カテゴリー「天文」の56件の記事

2014年1月 3日 (金)

日没後の地平線 2013年12月31日 

2013年12月31日午後5時25分に航空機から撮影した日没後の地平線です。 運航状況などが表示されていなかったので、高度がどれぐらいかわかりませんが、水平飛行になった直後ですので、1万メートル(3500 ft)以上だと思います。このぐらいの高度で見える水平線の位置をざっと計算してみると約360 km先になります。

Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

巨大な小惑星1998QE2が地球から580万キロの位置を通過

 5月31日、巨大な小惑星1998QE2が地球からおよそ580万キロメートルの位置を通過しました。

1998qe2

 1998QE2は、1998年8月19日に発見された直径が2.7キロメートもある巨大な小惑星で、直径が約610メートルの惑星を従えています。もし、1998QE2が地球に衝突するようなことがあったら、大災害となってしまいます。

 NASAはこの小惑星を発見以来、監視を続けています。この小惑星が地球に次回接近するのは2028年7月12日ということですが、このときは今回よりも遠いところを通るため衝突の心配はないようです。また、この先200年位内に今回よりも近いとことを通ることがあるものの、やはり衝突の心配はないようです。

A SUPER GiNORMOUS Asteroid NAMED 1998QE2 ''9 CruiseShips Long'' to pass over Earth on May 31 2013

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう 

 Google が銀河系内の星を見ることができるサービス「100,000 Stars」を開始しました。このシステムには米国航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)のデータが使われています。Google Chromeで動きます。

100,000 Stars
http://workshop.chromeexperiments.com/stars/

アクセスするとマウスを使って銀河系内を見ることができ、10万個以上の星の詳細な情報を見ることができます。まるで宇宙旅行をしているような感じです。

銀河系全体

Stars1

拡大していくと恒星が見えてくる

Stars2

Googleはこのサイトのデータについて科学的に保証できないとしていますが、なかなか見応えのあるシステムにできあがっています。

Explore the stellar neighborhood with your browser
http://chrome.blogspot.jp/2012/11/explore-stellar-neighborhood-with-your.html

なお、惑星を含めたシステムとしては、日本のMITAKAの方がお勧めと思います。

天体シュミレータ Mitakta
http://starfort.cocolog-nifty.com/voorlihter/2007/05/mitakta_9b78.html

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

キンカン日食

うな銃と同じノリですが・・・

Photo_2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食の写真 

金環日食の写真を下記にアップしました。

雲の中の天体ショー 金環日食 
http://optica.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-8f4d.html

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食を撮影したら人の顔がっ(笑)!

金環日食を撮影したら、なんと環の上に人の顔のような影が浮かび上がっていました。いまパソコンがネットにつながっていないので画面を携帯電話のカメラで撮影したものをアップします。

金環日食を撮影したら人の顔がっ(笑)!

これはっ!

雲のいたずらですね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

スーパームーンと交通標識

スーパームーンと交通標識です。

明るさ30%増し!

Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ロシアの打ち上げ失敗の火星探査機が落下

昨年11月にロシアが打ち上げ失敗をした火星探査機フォボス・グルントが日本時間の16日未明に大気圏を突入し、地表に落下します。

ロシア当局の発表によると、探査機が大気圏に突入する時間帯は15日午後11:46分から16日午前7時24分と考えられ、落下予想地点は北緯51.4度から南緯51.4度の間です。

探査機は大気圏突入時に摩擦熱で燃えますが、20個から30個の合わせて重さ約200キログラムの破片が地表に落下すると考えられています。

探査機は16日午前0:30と午前2:10に日本の上空を通過すると予想されています。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

12月10日は皆既月食

12月10日(土)は全国で皆既月食を見ることができます。

月食が始まるのは20:31からですが、最初は地球の半影に入るため、月の明るさが暗くなるだけで、月食とは気がつきにくいと思います。

地球の本影の中に入るのは21:45からで、しばらく部分日食を続けた後、23:05から23:58の間、本影にすっぽりと入って、皆既月食となります。その後は再び部分日食となり、12月11日01:18に月食が終了します。

皆既日食中は大気の状態にもよりますが、空気が澄んでいると、太陽光のうち赤色の光が大気による屈折によって、本影の内側に届くため、月の表面が赤黒く見えます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

ホンジュラスに小惑星衝突

1996年11月22日(金)、中央アメリカのホンジュラスの首都デクシカルバの西方にあるセント・ルイーズの郊外に、 巨大な火の玉となって小惑星が落下しました。

幸い小惑星の大きさは地球環境に甚大な被害をもたらすものではありませんでした。それでも、落下地点には直径50 mのクレーターができました。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧