カテゴリー「今月の一枚の写真」の9件の記事

2008年8月 4日 (月)

ナナホシテントウの羽化

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

2008年7月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルナナホシテントウの羽化
撮影者:加藤@江別第一中
説明:ナナホシテントウが羽化しているところを発見しました。模様が少しだけ浮かび上がってきているのがわかると思います。
コメント

カブトムシやクワガタムシは幼虫からサナギを経て成虫になります。子どもに人気のある昆虫ですから、知っている人も多いと思います。

テントウムシもカブトムシやクワガタムシと同じく幼虫からサナギを経て成虫になります。言われてみればそうだよなとは思いますが、改めてどんな幼虫でどんなふうにサナギから羽化するのかと聞かれると、「はて?」となる人も多いのではないでしょうか。

どんな幼虫かは、Googleで画像検索をしてみるとわかります。

今月の1枚の写真は、そのナナホシテントウの羽化の瞬間をとらえた1枚です。体がまるで生卵の黄身のように見えますね。黄色の背中の中で灰色っぽくなっているのがテントウムシの模様になるところです。


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

ゾウリムシ

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

2008年4月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルゾウリムシ
撮影者:加藤@江別第一中
説明4月の例会でゾウリムシの観察を行いました。脱脂綿で閉じこめる方法を教えて頂き、光学顕微鏡で撮影したものです。写真内の繊維は脱脂綿です。

コメント

ゾウリムシは草履の形をした原生生物の総称です。ゾウリムシを発見したのは、小さなガラス玉を1個を使った顕微鏡で微生物を発見したアントニー・ファン・レーウェンフックです。

ゾウリムシと言えば、この写真のように草履のように平べったい形をしているのだろうと思っている人が多いと思いますが、本当はずんぐりした形をしています。誰か写真をもっていたら、トラックバックしてください。


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

タガメっ!

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

2008年3月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルタガメ
撮影者:加藤@江別第一中
説明:昔は家の近くで見られたものですが、今や絶滅危惧種ですね。

コメント

子どもの頃、昆虫図鑑を見ると、水辺の昆虫みたいな図があって、そこにカエルを大きな腕で捕まえて血を吸っているタガメの絵が出ていました。今手持ちの小学館の昆虫図鑑にも同じ絵が出ていました。

そんな昆虫がいるのかと、近くの沼にタガメを探しに行ったりするのですが、昔でも、なかなか簡単に見つけることはできません。あめんぼ、みずすまし、げんごろうなどは良くみました。北海道は少ないのかなとか考えていましたが、あるとき友達数名で見つました。そのときの感動と言ったら、今でも忘れません。

今月は良い写真がいっぱいあったのですが、自分を一番引きつけたのは、このタガメの写真でした。


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

スズメバチ透明標本

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

2月の例会の後の飲み会で、スズメバチの口の開く方向について話があったようです。縦方向じゃなくて、横方向。じゃ、実際に写真でということで投稿されたのがこの写真です。

2008年2月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルスズメバチ透明標本
撮影者:HA(世界平和2号)
説明:ちょっとした衝撃を受けましたから、透明標本の拡大写真を載せておきます。口は左右に開きます。撮影者のブログ記事:え?ハチの口ってこういう方向?

コメント

透明標本は水酸化ナトリウムの水溶液につけて作るそうです。


直リンクです

頭の真ん中の部分に∴を逆さまにした形の点があります。これは背単眼です。昆虫の眼には複眼と単眼があります。複眼は「ものを見る眼」ですが、単眼は「光を感じる眼」です。

下の写真は単眼の部分を拡大したところです。


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

朝日に輝く霧氷

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

北海道の寒い真冬の朝。木の枝が真っ白になっています。2008年の最初1月の画像掲示板の今月の1枚の写真は「朝日に輝く霧氷」に決まりました。

2008年1月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトル朝日に輝く霧氷
撮影者:naruk(世界平和1号)
説明:朝日に輝く霧氷です。撮影者のブログ記事「しばれた朝(追記あり)」も参照してください。

コメント

霧氷ってなんでしょうか。霧氷は氷点下で空気中の水蒸気や過冷却されている水滴が、樹木に着氷したものです。 Wikipediaに詳しい説明があります。Wikipedia 霧氷


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

イルカの左手

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

2007年も終わり、2008年になりました。2007年最後12月の画像掲示板の今月の1枚は11月の秋田の例会で入手したイシイルカの胸びれの骨格標本に決まりました。東北地方の一部の地域ではイシイルカを食用とする習慣が昔からありますが、食べられない部分(頭部やヒレ)は廃棄されます。その廃棄される部分を生物の学習教材と利用したものです。

2007年12月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルイルカの「手」
撮影者:たまけん
説明:イシイルカの前肢の骨格標本がほぼでき上がりました。腹側から見た左前肢です。見事に5本指です。撮影者のブログHappy People, Happy Horses !に詳しい説明がありますのでご覧ください。

コメント

クジラ・イルカは哺乳類です。クジラ・イルカの祖先は地上で暮らしていましたが、水の中で暮らすようになりました。この写真で前ヒレが前肢だったということがわかりますね。

ちなみに尾びれは尻尾でした。イルカの後肢は退化していますが、体の中にその骨の名残があります。


直リンクです

この写真選定に納得してくれた人は下記をクリックしてくださいますようお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

アカスジキンカメムシの“笑い顔”

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。その写真をこちらで紹介しています。

12月に入りました。2007年もあと1ヶ月です。師走のせわしない時期に入っていくこの時期に選んだ今月の1枚の写真は「笑う門には福来たる」ということで、下記に決定しました。

2007年11月の「今月の1枚の写真」は

画像タイトルアカスジキンカメムシの“笑い顔”
撮影者:久保庭敦男@茨城
説明:模様が顔に見える生き物つながりで、また投稿です。寒くなってきて、朝晩かたまって過ごしているアカスジキンカメムシ(2~3齢期)たち。笑っています。ワライカメムシなんて言う愛称も。葉っぱ(サワフタギ)の裏側までビッシリでした。成虫になるとこの模様でなく別の模様になりますが、メタリックのたいへん美しいカメムシとなります。

コメント

背中の模様が笑っている顔をした昆虫です。白っぽいのと、赤っぽいのがいるのが面白いですね。


直リンクです

実は背中の模様が顔に見えるアオオニグモの写真がもう1枚投稿されました。こちらも、漫画に出てくるおじいさんのような笑い顔です。写真は下記です。


直リンクです

じゃあアカオニグモはというと、こちらも投稿されています。アカオニグモ。こちらは背中の模様は人の顔には見えません。


;直リンク

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

大増光するホームズ彗星

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。今月からその写真をここでも紹介したいと思います。

2007年10月の「今月の1枚の写真」の写真は

画像タイトル大増光しているホームズ彗星・その2
撮影者:保庭敦男@茨城
説明:ホームズ彗星の中心核付近です。別投稿の画像の、白飛びしている部分はこんなふうになっています。構造が分かるように露出はわずか2秒で撮影しました。全体が黄色っぽいのは、彗星から放出された細かな砂粒が太陽光を反射しているためと思われます。(スペクトル観測した知り合いの報告からも、そのようなことが裏付けられます。)核がふたつあるようにも見えますが、さて…?
理論的な光度予想を裏切るような彗星の大増光を「アウトバースト」と呼びますが、いまだにメカニズムが解明されていません。なぜ、さほど光が届かない火星よりも遠くの位置でこの彗星がこれほど明るくなったのか、まったく不可解です。

コメント

ニュースで話題になっているホームズ彗星の写真を投稿してくださいました。撮影者の久保庭さんはいつも天体の写真を投稿してくれています。画像掲示板に登録されている秀逸な天体写真はほとんど久保庭さんによるものです。写真は2枚投稿されました。そのうちの拡大写真を「今月の1枚の写真」とさせて頂きました。1枚目の写真は大増光しているホームズ彗星・その1 でご覧ください。


直リンクです

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

ぐるぐるきゅうり(今月の1枚の写真から)

北海道理科サークルWisdom96で画像掲示板を運用しています。毎月投稿された画像は画像掲示板過去ログ検索で閲覧することができます。毎月、投稿された画像から自分の独断と偏見で「今月の1枚の写真」を選び、Wisdom96のトップページに掲載しています。今月からその写真をここでも紹介したいと思います。

画像タイトル:ぐるぐる
撮影者:H.Y@wisdom96
説明:なかなかかわいいキュウリを発見しました。よく見ると渦の中側はキュウリのトゲというかイボというかがちゃんとあるんです。

とても面白い形をしたキュウリです。まっすぐに伸びることができずに渦をまいてしまったのでしょう。背景のアップルのロゴマークとのバランスがとても面白いです。アップルのコマーシャルにも使えそうな感じがする画像です。


直リンクです

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)