カテゴリー「パソコン・インターネット」の728件の記事

2015年8月16日 (日)

Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10

OSX Yosemite上で稼働しているParallels Desktop 10の仮想環境で、Windows 8.1 updateからWindows 10に無償アップデートしました。

当初は問題なく使えていたように思うのですが、最近OSが重くなったなと気が付いたらRuntime BrokerというプロセスがCPU使用率100%になっていることがわかりました。

Runtime Brokerというのは、Windows Runtimeで稼働するアプリケーションの管理をしているソフトウェアのようです。

いろいろ調べてみたところ、バックグラウンドでフォト(Photo)のアプリがHDD内の写真をスキャンしているようでした。とりあえずフォトの設定で、ソースのフォルダを削除して、スキャンできなくしてみたところ、Runtime BrokerがCPUを占有することはなくなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

最近の不正アクセス

先日、知人があるサービスのアカウントをのっとられたみたいと言っていました。どうもユーザーとパスワードの管理をいくつかのサービスで共通にしていたようです。

以前は問題が発生したサービスを提供するサイトからユーザーとパスワードが漏洩したという事例が多かったのですが、現在は、どこからか入手したユーザーとパスワードを、いろいろなサービスで手当たり次第ログインしてみるということがやられているようです。

特にユーザーアカウントがメールアドレスの場合、簡単なパスワードは危険です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

IEでページの表示が遅い

Windows 7でIE11の表示がずいぶん遅いです。

いろいろ試してみたところ、サイドバーがたくさんあるサイトで遅くなるようです。

表示が遅いだけではなく、ページが完全に表示されるまでIEが反応しなくなることがよくあります。これは、JavaScriptやActive Xを止めると解消されます。

他のブラウザでは遅くなるということはありません。

このサイトも表示されるまでの時間が遅くなってきたので、サイドバーを整理して様子を見ようと思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

マイクロソフト Windows 9を9月30日に発表か

マイクロソフトが9月30日にイベントを計画しているようです。

先日、マイクロソフトが9月末から10月前半にWindows 9のプレビュー版をリリースするという噂が流れていました。

これららの噂が本当であれば、9月30日にWindows 9のプレビュー版が発表されることになります。

マイクロソフトは、これらの情報に関する質問に対し、「発表できる情報はない」と回答しているようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

Parallels Desktop 10 for Mac 発売開始

Mac OS X用に仮想マシン環境ソフトウェアのParalles Desktop for Macの新製品「Paralles Desktop for Mac 10」が発売開始となりました。

http://www.parallels.com/jp/upgradepd10/

Parallels10

価格は新規ユーザー向けの通常版は8.500円、Paralles Desktop for Mac 8と9のユーザー向けのアップグレード版は5,300円です。

Paralles Desktop for Mac 10は、今秋発売されるApple OS X Yosemiteに対応する他、ノートパソコンのバッテリーの利用時間を最大30分増、スナップショットの作成する時間が最大60%速、Windowsドキュメントを開く時間が最大48%速、仮想マシンのディスク領域を圧縮可能などの新機能を搭載しています。

Yosemiteのリリースが近づいたら購入を検討しようと思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

Windows 9のプレビュー版 9月末にリリースか?

マイクロソフトの次期WindowsとなるWindows 9(Windows Threshold)のプレビュー版が今年の9月末から10月前半にリリースされるという噂が流れています。

Windows 9は2015年春に製品がリリースされるという情報が流れていますが、9月末にプレビュー版がリリースされるという噂は、製品版のリリース時期とも合致しているように思います。

Windws 9はWidows 8.1やWindows 7ユーザーに対して無償で提供されるという噂もあります。

これから先は、ユーザーソリューションという視点で、ソフトウェア製品の提供だけではなく、サービスの提供を進めなければ、生き残れません。おそらく、マイクロソフトも同じように考えているでしょう。

マイクロソフトにとって、そのプラットフォームとなるWindows OSの市場占有率を維持向上することは重要な戦術でしょう。

自分は1980年代からマイクロソフトのOSをメインマシンで使ってきましたが、VAIOの故障に伴い、Apple Mac Book Pro Retina に乗り換え、現在はOSX上の仮想マシンでWindows 7を動かしています。

オフィス系ソフトウェアは、価格が見合わないのでマイクロソフトオフィスを使うのは止めました。しかし、Windows 9が無償提供されるのであれば、Office 365なども積極的に使ってみたいと思います。Windows PCも見直そうと思います。

さて、次期Windowsはどのように世の中に送り出されてくるのでしょうか。Windows 9がWindows OSの正念場と思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

CrystalRes Windows 7で画面の解像度を瞬時に変更できるソフトウェア

Mac Book Pro Retina ディスプレイモデルに、仮想マシン環境ソフトウェアのParallels Desktop for Macをインストールし、Microsoft Windowsを使用しています。

Parallels Desktop側で画面解像度の調整の設定をしたうえで、Windows側の画面解像度の設定をしているのですが、なぜかWindowsを起動するごとに画面解像度がリセットされてしまいます。たとえば、Windows側で2048x1280にしても、Windowsを再起動すると、3360x2100になってしまいます。

本来であれば、Windows側の設定になる方法を探さなければいけないのですが、いろいろ設定を変えてみてもうまくいきません。そこで、画面解像度を簡単かつ瞬時に変更できるソフトウェアを使うことにしまた。

選んだのはCrystalResというフリーソフトウェアです。

CrystalResの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se141544.html

このソフトウェアは

動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95/NT

となっていますが、少なくても自分の環境では、Windows 7でも問題なく動いています。

Windowsで画面解像度を変更するとき、通常はデスクトップで右クリックして、 画面の解像度の設定ダイアログを表示する必要があります。CrystalResを使うと、タスクトレイに常駐したアイコンをクリックするだけで、画面解像度を変更することがでいます。

常駐アイコンをクリックすると表示される画面解像度のメニューは、アイコンを右クリックして[CrystalResの設定]で設定することが可能です。普段、使用しない画面解像度を非表示にすることが可能です。

Crystalres1

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

日本マイクロソフト ジャストシステムにJUST Officeの販売差し止めを求める

 日本マイクロソフトが、ジャストシステムに対して、「Microsoft Office」互換をうたうオフィスソフト「JUST Office」の一部商品の販売差し止めを求める通知書を送付していたようです。

 ジャストシステムは、JUST Officeについて、「Microsoft Office 2003のようなメニューと、リボンインターフェースとの切替も可能。使い慣れた操作を選ぶことができ、移行もスムーズに進められます。」と宣伝しています。

 これに対して、マイクロソフトは、ジャストシステムのJUST OfficeのMicrosoft Officeのリボンインタフェースに類似したユーザーインタフェースがマイクロソフトの権利を侵害していると主張しています。

 下図はJUST Calcのプレゼンテーションソフトウェア「JUST Slide」のユーザーインターフェイスです。リボンインターフェイスそのものは、他のオフィス互換ソフトウェアでも採用していますが、若干デザインが異なります。一方、JUST OfficeのユーザーインターフェイスはMicrosoft Officeとよく似ています。

Justslide

マイクロソフトは、JUST OfficeユーザーインターフェイスがMicrosoft Officeのユーザーインターフェイスに良く似ていて、ジャストシステムがリボンインターフェイスに対応とうたっているため、一部商品の販売差し止めを求める通知書を送ったのだろうと思います。

マイクロソフトはJUST Officeが不正競争防止法違反にあたる可能性があると主張しているようですが、ジャストシステムは不正競争防止法に抵触しないと考えているようです。

昔からソフトウェアのユーザーインターフェイスは著作権侵害や特許侵害などの紛争になりやすいのですが、今回のリボンインターフェイスについては、どのような結論になるでしょうか。

しかし、Microsoft Officeの価格がもっと安価であれば、そもそも、こんなことにはならないようにも思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

Appleが Mac Book Pro Retinaディスプレイモデルの新型を発売

 Appleが 7月29日に新しいMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの発売を開始しました。

Macbookproretina

 今回、発表された新モデルでは、CPUが高速化され、メモリが倍増となっています。

 13インチのモデルの価格は据え置きの税別12万8800円からで、CPUにはIntelのプロセッサHaswell Refreshを搭載し、メモリは最低8 GBからとなっています。

 15インチはメモリが8 GBから16GBになっていて、ハイエンドモデルは旧モデルより3,000円値下げとなりました。

 これで、Mac Book Air、iMac、Mac Book Pro Retinaディスプレイモデルの新モデルが発表されましたが、今年の秋にはOS X Yosemiteが発表されます。

OS Xが単体で発表されるのか、あるいは新しいハードウェアと一緒に発表されるのか未だわかりませんが、12インチのRetinaディスプレイモデルが発売されるという噂もあります。

このモデルはMac Book Airなのか、Mac Book Pronなのかわかりませんが、Mac Book AirのRetinaモデルは多くのユーザーがその発表を期待しています。

今秋にはiOS8も発表される予定です。MicrosoftもWindows Surface Pro 3を発表していますし、新しいモデルがどのようなものになるのか楽しみです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

Androidスマホ/タブレットのお勧めの無料セキュリティソフトウェア Mobile Security & Antivirus by AVAST Software

先日購入したGoogle Nexus 7(2013)に入れるセキュリティソフトウェアを検討していたのですが、いろいろ試してみてAvast SoftwareのMobile Security & Antivirusにしました。

Mobile Security & Antivirus

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.mobilesecurity

Avast

ウイルス、マルウェア、スパイウェアに対応し、ファイヤウォール、盗難対策の機能もついています。また、インストール済みのアプリやストレージのスキャンを行うことが可能で、どのアプリがどんな情報にアクセスしているのかも調べることができます。スマートフォンで、SMSと電話のフィルタリング機能で電話勧誘などをブロックすることが可能です。

これだけ豊富に機能を搭載していて無料です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧