もしかしたら、できる人いるかも。(^^ゞ

人気blogランキングへ

|

« がっくりするタイタニックなカワウ | トップページ | アオサギ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウシとウマの蹄の違い(偶蹄目と奇蹄目):

« がっくりするタイタニックなカワウ | トップページ | アオサギ »