ようこそ!「夜明け前」へ

日々の思いを、風の吹くまま気の向くままに綴ったブログです。

コンテンツはサイト内検索が可能です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2020年9月20日 (日)

スマホ(Xperia) が高温になって熱くなる 過熱の原因はChromeのライトモード

 自分は未だスマートフォン SONY Xperia Z5(au SOV32)を使っているのですが、最近になって温度が常時45度を超える状態が続いていました。

 特段に重いアプリも入れたわけではないのですが、使用頻度の低いアプリをアンインストールもしくは無効化し、ほとんどのアプリの通知をブロックし、バックグラウンドの稼働を無効にしてみました。

 しかしながら、問題は解決することはできず、スマホの温度がひどい時には47度まで上昇してしまいます。

 以前と何か環境や設定が変わったのか、いろいろ調べてみたところ、Google Chromeにページの読み込みを高速化する機能「ライトモード」が追加されていてオンになっていることに気がつきました。

 試しに、ライトモードをオフにしてみたところ、スマホの温度が下がり30℃ぐらいになりました。何もしていない状態だと26℃ぐらいまで下がります。ライトモードはChromeの設定の中にあります。

 Chromeのバージョンは、Chrome 85.0.4183.31、AndoroidのバージョンはAndroid 7.0 SOV32 Build/32.3.C.0.403

 Chromeのライトモードはページの読み込みを高速化し、データ通信量を節約してくれる機能なので、問題なければ、そのまま継続して使用することをお勧めします。

 現在、ライトモードをオンに戻して問題が再発するかどうか確認中です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

銀座四丁目交差点 三愛ビルと和光本館と東京タワー 昭和38年 (1963年)以前

銀座四丁目交差点からのぞむ東京タワー、三愛ビルと和光本館の時計台が写っています。松坂屋あたりから撮影した写真と思います。

銀座四丁目交差点 三愛ビルと和光本館と東京タワー
銀座四丁目交差点 三愛ビルと和光本館と東京タワー

 東京タワーは既に完成しています。和光本館は今でも時計台も含めて残っています。

 三愛ビルを拡大してみると、下部の看板に「三愛ビル新築場」と書いてあるように読めます。上部は何やら工事中の雰囲気です。改築前に取り壊しているのでしょうか。昭和36年頃でしょうか。

Photo_20200919164001
三愛ビル

 最初の写真を光と色と Color Images|白黒写真をカラー写真にするアプリで紹介されているアプリでカラー化してみました。

 東京タワーちゃんと赤色っぽくなっています。

銀座四丁目交差点 三愛ビルと和光本館と東京タワー

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

東芝カレッジエースGT-610(TOSHIBA College Ace GT-610)|昭和のオープンリールデッキテープレコーダー

古いオープンリールのテープレコーダーが出てきました。

中古品のオークションなどで型番を調べてみたところ1963年発売の東芝製カレッジエースGT-610(TOSHIBA College Ace GT-610)というモデルのようです。 数千円で販売されています。アンティークですね。

当時は家庭で手軽に使えるカセットテープレコーダーなどはありませんでしたので、テープレコーダーと言えば、オープンリールのものでした。右側のレバーで再生や巻き戻しなどを行い、真ん中のダイヤルがボリュームだったと思います。左側には赤色の録音ボタンがありました。

気軽に子どもに触らせていますが、たいてい壊します( ̄▽ ̄)

TOSHIBA College Ace GT-610

 例によって、光と色と Color Images|白黒写真をカラー写真にするアプリで紹介されているアプリでカラー化してみたところ、こんな感じになりました。

 確か側面は青色だったように記憶していますが、少し濃いものの青色が再現されています。

東芝 カレッジエースGT-610

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

浜松町でモノレールの乗り換えに便利な号車番号とドア|山手線(3番線)と京浜東北線(4番線)

 モノレールで羽田空港に向かうとき、東京や神田で山手線か京浜東北線に乗り換えて浜松町に行き、モノレールに乗り換えます。

 毎度のことですが、特に混んでいるときは、まず出口がどちら側なのかが気になります。そして、次に気になるのはエスカレーターの位置です。最初から調べておけば良いのですが、それも面倒です。ネットで調べるのが簡単ですが、多くのサイトは詳細に解説しているので、急いでいるところ、すぐに見つけるのが大変です。ということで、すぐにわかる備忘録を作りました。

■山手線 外回り(品川・渋谷方面) 到着ホーム 3番線

 東京方面から浜松町に向かう山手線は外回りで到着ホームは3番線です。山手線の各駅でドアが開く方向にも記載していますが、ドアは左側が開きます。エスカレーターに近い号車番号とドアは10号車の前寄り2番目のドア、7号車の前寄り1番目のドアです。

▶︎ドアの開く方向

  • 左側

▶︎エスカレーターに近い号車番号とドア

  • 10号車の前寄り2番目のドア
  • 7号車の前寄りの1番目ドア

■京浜東北線 南行(川崎・横浜方面) 到着ホーム 4番線

 東京方面から浜松町に向かう京浜東北線は南行で到着ホームは4番線です。ドアは右側が開きます。エスカレーターに近い号車番号とドアは9号車の前寄り3番目のドア、6号車の前寄り2番目のドアです。

▶︎ドアの開く方向

  • 右側

▶︎エスカレーターに近い号車番号とドア

  • 9号車の前寄り3番目のドア
  • 6号車の前寄り2番目のドア

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

二槽式洗濯機を発見

 最近、家庭ではほとんど見かけることがなくなった二槽式洗濯機。レトロな家電として展示されていたものです。

二槽式洗濯機は洗濯と脱水ができる洗濯機として昭和35年に三洋電機から発売されました。

二槽式洗濯機

 二槽式洗濯機より前の洗濯機は、脱水は洗濯が終わった衣類などをローラーで挟んでハンドルを回して水を絞り出すタイプのものでした。二槽式洗濯機では、第一槽で洗濯を行った衣類を手動で第二槽に移し、第二槽を高速回転させることにより脱水が行われます。脱水が非常に早く、そして楽になりました。

二槽式洗濯機 脱水槽

 全自動洗濯機はコースを選んでボタンを押すだけですが、二槽式洗濯機はやや操作が必要です。次が操作パネルです。

二槽式洗濯機 操作パネル

 左側のダイヤルが洗濯槽のタイマーです。その右隣の黄色い2つのスイッチは水流の強さの切り替えです。その右のダイヤルは排水バルブのコックです。上にあるときには洗濯槽に水がたまり「洗い」「すすぎ」ができます。右に倒すと排水されます。その右側は、ここに水道のホースがつくのですが、水を洗濯槽に送るか、脱水槽に送るかの切り替えスイッチです。その右はメーカー名。「TOSHIBA 2.2銀河 VH1515」とあります。そして最後に一番右端のダイヤルは脱水槽のタイマーです。操作というより、機械を操縦するかのようです。

 脱水槽には注意書きがしっかり書かれています。脱水槽が完全に停止するまで手を入れるなということです。脱水槽のブレーキが壊れると、扉を開けても回転がとまりにくくなるよう、15秒で止まらない場合は故障とあります。また、脱水槽の洗濯物の上には丸い形をした押さえ板を入れるのですが、その入れ方の注意事項も書かれています。

二槽式洗濯機 注意書き

このタイプの洗濯機は27歳ぐらいまで使っていました。学生時代の下宿、会社の寮の洗濯機はすべてに二槽式洗濯機だったのです

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

«ようこそ!「夜明け前」へ