カテゴリー「旅の空から」の6件の記事

2014年1月 5日 (日)

雲平線の富士山

今日のフライトは曇っていて地上がほとんど見えませんでした。羽田空港へと降下を開始している頃に気が付いたのが、空の彼方に見える富士山でした。こちらの航行高度と富士山の高さを考えると、なるほどずいぶん遠くまで見えるのだなということがわかります。

地平線でもなく・・・水平線・・・でもなく、そう、雲平線の富士山でした。

Fujisan

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

陸地の灯台

世の中にはいろいろと面白いものがありますが、東京都港区高輪の街中に陸地の灯台と呼ばれる建物があります。場所はこちらです。


大きな地図で見る

どんな建物かというとこんな感じです。

大きな地図で見る

この建物は高輪消防署の二本榎出張所です。昭和8年に建造されたそうで、当時は、この火の見櫓に昇ると周囲はおろか東京湾の遙か彼方まで見えたそうです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ベトナムの粋な船頭さん

ベトナムのホーチミン市を流れるサイゴン川では、粋な船頭さんが活躍しているそうです。

Saigon River (Excavator rowing Boat) Ho Chi Minh City

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

ロンドンのタワーブリッジが完成

ロンドンのテムズ川に架かるタワーブリッジは1886年に着工され、8年後の1894年6月30日に完成しました。英国皇太子のアルバート・エドワード(後のイギリス国王のエドワード7世)と妻のアレクサンドラ・オブ・デンマーク(後の王妃、デンマーク国王クリスチャン9世の娘)によって、開通式が行われました。

下の写真は2002年にロンドンを訪れたときに撮影したものです。もう10年前か・・・

Tower_bridge

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

航空各社 機内持ち込み手荷物のサイズ制限を共通・厳格化

飛行機に搭乗するとき荷物を預けるとどうしても到着後に時間がかかるため、キャリーバックを機内に持ち込む乗客が増えています。そのため、荷物の収納に時間がかかり、出発が遅れてしまう事例が少なくないようです。

その対策として国内航空各社が機内持ち込みの手荷物のサイズの制限を共通化し、搭乗前のチェックを厳格化たようです。

制限は次の通りです。

座席数 サイズ合計
100席以上 115 cm位内 55 cm 40 cm 25 cm
100席以下 100 cm位内 45 cm 35 cm 20 cm

この制限を超える手荷物を機内に持ち込む場合には、片道一律1万円の追加料金が必要になるそうです。

ところで、国内で100席以下の航空機というと、DHC-8やSF3などのプロペラ機やCRJやエンブラエル170などのジェット機です。地方空港間の近距離や、離島などで就航されています。

よく搭乗する比較的小さな航空機というと737やA320ですが、これらは100席以上あります。

人気ブログランキングへ

後で自分も調べやすくするためこの記事のキーワードに「手荷物サイズ制限」と入れておこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

6丁目の夕日

今日はとても夕日が綺麗でした。

Photo_2

いつもは山の稜線に沈んでいくのですが、今日は暑い雲の海に沈んでいきました。

Photo_3

ゆっくりと沈んでいく・・・大きな太陽

Photo_4

ここは6丁目の河原の土手です。

Photo_5

映画「三丁目の夕日」のラストシーンのように、たくさんの人が空を見つめていました。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)